かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000 年 9 月 30 日

 夕方、P-in Comp@ctなどを探しに(やっぱSigmarionだとP-inComp@ctでしょう)携帯ショップへと出動。ところが気がつけば、auなコーナーにて何故か携帯の機種変更を行っている私。だって、今まで使ってたSonyの三次元ジョグ+ボタンなD205Sって、異様に使いにくかったんだもん。だいたい「決定」の操作ぐらいは統一すべきだと思うんだけど。
 で、結局はcdmaOneなC308P(Panasonic)になりました。

 …あ。ノートブック&&シグマリとのI/Fがっ…(T.T)


スポンサーサイト

2000 年 9 月 29 日

というわけで買っちゃいましたSigmarion。(^v^)v。
当初の予定通り、東京での打ち合わせは午後からだったので11時に秋葉原着。数店まわって結局オノデンにて\48,000にて購入。同時にPC接続ケーブルと携帯電話ケーブルを購入。打ち合わせ中はずっと充電。帰りの新幹線の社内にておもむろにセットアップを開始。とりあえずMailを飛ばせるように設定し、残業中の後輩にテストメール送信。
sanbiki.jpg

 これでPDAが3機種揃い踏み。上からPocketBSDなモバギ(MC-MK12)、シグマリ、カラポケ(CLIEにあらず)の大きさ比較をしてみた。なんだか、お父さん、どら息子、お母さんの図だなぁ…。とりあえずがんばって良好なモバ環境構築に注力予定。




2000 年 9 月 28 日

 アナザヘブン読了。後半はいまいち。やっぱりTV屋さん的な時間制限駆け込み収束な雰囲気。同じ素材で、他の作家が書いたらどうなったろうか。
(1)東京壊滅。重傷者多数。主人公とヒロインは生き残るが、時を経て「トーストの上に乗った糞並にやっかい」な「ナニカ」復活の予兆。
(2)女子大生、OL、人妻が○○○って○○○の○○○○状態。最後は「念法」を込めた木刀の一振りにて「ナニカ」霧消。
(3)「ナニカ」は「北の政府」の生物兵器の名残。ほかにも得体の知れない生物がわんさかで、「ナニカ」なんてかすんでしまうワールド構成。
(4)下水から海へ…海と融和した「ナニカ」は、訪れた宇宙からの来訪者とコンタクト。
(5)実は、二階に住んでいる。



2000 年 9 月 27 日

 かつをないちにち:
8:30起床→朝食とらずに会社へGo→TELにてお客さんにいじられながらMailを書く。→昼飯→客先にてお客さんにいじられる→定時後受注等お金の処理→10:00帰宅夕食→あそぶ→2:00自室に篭る→4:30就寝。
 毎日毎日ずーっとこんな感じ。これで子供でもできようもんなら…あー恐ろしい(T.T)


2000 年 9 月 26 日

 早速、インストールマニュアルについて、ありがたいご評価(&&ご指摘)をいただいて、会社でのへこみから復活(^v^)。「さあっ!次はアップグレードマニュアルかぁ?>俺」みたいな。インストールとアップグレードをワンセット作っておけば、それらを軸に各バージョンに対応していけるかな…とは思うのだけれど、そのためにはかなりちゃんとした「背骨」が必要。最終的には、初期コンフィギュレーション2種類、インストール方法3種類、X-install2種類までブランチ化してしまいたいのだけど、何年かかることやら。
 「アナザヘブン(上)(飯田譲治・梓河人)」読了。とってもビジュアルなので、朝の電車の中でえずきながら読んでいる。えなりかずきって略して「えずき」だよなぁ。まぁいいけど。明朝より(下)予定。…そういやひよこ嬢から借りた本の数々って、圧倒的に角川ホラー文庫なんだけど、一番はじめに俺が貸した「リング」の敵をとられてるような気がしてきた。(^^;;)
 金曜日に東京出張予定。午後からの会議なので、早めに行ってシグマリオンを買っちまいそうな予感。給料出たところだし。



2000 年 9 月 25 日

 のどかな昼休み。コンビニでサンドイッチとミックスジュースを購入。近くの公園に赴く。木陰に丁度良い木のベンチがあり、涼やかな初秋の風になぶられながらのランチ。パン屑を鳩に投げ与えながら、「戦士の休息」という言葉を思い浮かべる。

 …と、そのときである。太ももの裏側に異物感、そして突き抜けるような痛痒。
 「かいぃぃぃぃぃいいいいいいいいぃぃぃ…!!」
 あわてて会社に戻り、トイレに駆け込み、ドアを閉めるももどかしくズボンを下ろす。
 「なんじゃこりゃああああああああっっっ!!」
 …てーーアナタ。すごいんよこれがまた。太ももの裏、内側、外側がぼっこぼこに腫れ上がりまくり。ビー玉の3/4(よんぶんのさん)カット大のぼこぼこが、いちめんにできている。おまけに熱を持って硬い。全身総毛立ち、血の気が音を立てて引いた。太ももの内側の黒子を触った瞬間
 「ぶっちん!」
 飛び散る鮮血。もー半狂乱でももの裏側なでさすりまくり。
 「ぶっちん!」
 またまたスプラッタ。涙目でズボンを完全に脱いで総点検。おまけにかゆいことかゆいこと。そのままズボン捨ててパンツいっちょで家に帰ろうかと思いましたよ。ええ。

 教訓:「日当たりの悪い木製のベンチは要注意。強烈なダニの巣であることよ。」

 もちろん帰宅後、玄関でズボン、靴下、パンツをビニール袋に突っ込み、廃棄処分にした事は言うまでもない。




2000 年 9 月 24 日

 HomePageBuilderって、起動時にすべてのドライブをチェックするようで、先日購入したSmartmediaR/WがUSB端子につなぎっぱなしだと、メディアを入れるまで止まってしまう。初めのうちは「落ちたんちゃうか…」とあたふたしたのだが、原因がわかってしまえばなんてことはない。おかげで8MBなSmartmediaは、HPBのハードウェアキーと化していたりする。(T.T) とにかく、少し肌寒い午後はFreeBSDなページの復活に邁進。なんとか量はこなしたけど、情報の質にムラがあるため、もう少し整理したほうがよいかも。
 夕方から難波近辺を徘徊してみたのだが、どうにもシグマリオン発見できず。東京方面ではそこここで発見との情報があるのだけども、展示してある気配すらない。いったいどこにあるのでしょう(T.T)。かわりといってはなんだがRio600に遭遇。第一印象
 「でかい…」
の一言。大体、人間工学的に持ちやすいデザインったってアンタ、MP3プレーヤーを握り締めて聞く人っていないっしょ。フツー。

 夏目房之介「あの頃マンガは思春期だった」読了。私の思春期なマンガって何だろう…などと遠く彼方に思いをはせてみる。原点といえば、小学館の「小学x年生」に連載されていたマンガの数々。「ドラえもん」「名探偵カゲマン」。そこから一時、創刊したてのコロコロコミックに流れて、「ザ・ウルトラマン(内山まもる)」。チャンピオンに行って、「らんぽう」「ドカベン」…「マカロニほうれん草」はもっと後か。または、サンデーで「男大空」とか「ズウ」「サバイバル」「まことちゃん」…んー。このあたり、自分年譜でまとめてみたいな。…世間の役にはたたないけれど…。



2000 年 9 月 23 日

 ♪会社をおこした奴がいるー 会社に残った俺がいるー…
 …と、いうわけでGEORGIA CMソングの2番がOn-Air中。早くCD出ないかな。
 午後遅くに起床。「茅ヶ崎ライブ」のビデオの続き。「桑田圭祐(おっと、一発変換やん>IME98)ってやっぱ天才やわ。」に合意。おっちゃんわねぇ、おっちゃんわねぇ、「海」が好きなんよ。あと、「真夏の果実」。なんて庶民的なんでしょう…。
 またまた深夜から、漢字ナンクロ大会。週間アスキーのお尻のページに載っているやつを、三省堂
新明解国語辞典(いわゆる「明解さん」)片手にうんうん言いながら考える。結局4:00ごろ就寝。

 ちょっとアイディア思いついたんだけど。「歌詞dic」ってどう?。よく、歌詞の一部は思い出せても、題名がどうしても思い浮かばない歌ってあるでしょ。そんなときに「歌詞dic」。IMEで「うつりぎなあなたに」とか入れて「Space」叩くと、候補に「海:サザンオールスターズ」とか出てくるの。で、毎月dic内容はNet経由で更新。歌詞検索DBじゃなくって、IMEのdicというところがミソ。個人的には素敵だと思うのだけど、需要があるかどうかはまた別として。


2000 年 9 月 22 日

 大阪北地区にてシグマリオンは発見できず。やむなくSmartmedia Reader/Writerなんぞ購入して帰る。気分は物欲番長系(かなり小規模だけど)(^^;;)

 インストール記録について、章立てなど変更中。普通なら適当に「動けばOK」の感覚でインストールしてしまうのだけど、今回の見なおしに先立ち、数度繰り返してみたところ、わかっているようでわかってないところがどんどん気になってきて、なんだか追い詰められた状態に。さらに落ち着いて見なおしてみれば、数々の間違い勘違いなど発見。うーん…。

 如何に基本がヨレてるか、自分がビギナーズラック的なインストール&コンフィギュレーション成功体験にてここまで来ているか再認識。だからといって、どこから手をつけてよいのか…ねぇ。たぶん、もっともっとドツボにはまれという天からのお達しのような気がしてならない。

 なぜか深夜1:00から「茅ヶ崎ライブ」のビデオ鑑賞大会。途中で意識を失う。(T.T)



2000 年 9 月 21 日

 はぁぁぁ…一目ぼれ。いや、マジかも。

 事の発端は今日のインテック大阪でのショーのこと。NTT
Docomoのブースに彼女は居たわけで。一目見ただけで、その小さくてグラマラス…それでいて明るい表情にもう狂ってしまいました。
 ……シグマリオン…実売\47,800円也。もはや買うしかない。法林さんのレポートによれば、石は「CPUは現行のNEC製「モバイルギアII MC/R530」と同じMIPS系のVR4121 / 168MHzを搭載し、メモリは32MBがフル実装されている。」との事。ちゅうことは、ちゅうことは…NetBSDが乗るやん。(^^;;)

 さっそく明日探しにいってこー。(まさか買わんよなぁ…いや、買ったりして…)


2000 年 9 月 20 日

 後輩に「俺、ノイローゼかもしれん。」と言ったら鼻で笑われたのはなぜ?
 本日は午後から、上司との面談。この面談ではそれぞれの期の目標と、打ち手、結果を話し合い、会社の目標と個人の目標を有機的にリンクさせ、お互いの努力を持って能力と業務の向上をはかるという、いわば「MBO」…そう、目標面接なのである。
 …はぁぁぁぁぁ…。ノイローゼで入院するのが早いか、経営陣をぶん殴って入所するのが早いか、だれか賭けない?



2000 年 9 月 19 日

 本日はちょっとしたメモリアルな休日をいただき、F90を片手に少々遠出。
 で、帰宅後FreeBSDのインストールページのためのインストールを開始したところ、なんか変なことに気付く。……あかんやん。(T.T)
 すみません。すみません。参考にしてくれた方。いくらドライブ1個とはいえ、あのやりかたでは拡張DOS領域までは縮みません。(_o_)やっぱり素直にFDISKで削っていくのが吉です。
 …はぁぁぁぁ…今日一日でいろいろへこむことがあったのだけども、トドメでした。



2000 年 9 月 18 日

 「本の雑誌血風録(椎名誠)」読了。勢いで「別人「群ようこ」のできるまで(群ようこ)」読了。さらに勢いで書棚の「本の雑誌風雲録(目黒考二)」を引っ張り出してきた。このままの勢いだと、ひよこ嬢に借りた「アナザヘブン」にとりかかれるのはいつのことだろう…(T.T)。実際、読書時間と通勤時間は比例しているため、通勤が楽な昨今、ついつい読書時間も減少。ただでさえ少ない通勤時間も、今や貴重な睡眠時間。通勤の便が良すぎる住居も考え物。


2000 年 9 月 17 日

 油断をしていたら晴天。昨夜もとい今朝4:00までボウリングなんぞしている場合ではなかった。あまりにももったいなかったので、電車に揺られて天王寺方面へ。新しくできた大きなショッピングセンターをぶらついたついでに、新世界方面に足を伸ばし、久々にスマートボールなぞたしなんでみたり。…って、スマートボールでリンク貼ろうと思ったのだけど、無いのね。スマボのページって。ピンボールはあるのに。…造るか?(☆v☆)



2000 年 9 月 16 日

 相変わらずひどい天気。またも午後遅くまで頭をかかえてごろごろした後、やおらHomePageの更新。やっとPartition
Resizerページの作成が一段落。いちおうPRESIZERの作者にMailを送付。最近四十肩らしき状態にもかかわらず、深夜ボウリング3ゲーム。過去の栄光は面影も無し。(T.T)
 さて、友人の「黒い悪魔」「The DEBU」「地獄の戦士」こと「ぶーちゃん」の長男が誕生。子供の名前は、自分から一文字+「太」。「でぶちんが息子に「太」ってつけんなよぉ…」などと言いながら、子供の名前が今夜の話題。
 「シリーズ物がええなあ。陣内大蔵の家みたいに。」
 「そやなぁ…んじゃ、長男は「天一(てんいち)」やな。」
 「?」
 「んで、長女は「彩華(さいか)」や。」
 「!!。次男は「横綱」か?(^^;;)」
 「あんた好きなんなんやったっけ?」
 「「大島」と「じゃんがら」やな。ちょっと難しいなぁ。」
 「「かむくら」も捨てがたいけど難しいな。あ、「金龍(きんりゅう)」ってええなぁ。」
 「たぶん、6歳ぐらいになったら。
  天一:「…ママ。「天下一品」って…なに?」
  (家の遠景)
  天一:「僕は小学生じゃないの?ヘルシーなこってりスープのラーメンなの?!」
 とか、ドラマがあるんやろうなぁ…。」

 …あほまるだし。>わしら。


2000 年 9 月 15 日

 午前中はどんより曇り。夕方から大雨が降り出した。おかげで偏頭痛がひどくて、Mailの9ptなMSゴシックがダブって見えたり。
 昨日入手したMOBILEラックを初号機に設置。以前のものと入れかえる。ふと気がついて試したら、以前のケースが新しいラックにぴったりはまる。「???」…ヨク見たら、おんなじ会社の製品。コネクタ位置も寸分たがわず。
 うう…不調なときは無駄な投資が多いのね。(T.T)



2000 年 9 月 14 日

 外出ついでに本屋に立ち寄り、BSD Magazine No.5入手。あいかわらず欲しいネタが満載。
ほくほく気分でパーツ屋に立ち寄り、Mobileラックとカートリッジケースを3ヶほど入手。インストールページ作成の際、いくつかのパターンにわけて、何度かインストールをやり直す必要があるが、やはりいくつかのハードディスクを入れ替え抜き替え作業するのか、実は一番効率的ということが判明したためである。



2000 年 9 月 13 日

 帰宅は朝の5:00過ぎ。9:30から入札のため7:30には起きなきゃ。で、来たMailを読んでいたら6:00まわっちゃった(T.T)。
 午後からは打ち合わせ。3:30ごろには帰ろうと思ったのだが、打ち合わせ終了が18:00.そこから昨日に引き続いて別セクションのパソコンの後始末に行く。どうやら午前中から夕方にかけて、社内のネットワーク管理部隊が2人も来て、あーでもないこーでもないとやっていたらしいが、バックアップもとれず、CD認識しないので「CD壊れてるかもしれません。マザーボード壊れてるかもしれません。しれませんしれません。」とつぶやきながら、どうにかこうにかシステム再インストールだけして帰っていった模様。…まー、パソコンの蓋をあけてどーのこーのできない立場がじゃまして出来なかったのかもしれないけどさぁ。


2000 年 9 月 12 日

 現場。朝まで予定。明日は入札。朝から。(T.T)
 夕方、別セクションからヘルプ要請。稼動中のマシンにOffice97をインストールしたところ、Safeモードでしか立ちあがらなくなったとの事。女性ばかりのセクションのため、担当者半泣き。後輩と状況を確認にいったが、CD-ROMすら認識しない状態でかなりの重症。定時後に再度、今度は手持ちのハードディスクを持っていき、セカンダリマスタのCD-ROMを抜いて手持ちHDDに差換え。Safeモードで立ち上げ、必要なデータのバックアップを行う。CD-ROMについては、うちのセクションのマシンからドライバなど一式をシステムディスクにおとし、DOSモードなら認識するようにまでなったところで、時間切れ。
 いちおう、明日の午前中に、会社のシステム部隊が来て状況を見てくれるそうなんだけど、どうなることやら。…あと2時間余裕があったら完全復旧できたのになぁ。



2000 年 9 月 11 日

 「そういや、サンダーバードのパチンコ台あるんやて。」
 「へー。懐かしいなぁ。サンダーバードって。兄弟やったっけ?あれ全員。」
 「せや。親父が指令して、息子が乗って行きよるんや。何ゆうたっけなぁ…そうそう、グレイシー兄弟。」
 …肩つかんで一列になって来られてもなぁ…(^^;;)>国際救助隊。

 結局内示もないし、また当分営業のままらしいですわ。転職活動再開ですな。



2000 年 9 月 10 日

 昨夜は蒸暑くて眠れず、朝型までPRESIZER(Partition Resizer)と格闘。6:00過ぎについに力尽きて倒れる。えーと、問題点は「CDの/TOOLSの下って、ちゃんと確認して置いてるの?」って事(--#)。いやぁいい勉強になりましたよ。
 蒸暑さは一日中続き、雨が降ったり止んだり。おかげで派手な外遊びも出来ず、午後から夕方までやっぱりPRESIZER三昧。追試のためにWin98までインストールやりなおし。ふんが~(T.T)。
 「生態」にも書いたように、私的なファンサイト「坂崎電脳生活研究室」さんに、リンクを貼っていただけるという身に余る光栄(^v^)v。リンクカテゴリが「Computer Collumn 」……がんばって拡充しまする>メインコンテンツ(^^;;)

「(遠くの方から)お~~ぃ。いつ倒しにくんねん。待ってるんやけど。」by Diablo

2000 年 9 月 09 日

あしーたがあるーさあすがあるー わかーいぼくにはゆめがあるー
(略)
あしーたがあるーあしーたがあるーあしーたがああるぅさー。


 最近、GEORGIAのCMソングが耳についてはなれない。一時のリーブ21やマグナムドライ(どうしたShigeru Matsuzaki!)のCMソングほどの破壊力はないが、なんとなくほのぼのとした、嫌味の無い、素直に聞ける良い歌である。
会社でも、気を抜くとついつい口ずさんでしまい、歌詞に商品名が入っていないにもかかわらず、気がつけばGEORGIA FINE BITER(銀色)の空き缶が、デスクの上に2個3個並んでいるというサブリミナル状態。
 しかし、油断をすると「人のラクダ」がかぶってくるのは何故?

いきていたいー いきていたいだけのひとのらーくーだー

ね?



2000 年 9 月 08 日

 リストラ間際の閑職な人々が、西日のさす窓際に席を与えられていたことから、「窓際族」という言葉がはやったのは数年前。弊社では、部長級以上の管理職の方々が窓際に着座している。私の島は一人の参与(好人物)の正面に位置し、参与に一番近い席の我が課長どのが、日々トーク相手をこなしている。トーク内容は、業務とはまったく関係無い事が多い。
===
参与の一言:
 参与「メランコリーってなんやったっけ?」
 課長「なんでしたかねぇ…。昔、梓みちよの歌の歌詞にもありましたよねぇ…」
 参与「んーーー…あぁ!あれやあれや、あの遊園地でぐるぐるまわったりあがったりさがったりする…」

(ふたつ向こうの席から大声で)
 かつを「それはメリーゴーランドっ!」
===
 …てゆーか、なぜ会社で「メランコリー」?。なぜ切り返しが「梓みちよ」?

会社って、奥が深い。



2000 年 9 月 07 日

 今週寝不足なので、頭の呂律があんまりまわりません。(T.T)
 9月はPDAの発売ラッシュである。(週アスのネタ)、この週末にParmな新作PDAが店頭に並び倒すとかで、後輩(佐賀県出身)は「見にいくっス~」と鼻息が荒い。
現在PocketBSDなモバギとカラポケZaurusを常時携帯している(わりに、システム手帳メインな生活の)私としては、確かに心揺れるんだけども燃え尽きるほどヒートしない。
私がPDAに対して最も求めるのは、スケジュール管理能力とか住所録ではなくて、Mailの「読み&&書き」な部分。現在所持のPDAは「書きのモバギ 読みのザウルス」ではあるが、通信環境が「公衆電話のモバギ+携帯電話(9600bps)のザウルス」なので、日常、最も使用しているLAN環境に比べて今一つストレスが高い。…わかった。先にH”とかP-in入手だな。でもでも会社に空けたDial-in環境って、28800なモデムなので、あんまし意味無いか。とほー。

 仕事のほうはといえば、朝から見積もり&提出書類作成マシン。もうちょっと電子化できそうなもんだけど…。



2000 年 9 月 06 日

 超K-1宣言(関西の放送は関東より2週間ほど遅い)を見て、またほろ苦さをかみしめる。「慣れて…ゆくのね…」と言ったのはセイラ姉さん。彼の居ないことに慣れかけている自分がいるのがショック。
 日常は続いていくわけで、弊社では9月と3月が異動のシーズン。ロケーションが変わらなければ、10日以降に内示が出る。転職で悩みつつ、内示にも一縷の希望を託す今日この頃。



2000 年 9 月 05 日

 帰宅途中の某PCショップにてPC133-128MBなメモリをいちょまんよんしぇんえんで自棄買い。やっぱ、あの頃にかっときゃ良かった。現在、このマシンは320MBにて動作中。あんまし体感わかんないのはなぜ?Win98だから?

 …だってさぁ、当初見積もり時にはこんな仕様って入ってなかったでしょ?仕様追加して費用上がったんだから、当然でしょ?コストダウンコストダウンって、その基準値を出したときとは仕様がかわっちゃってるんだから、評価のしようがないんじゃないの?ね。
 まだ、お客さんに「高いよ~。かつをちんなんとかしてよ~。」と(毎度のごとく)言われるのはまぁ問題無くて、お客さんの財布横目でみながら追加の仕様分については、なんとか安くするなり仕様削るなりして、満足度と費用のトレードオフで最終的には納得してもらえる形までもっていけるわな。でもね。システム開発の原価ってのは、その瞬間風速的な費用にて原価を固定しちゃっていいものなの?ね?そんなこと可能なの?
 おかしな話だよね。あなたの言っている事は「お客さんに対する売価がいくらUPしても、仕様が変わっても、原価は固定」なんだよ。わかる?何年SEのマネジメントやってるの?いくつ仕様変更と原価の変動見てきたの?
 …っていうかさ、都合の良い時だけ経営にまわらないでくれる?そこのSE部長。
 あ~あ。なんでよりによってこんな奴の定年が、一番最後なんだろ。



2000 年 9 月 04 日

 来月に結婚をひかえた読研副部長ことひよこ嬢から唐突にMailが来た。副部長といえば、寿退社以前、課内のWebサーバにて「今日のひとこと」という、ナンシー関ばりの辛口ショートコラムを連日更新し、関係者を恐怖のずんどこへと陥れた、まさに「伝説のコラムニスト・セクレタリ」である。そんな彼女からのラブリーなMail。なお、文中の「iくん」とは、彼女のフィアンセ(名古屋在住)である。
====
Subject: 今日のひとこと

ひよこをマジギレさせた、iくん@引越しの手配もまだ の昨夜のひとこと

「なあなあ、9/16(土)~17(日)と東京の営業と名古屋の営業の合同ゴルフコンペが静岡であるねんけど、行ってもいいかなあ」

・・・今までの我慢の糸が、芥川くんもビックリするほどプツリと音をたてて切れ、S藤さんに説教したように怒鳴り散らしてしまいました。

っていうか、披露宴の詳細が(招待客の決定・引き出物の数・席順・出し物など)何も決まってないわけで。

====

…以下、このMailに対する、わたしの返信。
====
Subject: Re: 今日のひとこと

…それはすごい…
=============
[Q]何が「すごい」のか。下記項目より選択せよ。

(1)一ヶ月を切っているにもかかわらず、ゴルフコンペにでようとするi君。
(2)一ヶ月を切っているにもかかわらず、ゴルフコンペに誘う周囲。
(3)今のシーズン、そんな余裕のある営業。もち冬のボーナス周囲より20%削減(予定)。
(4)東京と名古屋の中間地点にコンペ会場をもってくる主催者。もち新幹線での移動。
(5)練習もロクにしてないのにコンペに出ようとするiくん。

=============
[A]答え
(7)これでも破談にならない今回の結婚。


ある意味感動すら憶えます。私。

====


2000 年 9 月 03 日

 夜ともなれば涼しい季節になりました。やっと扇風機と網戸だけで、人間らしい温度を得る事ができて、これで能率UP。(何の?)
 …なんだか書きかけで鯖にのせちゃってちょっと恥ずかしかったり。(^^;;)ともかく、FreeBSDなぺぃじの変更・追加のために、闇のコンテンツを作成中。またそのために初号機を大幅構成変更中。それがまた、市販のPCに構成を似せようとしてはまるはまる。



2000 年 9 月 02 日

 なんだか先週はいろんなことが一気にあったので、かなり疲労していたよう。起きたら16:00。あまりにも情けないので、朝昼夕兼用のブランディナー(造語)を摂取後、江坂ハンズのバーゲンに出動。どうやらめぼしいものはとっくに売れてしまっているようで、食い散らかされた死体状態の売り場をうろうろしているうちに閉店を迎えた。
 …でもさぁ、コーナンの方が安いと思うよ…>台所関係の小物。



2000 年 9 月 01 日

 いそが・しい【忙しい】:大阪中小企業社長さんはちょっと異なる使い方をするので要注意。例えば…
 社長:「いそがしいでっか?」
 かつを:「いそがしいですわ。もーどたばた走りまわってますわ。」
 社長:「よろしいなぁ。ウチらヒマでヒマで。うらやましいですわ。」
…ここで、「ヒマやったらちゃっちゃと頼んだ仕事やらんかい!」と思っては大間違い。彼らの言う「忙しい=儲かっている」「ヒマ=儲かってない」なので、本当に仕事が忙しいのとは意味合いが違う。よって、上記かつをの様な返答をしてしまった場合は、こうフォローが必要。
 かつを:「せやけど、儲けになりまへんわ。「貧乏ヒマ無し」言いますやろ。もー社長ん所に、回した分ですっからかんですわ。」
 社長:「いやー…うちもお宅とこにがんばってもらわな、干上がりますよってなぁ…。」
…こうして、難波(なにわ)の商売人達は、あんじょうやっていくわけである。
 あっという間にもう9月。上期も終盤である。今日も一日見積もり作成と打ち合わせ。見積もりも、どないもこないもわからへん「どんぶり」な見積もり。これで足が出たらどうするよ…(T.T)。


 | HOME | 

Calendar

« | 2000-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。