かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001 年 1 月 31 日

 世の中不思議な事が多すぎる。何が不思議って社内の力関係と、それが如実に反映される人事移動。まぁ別にこのページは現役の連中は誰も見てないから(あ、一人いるか…ま、いいけど)書いてしまいたいけど、あまりに笑えないのでかけないような、そんな人事が模索されていたりという噂を、某「かつを機関」にて収集。どうして年寄連中は、ああいった政治的なところで、勝手気ままに遊びたがるんだろうねぇ。おいら、どっちかといやぁ謀略好きなほうなんだけど、ちょーっとレベルが低すぎる遊びには付き合いきれないです。ましてや手駒になる気もさらさらないし。

 とか、ささくれがちな私からの要望。石井館長、お願いだ。
 「清原和博(巨人:ダンジリファイター) VS 長嶋一茂(個人事務所:極真空手)」
 マッチメーク熱烈希望。もち、K-1ルールでOK。大阪でやってくれたら3万までなら見に行く。



スポンサーサイト

2001 年 1 月 30 日

 まぁ天田の根性が見れたという事で。できれば角田の根性ももうちょっと見たかったなァ。どうも会場の雰囲気がイマイチっぽかったのは、仕切がフジじゃない所為か?などとひよこ嬢とおなじよーなこと考えてたり(たぶん)。
 とにかく、コンテンツの引越し一応完了。懸念事項の一つであったカウンターも無事移動。
しかし事と次第によってはもう一回もどすかもしんない予感。だってURL転送の切替サーバが死にかけてるんだもん…(T.T)。



2001 年 1 月 29 日

 朝から東京出張。今回の営業会議にて、我が営業部長どのはちょっと早い引退。思えばSE時代に直属の上司、営業に移動したらちょっと遠い上司として、いろ~んな意味で、いじめ、そしてかわいがっていただいた想い出深い方である。会議自体は各ロケーション代表の若手営業マンが、東京に集まり、ロケでのプロジェクト進捗や数値について話あう通例のものだが、今回はその会議の一番おしりに「私が引退する理由」というコーナーが設けられていた(^^;;)。
 で、その理由なのだが、彼によれば、誰かさんの「彼の思う存在理由の否定」に対する、彼なりの決心らしい。これについて、「あんた、そらいい年こいてわがままやで…」と見る向きも有ろうが、私も同じAB型。なんとなくであるが彼のスタンスがわかる(ような気がする)。そもそも、彼のような逸材を無下に手放してしまうような、今の会社の経営執行陣の脳タリンぶりからして、逆に彼に「見放された」と見たほうが「当たり」だと思う。
 結局、具体的な名前は出ず(あたりまえか)消化不良もいいところであったが、たぶん事業部長あたりとのソリが合わなかったんじゃないかな~なんて憶測もささやかれているので、まぁそれだけが原因じゃないんだけども、私的には、近場で最後から3番目の大物の引退だけに、かなりモチベーションが、下がっていったわけで。後の2人も5年内で定年なのに、会社は全く手を打ってないし。
 あまり深く考えると、この糞忙しい時期にまた就職活動を再開しそうな勢いだったので、秋葉で「じゃんがららぁめん」食って自分をごまかしつつ帰路についた。

 でもって帰りの新幹線で「何もそこまで(ナンシー関:角川文庫)」読了。



2001 年 1 月 28 日

 ちゅうか、某まるすしは鬼門である。そろそろ締めようかな…と思ったとたん、見た事も無いようなネタがくりくりと回ってくる。おかげで必ず+5皿は追加。そら太るわ。
 やっと財務関連本をGetした相方。なんでいきなり本を購入なのか聞いてみた。
「こないだから1ヶ月くらいかけて書類をつくってたのよ。本を参考に」
「ふんふん。それで資料がたりなくなったの?」
「ちゃうねん。参考にしてた本が2年前のやつなんやけど、どうやら去年の4月に法律が変わったらしいねん。全部やんなおしや(T.T)。」
…ニュースぐらい見ろって。(T.T)
 ちょっとがんばってツアーガイドを追記。「やったこと」だけを書いているので、本当はもっといろいろな選択枝もあれば調べなきゃいけない事もあると言う事を理解した上で、「こんなやり方もあるんだな」程度でご覧くださいな>各位。これがベストじゃありませんよ。念のため。

2001 年 1 月 27 日

よっぽど弱っていたらしい。起きたら15:00(相方ともども)。夕方から難波方面へ。旭屋書店に寄り、「何もそこまで(ナンシー関:角川文庫)」など購入している隙に姿をくらます相方。料理本のコーナー…いない。女性雑誌コーナー…いない。文庫本コーナー…いない。パソコン関係…痕跡すら無し。ぐりぐり売り場を探し回ったら、財務管理関連本の棚の前で、腕組しながら書籍にメンチを切っている相方発見。こちらを振り向き開口一番
「なあなあ。この前、田村書店で私が読んでた本ってどれかわかる?」
「…知らんがな。そんなもん。(T.T)」
ってゆーか、休日の書店で仕事関係の本を漁るのは、どうかと思うよ。それでいて
「あたし、本職は主婦やねん。」
はないだろう…。典型的ワーカーホリックなペアは、この先どうなっていくのでせう(T.T)

 難波のゲーセンでカメ掬い発見。小亀たちが激しい生存競争を繰り広げており、そこはかとなく物悲しい。うちのカメ吉なんざぁのんきに餌も光も独占してのうのうと暮らしているのに、その1/2程度の小亀達は、発泡スチロールの浮島を争奪し、ちょっとでも上にのった小亀は、控えめに後ろ足を伸ばすんだけども、なかまがどっちゃり浮き島めがけて這い登ってくるので、哀れ水中に落ち込むこととなる。おちおち甲羅も干してられない。

 …さっき見たらウチのカメ吉。はずれそうなくらい両足両手を伸ばして気持ちよさそうにバスキングライトに照らされておった。
 ウチで一番幸せなのは、君だよ>カメ吉


2001 年 1 月 26 日

 えっと、ウチの弱小営業課の構成は、課長+係長+俺+セクレタリの4人体制なのだが、この係長と私はそれぞれ違うフィールドの仕事をしているので、直接的な上司、部下の関係ではない。どちらかと言えば、「同僚」的な位置付けである。もうあと5年もすれば定年の彼だが、この人がまたとっても使えんのだ(T.T)。ず~~~っと言われた事だけをわちゃわちゃ騒ぎながらとりあえず消化して生きてきたのだろうけど、やってる事がぜーーーんぜんダメ。他人に仕事を振りまくる割には、ちゃんと仕切らないもんだからもうぐちゃぐちゃ。完全にFIFOなので、ちょっと優先度割り込みがあると、全てのバッファがクリアされてしまい、やらなきゃいけないことがこぼれるこぼれる。おかげで、そのおはちがセクレタリと俺に回ってくるので、みんながみんなこの人の仕事の一部まで抱え込むはめに陥っている。かといって、俺の抱えてる仕事は全くできない。一昨年、俺が1週間入院したときなんざぁ、俺の仕事がすべて机の上山積みになっており、ちらとでも見た形跡なし。
 挙句の果ての彼の名言
「明日できる仕事は明日する。お先ッ(といって帰宅)」
…漫画やん(T.T)。
 先日、某所で会社を辞めた後輩と話をする機会があり、件の係長に話が及んだ。彼に、例の係長の下で仕事をしていると言うと、彼、ため息混じりに
「…大変スね。マジ同情しますわ…」
彼もまた、被害者だったらしい。…それが原因じゃないよね?>退社(^^;;)



2001 年 1 月 25 日

 今週は永いなぁ。やけに永い。
 「レギュレイターズ(下)(リチャード・バックマン:新潮文庫)」読了。バックマンことキング節うなるうなる。いいよ~。この破壊感。やっぱ本を読んでいるときは無心になれるわ。とは言え、落ち着いて本を読めるのは、座れない通勤時や移動中の電車の中。読みたい本がこの世の中にたくさんあふれているのに時間が足りない。勢いをかって「消えた漫画家 ダウナー系の巻(大泉実成:新潮社OH!文庫)」に突入。鴨川つばめのロングインタビューが泣かせる。
 食後の晩酌はじょーぜんみずのごとし。アテは相方の同僚が博多の土産に買ってきてくれた明太子。なんで冷酒と海のものってこんなに合うのかしら。おかげでへべれけ(^^;;)



2001 年 1 月 24 日

 帰り(といっても21:00過ぎ)に客先に寄ったら、話が盛り上ってしまい、23:00まで居付いてしまった。もはやかなりへろへろ。でもって寝るッス。



2001 年 1 月 23 日

 と、いうわけでただいま顧客の電算室に人質状態。今夜は分室での作業なんだけど、やっぱ作業責任者(営業)は、顧客の近くにいて密な報告を行う義務があったりなかったり。はふ~(T.T)。
 まぁ昨夜思い立ってクラヴィス君にコンテンツ一式詰め込んきたはいいけども、いかんせんFreeBSDなマシンがここには無いわけで、メインコンテンツの更新ができない。おまけに果てしない睡魔が襲ってくるし。うう…駄目かも。

 で、4:00に帰ってきたわけだけども、帰りのタクシーの中で例によって運ちゃんと熱いトーク。議題は「国会の正常化と景気対策」。現在のくだらん国会審議と、見せ掛けだけの「国民のためポーズをやめて、こうしたらどーだ…という案が出た。
「議員は全員ユニフォーム着用。背中や正面に、バック(後ろ盾)となっている企業や団体名のロゴを入れる。」っつーのはどう?名づけて「Jリーグ方式」。政党でベースの色分けしてみたりして。そのうち「俺は無党派でいかなる団体ともつながりがない!」とか言いきるうそつきまで出始めたりして、そんなやつに限って、ユニフォームのベースカラーがベルディ川崎そっくりだったりして。
 なんか、とっても良案に思えてきたぞ(^^;;)


2001 年 1 月 22 日

 …石膏にゴムを混ぜたものを水で溶き、厚めに天井に塗りつける。確かな証拠に驚く周囲の人々。しずくが下に垂れ、固まる様を見つめる私。音楽の高まりが、近づきつつあるクライマックスを告げる。そう…
「7分後には…すべてが明らかになるッ!!!」
…と見得を切ったところで目がさめた(T.T)。いったいどんな事件だったのか、そもそも私が探偵なのか犯人なのか、はたまた被害者だったのかそれすらわからない。事件だったのかすら覚えてないという、典型的な夢。だけど、かなり高揚感が残る久々のヒット作であることは間違いない。そのせいかあまり疲れが取れず、もはや眠い眠い。ちょっと調べ物をしてたため、HP更新手付かず。

2001 年 1 月 21 日

 昨日とはうってかわって良い天気。こりゃー街に出ねば損々とばかりに、大量の洗濯物を処理した後、電車の人となった我々。懸案事項であったカラポケ君と若干のゲーム関係を売り飛ばした後に向かったのは携帯電話ショップ。目的は「相方の電話高機能化」と「中華鍋の入手」。いろいろな店を渡り歩いた後に、お目当ての機種(両方とも)を入手。
 携帯はauな我々だが、最近「@mail」だとかで、アドレスからサーバ名がとれちまった。おかげでどんなアカウント(とは言わないんだよね>携帯)で申し込もうが、すべて先約があってダメ。2:30近くまで延々協議の後、かわいいとは程遠い名前に決定。
 たぶん失敗だと思うよ。「ほげ@ezweb.ne.jp」に統一って。会社じゃあるまいし、人数増えたら収集つかないに決まってるザマス。はやいこと地域ドメイン割するとか手立てをうったほうがよいと思うよ。>au
by KDDI。


2001 年 1 月 20 日

 さすが大寒。近畿各地で大雪。家の近所では大雨ですんでいるんだけど、京都の方ではドカ雪が降りしきっているようだ。気候が不安定なため、洗濯物もたまる一方。177に電話をかけても「曇りのち晴れところによっては雨または雪」と要領を得ない返事に、相方受話器を握って仁王立ち(^^;;)。
 我が家では石油ファンヒータとエアコンを併用しているのだけど、石油ファンヒータの1m圏内に入らないと、ぜんぜんぬくもりが感じられない。さすがのカメ吉も水中から出てこず、頭半分だけ水面から半分出して餌をねだる不精者と化している。水槽が曇っているところを見ると、水中はかなりあったかいらしい。

 そんな中、すごいねフィリピン新大統領誕生。熱いよなぁ。日本じゃ考えられんなぁ。おいらのイメージなんだけど、日本って合衆国ちゅうか合会社国で、大きな会社いくつか+日本株式会社でなりたっているような気がするのよ。だから、国としての体裁がまったくとられてない。
 だから、内閣がどうだろうが、国の施策がどうだろうが、はっきりいってどうでもいいわけで、企業のアプローチによって国策が決定されているという事実をわかってるのだな。奇麗事なんてだーれも信じちゃいない。
 いっそトヨタに日本を任せておきゃ話は早いような気がするんだけど。少なくとも今よりはかなりましなはず。



2001 年 1 月 19 日

 梅田近郊で朝から客先打ち合わせ。年度内納入予定のマンマシン仕様について、昨年末打ち合わせ時にいくつか顧客要望が入り、それを取り入れた形で再度提案。納期の絡みもあり、本日でFIXしないとにっちもさっちもいかない。午前中だけで終了するはずの予定が午後に突入。
 定時後は梅田で新婚女性の送別会があるため、客先から直行→一番乗りを目論んでいたのになんのなんの。若干の課題を残し、打ち合わせが終了したのが20:30。送別会終了直前になんとかもぐりこんだが、もはや全員べろんべろん。食事もほとんど残ってなかった(T.T)

 こんなときに思うのだけど、自分が複数いたらいろんなことができるのに。(食いっぱぐれたのが悔しいらしい>俺)。ほんと、俺が5人欲しいぞ。
1人目:一日中読書。
2人目:一日中パソコン。
3人目:一日中スポーツ。
4人目:一日中映画を見る。
5人目:放浪の旅。

…あれ?会社と相方の相手は?(-.-;)



2001 年 1 月 18 日

 自分への愛情が強ければ強いほど、他への愛情が希薄に平滑化されてしまうんじゃないのかな。だから、OnlyONEは他人じゃなくって、自分自身。手ひどい経験がトラウマになっていたり、コンプレックスが要因となってしまっている場合もあるんだけど、結局はみんな自分自身の面倒をみなきゃいけないわけで、その自分自身に対する思いが、いろいろな要因が組み合わさったせいで強くなっちゃう。その思いが強ければ強いほど、特化した他の個人への愛情へ発展しにくいのかもしれない。出て行くほうは薄まってしまうわけ。なので、他人(他の個体という意味で)から「OnlyONE」を要求された瞬間に、とっても負担を感じてしまう。よしんば薄まった他への能動的愛情をむりやりたばねてその一点にもってきても、そんなに濃厚ではないわけで。ふむー。
 TVに出てたトミーズ健を見ながら、全く逆のベクトルの事、考えてた。(^^;;)



2001 年 1 月 17 日

 CMを真似て、1:1のお湯割で梅酒を飲んだところへべれけ。よく考えたら友人からもらいうけた自家製の逸品だもの。そら濃いわな(^^;;)。
 通常業務の間に周囲の目を盗むようにして昨日の続き。SMPカーネルの作成。コメント2箇所と不要なデバイスの整理、同時アクセス数の調整など。昼休みいっぱいをかけてどうにかこうにか完了。topコマンドで見てみると、CPU0とCPU1が切り替わってなかなかおしゃれ。明日はDNS関連設定かな…あ、午後からクレーム対策の打ち合わせだわ(T.T)。



2001 年 1 月 16 日

 まだ火曜日かよ(T.T)…ってのが実感。
 わが職場のMailServer君はDEL Optiplex GXMT133という数世代前のPen133マシン。FreeBSD2.2.8で元気に動いているのだが、リース期間もとうに過ぎており、今年度廃棄対象。実はGatewayな代替機は、すでに半月前に到着していたのだが、いかんせん仕込むヒマ無し。本日定時後、おもむろにセットアップを始めるも、なんやかんやの割り込みで10:30までかかってやっとノーマルなインストールが完了しただけ。もらったIPを振り社内ネットワークに接続して終了。明日はKernelのSMP対応カスタマイズ予定。この分だとあと1週間はかかりそう。…これもこっちのコンテンツにもってくるか…(にやり)
 明日は雑誌や新聞のゴミの日なのだけど、うちの玄関にはすでに半年分の週間アスキーとTechBeingが山積み。収集業者の人が怪しみそうなコンテンツどっさり。それらの隙間に、うま~く怪しい本がはさんであることは相方には内緒ね(^^;;)。
#買った記憶ないのになぁ…←いいわけ


2001 年 1 月 15 日

 2500Hit突破。ホント、たいして何も無いページではありますが、来て頂いてありがとう。今後ともよろしくです>来訪者各位
 さて、本日は晴天ナリ。ドピーカンなのだけど、昨日の予報どおり風が冷たい冷たい。顧客のビルの玄関から地下鉄の入り口までは、ほんの10m程度なんだけど、その10mを歩く間に見る見る間に体温が奪われて行くのがわかる。地下鉄入り口にようやく到達したときには、唇は真っ白。乳首はカチコチ。睾丸は梅干大。なにしろ玄関を出で0.2秒後には耳たぶが凍結するほどの冷え様。街にはそこここに落ちた耳が散乱しているというDuel in Diabloな状態。
 そんな中、これまた昨日の予告どおり、客先にて平謝りという薄ら寒いトークから始まり、残業して見積もり作成といった、小寒い一日をつつがなく過ごしたわけであります。

 カメ日記:なんだか一部で好評(^^;;)。日中は一人でお留守番のカメ吉君。さすがに誰もいないと鉄筋コンクリートなマンションは寒いらしい。帰宅してバスキングライトと点灯してやると、ヒーターの下で石化していたのが、おもむろにいつもの席(一番高い石の上)に這い上がって日光浴を始める。一時間もすれば、手足首とも延ばし放題に延ばして、全身の皺という皺の間に熱気を取り込もうと一生懸命。それにしても足伸ばしすぎ。こむら返り一歩手前。そんな一生懸命なカメ吉君がいじらしい。
「足を成長させたら二足歩行できると勘違いしてるんちゃうか?」
ちょっとHotな瞳で見つめる私。そして冷え性な相方
「…優雅やな……………消したるッ!!(ぶちっ←バスキングライト消灯)」
いきなりライトを消されたカメ吉、呆然自失で黒い眼を開いたまま凝固。
…グレるで。彼(T.T)



2001 年 1 月 14 日

 晴天なのに雪がぱらつく昨今、冬型の気圧配置により明日は日本海側各地で大雪の恐れ。明日も寒いだろうなぁ。寒い中、朝から客先で、これまた寒いトークを繰り広げてこなきゃならんのだろうなぁ…寒いなぁ…(T.T)
 さて、MI-310である。カラポケなんですが、こいつ、もう全く使わないので売りに出そうと思い、完全初期化をしたところ、MOREソフトなどなどぜーーんぶ消えちゃってさぁ大変。購入時の状態に戻すためには、付属のCDから各種MOREソフトをもっかい取り込まなきゃなんない。これがまた非常に手間で、Winマシンにデータ転送ソフトをわざわざインストールし、あーでもないこーでもないと思考錯誤を繰り返して、なんとか購入時の状態に復帰。問題は周辺ケーブルなどをまとめて、どこに持ってけば一番高く引き取ってもらえるか…なのだ。
 いちおうSofmapのオンライン査定など試してみた。

No.名 称概 要Sofmap買取
(1)MI-310本体箱入り。保証書と電池を除いたあとのものはすべてあり。\10,400
(2)携帯電話接続ケーブルCE-DT1箱入り。書類、袋など全て揃っている。\800
(3)パソコン接続ケーブルCE-170TS箱入り。書類、袋など全て揃っている。\1,000
(4)AC電源アダプタEA-59箱入り。書類、袋など全て揃っている。\500
(5)EASY LINK OZOrganizer2000との連携ソフト。ATEX製。(不明)
合 計\12,700

…うーん。Sofmapの中古売価を見たら倍以上やんか。特にケーブルやアダプタなんて、正味の値段に程近い状態で売ってるやん。やっぱがめついなぁ…>難波商人>Sofmap
 これはYahooオークション行きかな…(T.T)。



2001 年 1 月 13 日

 午後から腰のリハビリがてら、街に繰り出す。さすがに寒さはきびしく、熱くて美味いものが食いたい。→うどんでしょう。→うどんゆーたら、やっぱ松葉家でしょう。…と言う事で、かの有名なけつねうろん発祥の店、松葉家の「すきやきうどん」を食べるために、心斎橋(本町よりだけど)にGoGo!。相方は定番「おじやうどん」。満腹した後は近所を散策。難波までぶらぶら。15年ほど前は、心斎橋筋の「Sonyタワーより北」って、問屋と商店街チックな店、やる気の無い飯屋ぐらいしかなかったはずなのに、最近の賑わいってどうヨ!。知らない間にいろいろ心ときめく店が、増えているじゃぁありませんか。コルセットの窮屈さも忘れて、相方の案内によりいろいろな店を冷やかして、殿ご満悦。最終的には道具屋筋を抜けてDOS/Vパラダイスまで到達。ところが移転のため、1Fフロアだけで「じゃんぱら」が営業中。めぼしい物も特に無し。
 ある店で、相方が上着を試着した時の事。スタッフの女の子
「彼氏の目から見てどうですか?」
「(か、彼氏?)…ええんちゃうか。せやけど彼氏って…(^^;;)」
「あ…(慌て)ちがうんですか?」
「ちゃうちゃう。旦那や」
「あ!そうなんですかー。いいですねー。一緒におうちに帰れるんですもんねー」
って、後から相方、茶店で語るには
「あれが彼氏持ちの女のこの正直な気持ちやろなぁ…(遠い目)」
…そうか、そうなのか。彼女に対しては
「ええか~?喧嘩していやでたまらんでも、一緒に帰らなあかんねんで。でやねん。」
とか答えた俺って…(^^;;)
 こーゆー回答してるようではダメだねぇ。ジゴロにはなれんわ。(とほー)



2001 年 1 月 12 日

 今日は久々の遅出のため、朝寝を満喫していたのだが、突然の揺れに飛び起きた。最近、小規模な地震が各地で頻発。6年前の震災と時期もオーバーラップしており、そろそろまた大きいのが来そうで不安。身近な不安要素の一つとしては、私の枕元に非常に不安定なガラス戸棚が設置されており、その中の高い位置にカメラがぎっしり。The
Big Oneが来た場合には、間違い無くガラスケースごと、脳天直撃の恐れ。「耐震ツッパリ棒」購入化計画策定中。
 正月休をはさんだため、脳みその現役復帰が難しい。最近特にボーっと考え込むわりには、あまり成果が出ない状態。今だ休みボケなのかも。それとも根本的に仕事に向いていないかも。自己評価で言うと、向いている職業=「王子様」って感じかも。はぁ~。
 3月=年度末=来年度直前に向けて、社内はなにやらきな臭い組織(人事)改変の動き若干アリ。人間関係ってホント難しいやね。


2001 年 1 月 11 日

 「デスペレーション(下)(スティーブン・キング:新潮文庫)」読了。久々にキングワールドにどっぷり。キング作品って、毎回泣かせ所があるんだけど、圧倒的な質量を感じさせる息をもつけぬつけぬ展開のため、ついついその「お約束」を忘れてしまう。今回もつい油断していたために、地下鉄の車内で嵌り、ちょい涙目に(T.T)。引き続き「レギュレイターズ」に突入予定。

 昨日、隣の課長の奥さんが亡くなったので、午前中は告別式に出席。48歳とまだ若いのだが、癌をわずらい、数年の闘病生活を送っていたらしい。泣き崩れる高校生の娘と、娘をしっかり抱きしめる課長を目の当たりにし、なんだかやるせない気持ちになってしまった。
 そうかと思うと、後輩に息子誕生の嬉しい知らせ。気はいいのだけど目つきがやたら鋭い長身の彼だが、なんだか少し頼もしく見えたり。
 喜びがあって、いずれは悲しみが来て…俺もそのストーリーに乗っかってる一人なんだな。


2001 年 1 月 10 日

 薬漬けでなんとか復活し出社。しかしコルセットはぎっちぎち。妙にイイ姿勢で机に向かい、たった一日で山積みの見積もり依頼を、ばったばったと片付けた。うなる電卓舞い飛ぶ伝票鬼のようなスピードで埋められて行くExcelのセル。「あの腰痛は、忙しすぎた俺の心を癒すために、大いなる意思が与えたもうたボーナス。そうにちがいない!」絶好調の頭脳とこれまた絶好調のキータイプ。のりにのってたその瞬間。
 >>>>>>>>> ガコンッ
と、オフィスチェアのダンパーの空気が一気に抜け、一番高い位置から急降下。その衝撃たるや…
 「◎”%■っ!」…声も出ず。(T.T)
 教訓:アキレスの靴のかかとは必ずしも丈夫ではない。(※ちょっと難しいか?)



2001 年 1 月 09 日

 朝、なんだか調子がよさげだったので、体をひねったところ、骨盤と背骨の間が、生卵山盛りの大鍋でMrオクレの頭蓋骨を粉砕したような音を発し、激痛が頭の天辺に駆け抜けた。やめときゃよかったと思ったが後悔先に立たず。指先だけを使って上司に電話。涙声で休む旨連絡。腰粉砕経験者の上司は半笑い(T.T)。コルセットをぎちぎちに巻いて、這う様に近所の整形外科へ。レントゲンこそ取らなかったものの、注射+温熱治療+電気治療+湿布というフルコース。これであたいもりっぱなおぢぃちゃんス。
 治療中の友は「デスペレーション(下)(スティーブン・キング:新潮文庫)」。久々のキングに没入。上手いなぁ…ほんと。この「たたき」も、あんな感じで書けないもんだろうか。
 「そいつぁ、白飯の上に乗ったババ並にやっかいだぜ」
…大阪人にキング並の小じゃれたエッセンスを求めるのが間違いか?(T.T)

 ともかく、動けない休みの日は有効に使わないと…というわけで、「FreeBSD Tips」改め「FreeBSD ツアーガイド」拡充に走る…といってもメモ書きの延長だけども。本当にこんなんで参考になるんだろうか?謎。



2001 年 1 月 08 日

 ハッピーマンデー。各地で成人式の模様。中には暴れ狂う新成人もいたようだけど、おいらの成人式も、祝辞なんか前列3段以外はだーれも聞いちゃいなくて、久々に知った面子が揃った嬉しさに舞いあがって、好き放題しゃべってた記憶が(今となってはおぼろげだけど)ある。結局、成人式って
(1)買ってもらった晴れ着が(アイテムの一つとして)着られる
(2)あんまりまとまって会う事の出来ない久々の面子が集合できる
(3)なんかイベント
なだけであって、それ以上のモノでも以下のモノでもないわけっスよ。で、訳のわからんお仕事な祝辞と式典という、「大人の価値観」…言いかえるなら「オヤジの価値観」を持ちこんでも、うっとーしーだけなんスよ。上記3点セット以外は眼中ナシなんだもの。実際、酒もタバコも小・中学生からやっちゃってるし、女や男をそんくらいで知ってる奴もいるし、実名報道ってったって、それがどしたのって感じだし、選挙もウゼェだけ(だって学校で習ってねぇもん、親も行かねぇもん)し、なーんら普通のイベントじゃん…なわけなんですわ。ほんまに。
 ちゅうわけで、止めちゃえば。成人式。ってのが私の感覚。それよか、元服を16歳で復活させて、そんときから選挙権からなにからかにから「権利」を与えて、代わりに納税その他の「義務」を与えればいいんじゃないの?と思うのですよ。その代わり、中学の社会科(って今でもあるのか?)では、政治経済系だけ。歴史はやらない。どう?一見上手くいきそうじゃない?

 そんなこんなで腰の話。行ってきました急患受付。太っとい注射x2本と一日分の痛み止めを、当番の外科の先生に処方いただいたので、まぁなんとかしのげているが、やっぱ立ってられない。寝てられない。長時間座ってられないのないないづくし。いちおう魔法のアイテム「コルセット」を巻いているのだが、はずしてひねったとたん激痛が(T.T)
 明日は早起きして、整形外科のお医者サンにかかる予定。いや、やっぱレントゲンぐらいはとってもらわんことには…あと、薬(ヤク)が切れた時が怖いのでもうちょっと欲しいし…。



2001 年 1 月 07 日

 人間、寒すぎると冬眠状態に陥るらしい。気がつけば昼をとうに回った時刻。起きあがった瞬間、腰に妙な異物感を感じつつ、窓を開けるとそこは一面の銀世界。そらぁ寒いわ…と、背伸びをした瞬間、腰に激痛。まったく腰関節が伸びない。上半身を後ろに反る事ができず、お得意の「腰関節コキコキ鳴らし」も不可能。どうやらこれがうわさのぎっくり腰なのか?。ついにジジィか?断続的な激痛の中、いろいろ体勢を変えたり、各関節を回してみたりしながら、状況の切り分けを行ったところ、どうやら腰椎の内蔵側に、何らかの障害が発生している模様(T.T)。とにかく、どんな体勢をとっても痛いので、風呂に入って温もってから温シップを貼って様子見。
 「コキン!」と一発鳴ったら大分マシに鳴りそうな気がするんだけど。いてて…。


2001 年 1 月 06 日

 何故かファッキン出勤日。うちのボロビルも活動しているテナントは我々だけのよう。外線の電話もかかってこず、落ち着いた一日。
 出勤2日目にして早くもばて気味で眠い眠い。ネタはとりあえずいろいろあったのだけど、朦朧としてきたのでもう寝ます~。(T.T)



2001 年 1 月 05 日

 何がびっくりといっても、我が心の武藤敬司。いやね、大晦日に大阪ドームで開催された「猪木ボンルージュ三番街(ちょっと違う)」のTV放送を見てたのよ。高田延彦とのタッグで現れた武藤、フード付きマントをとればそこには海坊主の姿が…。「つ、ついにそこまできたか…(T.T)」確かに一時(といってもまだ若い頃に)二枚刈りな武藤は存在してたけど、ここまでつんつるてんの武藤はかなりの衝撃。体もアメリカに行ってから、さらに巨大化した模様。まさに動きの細かい海坊主。やっぱ肉食は毛髪によくないのか?それともムタ・ペイントの所為で生え際まできちまったのか?ドーヨ?武藤ドーヨ?返事のMailがあっても困るが。
 しかしアレだ。この番組、アナウンサーがよろしくない。プロレスのアナウンサーとしては最悪。わざわざ大晦日に現れて、相手してもらえなかった外道な大仁田以下。解説がなんでターザン山本?ゲストが何で「なにわともあれ」コンビなわけ?深まる謎。古館つれてこいよ。ドーヨ。
 ともかく、深夜にもかかわらず、ある意味熱くなれたTVであることは間違いないわけで。

 久方ぶりの会社は挨拶回りがメイン。昼飯を食ったらもうすでにやる気無し。でもって明日も出勤。ぶっは~ごっそさん。(T.T)



2001 年 1 月 04 日

 楽しか~ったひとときも~今はも~過ぎてゆくぅ~(by カックラキン大放送)

 ちゅうわけで、あっちゅうまの正月休も今日でおしまい。振りかえってみたら、掃除して年賀状書いて酒くらって寝てたという総括。いいのか?これで。

 本日も何をするわけでなく、洗濯、買い物という全くフツーの休日パタン。ちょっと違うといえば、年賀状の返事書きが加わったぐらい。

 そうそう、久々に年賀状を出した女性から、折り返し賀状をいただいたはイイが、なんだか知らない間に離婚していたらしい。出した年賀状はもちろん結婚時の姓だし、住所もそうだし、おまけに文面にはノーテンキなコメントを書いて出したような気が…(-.-;)。

対照的に、ここ3年ほど会っておらず、賀状のやり取りだけだった友人も、やっと落ち着いたとかで、ナンだか幸せげな写真付き年賀葉書到着。ちゅうか、写真において、顔がむくみ、目に精気があまり無かったのは気のせいか?。
 …ま、俺のときよりかなりマシはマシだが。>顔写真(^^;;)



2001 年 1 月 03 日

 昼過ぎに起きて、やおらTVをつけ、「あいのり」のスペシャルを見てみたり。とりあえず14:00ぐらいに帰宅の途についた。

 さて、ここで質問だけども、パンツと靴下って、連続2日履けないのはどっち?私は断然靴下。パンツはまぁなんとか我慢できるけれども、靴下だけはどーしても耐え難い。会社で止む無く泊まったり、客先で止む無く朝を迎えたり、友人宅にて牌をにぎりつつ朝を迎えたり、場末のホテルで朝を迎えたときなども、実はこっそりコンビニで靴下を購入するという、「濃厚足指股臭不耐主義」なのであるが、今回はあまりの寒さに唇をかみしめ、鼻腔を縦に閉じて我慢。「素足+革靴」すなはち石田純一スタイルという選択肢も有ったのだが、年には勝てず、主義主張を曲げ、脂っこいつま先の靴下を再利用するに至る。
 そんなツマサキ事情のまま、ハンズや阪急などの初売りセールや福袋関係を観察しつつ家路へ。百貨店では、なかなか良さげなパンツ等あったのだけど、いかんせん油臭を発している靴下のため、試着がためらわれ見送り。次に行ったらもう売りきれているんだろうなぁ…たぶん。(T.T)

 夜は夜で、うにくらげやいか黄金などの珍味詰め合わせを肴に、二人で飲み大会。3時まで飲んだ後、電池が切れたように眠る。サスガに正月休み。もう乱れ放題。(^^;;)

 カメ日記:さすがに丸一日以上ほっておかれたカメ吉(最近巨大化の兆候アリ)は、完璧にお怒りのようで、水槽内の小石がわけわからんレイアウトに変わっていたところを見ると、相当暴れたらしい。餌をやってご機嫌をとるも、上目遣いで拗ね気味。とほー(T.T)


2001 年 1 月 02 日

 午後から電車に乗って相方の実家へ。私の実家は、「しんどいから、あったかくなってから帰って来い。」との緊急連絡アリ。薄情な私としては、通達を鵜呑みにして、今回の相方実家対応に全力を尽くすこととする。胃腸の調子は万全。睡眠もたっぷりとった。おまけに電車だ。さぁ飲むぞッ。
 ちゅうわけで、気がついたら終電の時間をとっくに過ぎ、私としてはとてもご機嫌サン。結局使われていない部屋で、相方と一組の布団で眠る事に。相方はこうなる事を予想しておらず、必須アイテム耳栓を持参しておらず。よって、朝まで
俺眠りに落ちかける→鼾かきはじめる→相方とびおきる→相方につつかれ目覚める→鼾止まる→相方眠りに落ちかける→俺眠りに落ちかける→…
という、「地獄ループ」が無限に繰り返されるわけで(T.T)。

 教訓:二度と相方の実家には泊まらん。
 ちゅうか、喉の奥をレーザーで焼く手術って、ナンボぐらいなんだろ>鼾。



 | HOME |  »

Calendar

« | 2001-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。