かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 年 05 月 31 日

 暑い。蒸し暑さひとしお。通勤路を駅に向かうだけで、ハゲの地肌から玉のような汗が噴き出してくる。そのため頭部4カ所の「ふた」代わりの髪の毛が常時びしょびしょ。ミステリーサークルどころか「神秘の泉」状態なり。吹き出るのが清水ではなく「中年男性の体液」ってところが、相当ミステリーサークル気味ではあるが(^^;;)

 本日締め切りの書類を、実機をいじくりまわしながら書いたりなんかしているうちに定時を迎える。今日はプチ送別会に出席予定だったのだけれど、明日は早朝現場+深夜現場のフルコースにつき、送別会は失礼させていただき早めに撤収する事に。
 相方に連絡をとってみれば、一本違いの電車でやはり帰宅中との事。駅で待ち合わせて食材を購入し、大粒の雨の中を帰宅。

 早く寝ようと思っていたのだけど、気がつけば0:00をまわってしまっており、内Pも見ずに大慌てで就寝。


 



スポンサーサイト

2004 年 05 月 30 日

 天気予報がアテにならないというのは、農家や行楽産業にとってかなりの影響を与えるモノだ。早いところ日本の誇る科学技術で2~3個衛星ブチ上げていただきたいモノ。

 予報では雨だったので、遅寝遅起きでもまっいいか~と午後遅くに起きてみれば、初夏 を思わせる良い天気。大慌てで洗濯物を干したり、カメ吉水槽の水換えをしたり、軽く掃除機ををかけたりしているうちに夕方なり。

 あまりにもったいないので、タウン誌に載っていた手作りパン屋さんまで車でぷらぷら。米の消費が減っているとの事であるが、いつも食ってない朝飯用に購入の為、国の食料政策に影響は無いと思われる(そこまで考えて毎日飯食ってるわけではもちろん、ない。)

 ちょっと早めに飯を食い、簡単な書類を作って会社に送付したり、相方とうだうだ酒呑んでるうちにもう深夜。あー来週は忙しいのだなぁ。





2004 年 05 月 29 日

 民主党の議員が、昨日の衆議院法務委員会で、Winny作者逮捕について刑事局長に「どうよ?」的質問をしたらしい。そういや公判は6月だっけ?休んで見に行こうかなぁ。京都だし。
 そいやWinny解説なサイトの作者もしょっ引かれたんだっけ?。もぅなんだかねぇって感じ。
 変な話、もしもFreeBSDな違法なファイル交換サーバが建てられたりして、逮捕~ってな展開になったら、インストールマニュアル書いているおいらもしょっぴかれるんやろか?

 FreeBSDついでに、ついに4.10-Release出ましたねぇ。マニュアル更新せねばなぁ…。それよか、5.xシリーズについても、そろそろ仕込みを始めないとなぁ…とは思っているのだけど、起動画面のデーモン君をどうするかなぁ…ってところで悩み中。

 そんな本日、午後から散髪に挑戦。半年ぶりに、なじみの散髪屋に行ってみました。このまま伸ばそうかと思ってたんだけど、ずっと短髪だったので、長髪が異常にうっとおしい上に、相方「なんか井川みたいやで…後ろから見たら」ぅてなヒトコトを後押しに、ついに決心。
 この道を行けばどーなるものかと若干緊張しながら椅子に着いたのだが、迷える私に対して、ニヤリと微笑む長髪髭面店長自らの超絶カットにより、4カ所のハゲを見事に隠しつつすっきり仕上がった。さすが店長、伊達にイエス・キリストに似ているわけぢゃないなぁ。

 買い物のためにそのまま駅前で相方と待ち合わせたが、顔を見るなり半笑い、んで一言
 「昔のジャニーズのバッタモンやん」
…うーん。井川よりはまだそっちのほうが…(T-T)

 ま、ゴジラ松井って言われんだけでも、よしとするか。





2004 年 05 月 28 日

 午前中休みをとって銀行に行き、自動車税の納付などをわちゃわちゃと片づけた後出社。今日もいい天気だねぇ。

 午後の会議を終えた後、ちまちまといろいろな雑務を片づけ、あわてて1時間ほど離れたソフト屋さんまで、来週の現場に関する打ち合わせをしに行く。電車に乗って爆沈しつつ、現地についたら17:30。そこから20:00ぐらいまでばっくりと打ち合わせを行い、二時間かけて自宅に戻る。
 おりしも本日はSlashdotJapan三周年記念OFF大阪大会の日だったのだが、無論出席出来るはずもなく、楽しそうな現地レポートを歯がみしながらチェック。ちぇ~っ。

 昨日セミナー出席のため、仕事が山積みな相方は、おいらより遅く帰宅。軽いつまみ的なものとビールでお互いの労をねぎらいつつ、昨日の深夜放送していた阪神横浜戦の録画を見ながら小宴会の後爆沈。






2004 年 05 月 27 日

 5:30起きで某客先へ。昨夜システム調整を行ったため、動作確認要員として出撃っつーわけなのだが、いやはや…眠いねぇ…(T-T)

 人影まばらな早朝の通勤路を、「I'm Here/小比類巻かほる」なんか口ずさみながら駅へ向かう。いつも開店前に長蛇の列が出来ているパチンコ屋の前には、すでに先頭2名がスタンバイ中。すごいよな。開店まであと4時間近くもあるっつーに。そんな早起きして並ぶ気力があるんなら、まともに働けよって(^^;;)

 午前中に作業は終わり、そのまま外出して別件業務を片づけた後、会社に戻る。天気が良い中、駅からかなり歩いたので汗ぐしょぐしょ。そろそろスーツの上、いらんかなぁ。
 
 たまたま本日、ウチのオフィス近くで開催されたセミナーに出席していた相方と待ち合わせ、「白い巨塔」でおなじみの北新地まで出撃して夕食。以前から目をつけていた安そうなイタ飯屋で安めのコースを食って、いつもより早い時間に帰宅。

 帰ってから「耳のこり(ナンシー関:朝日文庫)」読了。丁度最期近くのコラムか。久々に女史のコラムを読むと、改めて彼女の文書能力すごさがよくわかる。評価は分かれるとともうけれども、俺的には「理想的なコラム文章」だと思う。本気で一冊程度構造解析してみようかな。





2004 年 05 月 26 日

勇気ある行動:
 …ハゲの近くに生えていた目立つ白髪を抜いてみた。
 「もったいなっ!!」
 だってさぁだってさぁ…(T-T)

 相方からウチの会社宛の書類を言付かる。
 昨日、ウチの担当者と急ぎの書類の受け渡しについて話しているうちに、もっとも確実な受け渡し方法として、わしをつかうと言うことで合意に達したらしい。まぁそんなに重たい代物でもないし、問題は急遽どっかの客先に直行する確率が、そんなに低いわけではないってことだな。

 この書類が重要なものかどーか、内容は知らないけども、「書類をあずかる」っつーことは、だいたいにおいて、トラブルに巻き込まれるのだな。たとえば、家を一歩出た瞬間から商売敵が雇った経済スパイやヒットマンから、命やら書類やらを狙われちゃうわけですよ。
 激しい銃撃戦と、カーチェイスの後、駅に到着。駅では仕掛けられた爆弾により、電車車両がふっとび、地下鉄線路を走る羽目に陥り、銃火をかいくぐりつつ地下水路に逃げ込めば、赤外線暗視鏡を装着した特殊部隊に追跡されちゃう。ここで肩を打ち抜かれて気を失い、目覚めれば、レジスタンスのアジトにかくまわれ、柴崎コウのようなレジスタンスねぇちゃんと恋に落ち、でも、その恋も一発の銃声によって打ち砕かれ、復讐の鬼と化したおいらは、マッチの軸を噛みしめながら、両手にコルトガバメントをひっさげて、黒幕企業のビルディングに単身乗り込むって展開もなく、出社して、フロアの反対側までてくてく歩き、書類封筒渡して無事にお使い終了。…柴崎コウは結局登場せず。

 定時後すぐに、今朝の書類中継先部署の女性から「ありがとうございました~」と、ミニドーナッツなどいただき、ちょいとご機嫌なり(^-^)





2004 年 05 月 25 日

 ええ天気。先週の台風まじりの雨天曇天が嘘のよう。薄いペールブルーで染まった空をビルの陰から見上げれば、時折ひやりとした風が吹きすぎて行き、なかなか心地よい。できればビーチチェアなど設置して、ビールを飲みながら日がな一日眠っていたい。

 そんな好天の下、ちょっと離れた場所の顧客のところに、予備部材としておいてあるモデムが必要になったので取りにゆく。前もって連絡を入れていたため、担当者不在ながら、モデムは箱詰め梱包済み。ありがたい。ヤフオクなら「たいへんスムーズに取引が出来ました」って具合。

 夕方から2台借りたモデムと、設備として手持ちの未使用ルータを組み合わせて、某客先システムのテスト環境を構築したのだが、あろうことか、借りたモデムのうち一箱に、ACアダプタが梱包されていない。あわてて借り先に連絡を入れたが、担当者は本日退社、明後日出勤とか。いらんところで作業足踏みなり。

 帰宅道中で「海ちゃん、おはよう(椎名誠:朝日文庫)」読了。最近の赤マント的エッセイはパス(すなわち「新刊では買わず、BOOKOFFで見かけたらGET」なリスト入り)していたため、久々の椎名である。
 いつもの「やっつけエッセイもどき」じゃないので、幾分読みやすかった。子供を持つ親ってそうなるんかなぁ…。そんな気分かなぁ…。と、俺にとってはひたすら想像の中だけのの世界。ふと、会社の子持ち同僚達を思い浮かべて「大変なんだねぇ…」とため息ついてみたり。
 しっかし自分の人生を作品として切り売りするのもええけど、「武装島田倉庫」的な「戦後」の世界シリーズの新作を希望~。






2004 年 05 月 24 日

 気持ちいい朝。風は少し涼しく日はちょっぴり強い。

 通勤電車で例によって乗客ウォッチしつつ、「友達みたいな母娘」っていう関係は否定しないけど、メイクや服装、髪型について、「娘世代風」にすることだけがそうじゃないよなぁ…と思ってみたり。はっきり言うが「老け顔に若作りは似合わん(T-T)」。つか、見ててなんか悲しいし滑稽ですらある。具現化されたペソスっつーか。ほっときゃいいんだけど、向かいの座席に座られたおかげで、行きの電車から、ちとブルー。(←それぐらいで)

 会社では、これまたどたばた。昨月の民族大移動により、現場担当者がどさっと増えて(出戻って)とてもにぎやか。マカーでジャンカーな先輩と、ついてない「A型魚座」道を邁進中の後輩にはさまれて、ふとした時のトークが弾んでなかなか楽しい(←仕事しろって)。

 顧客の某係長は結構年輩のおいちゃん。まさに大阪のおいちゃんというイメージを具現化したようなおいちゃんで、トークが独特の雰囲気。俺とは10年以上のおつきあいで、彼の独特な話法で延々しゃべりつづける「おいちゃんのトーク」っつーのは、俺の持ちネタでもある。
 「んん~~~~……こぉ…れぇ…は…こぉ~なぁいぃなるもんでっかぁなぁ~?言ぅた?いつ?わし聞いてぇ…へんなぁ…」
 …みたいな感じ。
 先日来、そのおいちゃんに報告してみたり、提案してみたり、詫び入れてみたり…と、やたら接触している魚座A型後輩に「そんな話もっていったら、お客さん、こない言うで」と、おっちゃん話法でシミュレートしてみたところ、すごく厭な顔されちゃった(^^;;)
 後輩曰く、
 「人間が不得意な間ですよ。あれ。」
 たしかにある意味リーサルウェポンだな。あのトークは(^^;;)。

 深夜は例のごとく内Pタイム。今週は先日のライブの模様を放送だったが、このライブ、DVDで発売予定とかで、歌のパートはほとんどカット。つか、こんなDVD売れるんやろか?CDは買ってしまったけれど、さすがにDVDまではねぇ…。
 でも、相方に小馬鹿にされつつ放送を録画しちゃったのは内緒。





2004 年 05 月 23 日

初めて知った彼の名前:
 「…親も考えて名前つけたれよ。子供の頃いじめられたやろうに」
ムッシュ吉田こと吉田義男氏のフルネームをさっき知ったらしい。>相方

 引き続き曇天。少々寒かったが、鶴見緑地へドライブ。現地に到着したら、少し暑いぐらいの穏やかな天候に復活。そこで、近所のコンビニでサンドイッチと飲み物、お菓子を買って、公園のベンチで、吹き行く風を感じながらのほほんと過ごす。

 帰宅後は野球を見たり、洗濯物をたたんだり…と、おなじみの週末。おしかったねぇ…ジェイソン・バトン。> F1






2004 年 05 月 22 日

K-1 ROMANEX:
 やりすぎ。新日をPRIDEに見立てると、末期の全日を見ているよう。死人が出てもおかしくないぞ>ロープ際。つか、もうこのシリーズは止めた方がよい。
 最近の格闘界っておかしいよ。なんか調子に乗ってるんだか必死なんだかよくわからん状態。プロレス的な「因縁」とか「ショー的なモノ」とか、K-1には必要無いって。俺的にゃぁグランド系って嫌いじゃないけど、そんなんばっかじゃつまらんよ。見てて。

 夕方、買い物がてら行きつけのTSUTAYAに立ち寄り、会員カードの更新を実施。
 TSUTAYAのバイト君って、「研修生」の頃は応答に「自分」が見え隠れして、好感がもてるんだけど、ベテランになればなるほど、なーんかすべて上っ面な応対になるのは何故だろう。コミュニケーションがルーチンになってしまうからかな。当人にとって、一見顧客とのコミュニケート(ってほど大げさなモノでもないか)をルーチン化出来てしまえば、楽になるとは思うが、でもやっぱ個人の「揺らぎ」っていうか、そーゆーところを感じたいなぁ。
 …これって、女性の「ナチュラルメイク」に惹かれる心と通じるところがあるのかも。

 ついでに書籍のコーナーをぐりぐりまわり、先日から目を付けていた「変人偏屈列伝(荒木飛呂彦・鬼窪浩久:集英社)」を購入。荒木飛呂彦フリークとしては、やはり買っておかねば。実在する人物に荒木的狂気がミックスされて、効果倍増って感じ。夜半まで読みふけってしまった。

 悪い夢見ておねしょしなければよいのだが…(w






2004 年 05 月 21 日

 台風一過。おだやかな良い天気。

 職場女子から「どーですか?その後の(ハゲの)調子は?」というMailをいただいたので、「順調に増殖中。現在四つなり」と返事をしてみたところ、「かわいそうですねー。めくったらえらいことになってるんですねぇ」という同情Mailを頂いたり。つかめくったらいうなっ(T-T)

 そんなこんなで本日は「医者の日」につき、早めに退社。行ったところで劇的に治癒するわけでもないが、かといって放置しておいても治る訳でもないし。もーとほほ。
 看護婦さんと雑談中「ちょっと会社、1~2週間休んでみようかと思うんですが…」といってみたら、「それいいかもしれませんねぇ」とは言われたが、休んだ事による精神的なストレスのほうがきっついと思われるので、結局もぅどーしようもなく悪化するまで休まないのだろうなぁ…。>わし






2004 年 05 月 20 日

 来てますよぉ~低気圧(T-T)。もーね、脳の血管がどうにかなりそうな頭痛。
 それから足の土踏まずの部分が痛くって、ぐぐったところなんか捻挫っぽいナニカのよーである。体重増えてるからなぁ…最近。

 今夜予定の現場が、台風接近に伴い中止。明日の早朝出動予定だったのだが、それも延期。

 ちぃっとばかし早く寝ることにします。






2004 年 05 月 19 日

 曇天ですなぁ…。頭痛がひでぇ。

 昼前に顧客に書類をお届けに行こうと、ビルの出口から外を見れば豪雨。頭痛の原因はこれかぃ。(T-T)

 午後からは遠くまで外出。電車に乗った直後から不用意に眠りこんでしまい、目的駅を出発寸前に飛び降りる始末。

 撤収して帰りの電車もよれよれで、実は今夜は宴会だったのだけれど、申し訳ないとTELを入れてパスさせてもらった。
 
 うー。生き物として過ごしにくい季節になったことであるよ。まったく。





2004 年 05 月 18 日

朝から踏んだり蹴ったり。
 「うあえらいじかんだにどねしたひいい」と叫びながら、大慌てで髭をじょりじょり剃っている最中に、あろうことか大家さんが集金に来訪。この一刻一秒を争う局面において、のんきに釣り銭を数える年寄りに沸き起こった強烈な殺意をおさえつつ、釣り銭と領収書をひったっくって、食パンをくわえながらズボンのベルトを締めつつ駅まで猛ダッシュ(一部脚色)。
 さー駅に到着した時間はあと1分もあるうりゃぁ~~と邪魔な愚民どもや立ちふさがる駅員を張り飛ばし蹴り飛ばし(かなり脚色)改札を突破してホームに立てば、あろうことか電車10分遅れ。

 …そりゃないぜセニョリータ。結果遅刻。(T0T)

 もーこの朝のどたばただけで全力を使い果たして、後は抜け殻。午後から客先に向かった提案部隊が戻ってくるのをまつほうがよかったのだろうけど、彼らの帰還を待たずに撤収。すまん。






2004 年 05 月 17 日

いいわけ:
 「クレームの客先報告書なぁ。」
 「はぁ」
 「<原因>欄にこう書いたらどうやろ?」
 「…どう書くですか?」
 人間だもの
…先輩ッ!相田みつをは逆効果っス!!(T-T)

 午後から、メーカーさん来社で打ち合わせ。あっちゃの不具合だと思っていたのに、こっちゃの不具合っぽくて、かなりやな展開(T-T)。

 ぐだ~っと帰ったあとは例のごとく内P見て終了。






2004 年 05 月 16 日

あるある:
 ダイエットに黒酢が効果的という話題。ところが、「食前には飲んじゃ駄目」って事で、その理由が「食欲を増進する働きがあるので、食べ過ぎてしまう恐れがあるため」…なんだよ。それ。胃に悪いからとかじゃないのかよ。

 洗い物をしていて、結論聞いていなかった相方に「食前食後どっちに飲んだらええの?」と聞かれて

 ・食前食後どちらが「良い」ともいえない。
 ・なぜなら黒酢を食前に飲んだ場合の弊害は「食欲が増す」ことである。
 ・従って、食事の量が一定であれば問題は無い。
 ・また、必ずしも食事を伴わなくてもよいと思われる。

…と説明したところ、何故か逆切れされだからどっちがええねん?食後か?食前はあかんのか?どっちやっ!!」と問いつめられる始末。
 つか、「「いくつかの条件から状況に応じて最適な解を論理的に導き出す」という答え」が理解出来ず、「よい」「わるい」でしか解を受け付けないこいつって、会社でどんな仕事してるんやろなぁ…と思った。B型だからか?謎。
 一番の問題は、オメェだよ(-"-#)>あるある大辞典のプロデューサー。

 深夜先日先輩に借りたMATRIX REVOLUTIONSを視聴。「実写版ドラゴンボール」とはよく言ったものだなぁ。次回作として「実写版:童夢」とかやってほしいのだけど。>ウシャシャ兄弟ウシャウスキー兄弟。






2004 年 05 月 15 日

 夕方から、車に乗ってぷらぷらと買い物。
 俺は用事が無いのだけれど、「仕事用の服が欲しい」とのたまう相方に、首根っこつかんで引きずられるよーにユニクロへ向かう。

 制服が無い会社の、女性社員は服のチョイスが大変らしい。打ち合わせに臨んでも違和感が無く、長時間デスクワークでもしわやテカリや毛玉が少なく、動きやすく、冷暖房に対する調整が簡便で、汚れが目立ちにくく、かといっておばはんくさくない格好………ナースの制服ではだめでつか?(T-T)

 話を聞いていると、若いOL向けの雑誌で紹介されているような「オフィス系ファッション」っつーのは、「舐めている」のであり「ありえない」のであり「そーゆーちゃらちゃらした事を雑誌が書くから働く女性みんながみんな大した仕事せんとちゃらちゃら遊んでるように思われるんぢゃー(-"-#)」との事。
 なんだか最近また一段と忙しくなったらしく、荒れ模様の相方であるので、ちょっとしばらくそっとしとこうかなぁと思ったわしであった。





2004 年 05 月 14 日

今日の脳内リフレイン:
 ぷちっ。ちうっ。かふぇぷれっそっ ぷちちぅかふぇぷれ~っっそ!
…辛すぎ。

 朝は微妙な状態だったのに、昼になると日差しが強まり少し暑いぐらい。そんな中、某顧客の本社へ。昼間の用事といえば、基本的に「障害」関係である。

 顧客協議の後、遠く離れた支社に行かねばならなくなり、近くの駅から小旅行開始。幸いにも着座する事が出来たので、これ幸いと先日購入した本を読みにかかったが、わずか数ページ読み進んだだけで、もううとうと。本を仕舞って腕を組み、軽く目を閉じて、心地よい電車の揺れに身を任せることに

 「あの…。終点ですよ?」

 …起こされました。それも乗客に(T-T)。

 降りる駅は一駅前だったので、あわててUターン。これで約30分のロス。

 データを扱ってごにょごにょ…がミッションなんだけども、これがもー腹立つぐらいに待ち時間が多い。待ち時間多い割には、自動的なほげほげが、いつの間にか失敗していたりする。気まぐれ極まりないぞ。このシステムは。
 システムからの無言の反抗にてこずっているうち、いつしか時計の針は20:00をまわり、21:00をまわり…俺、今日中に帰れるんか?(T-T)

 …で、22:00前にやっと解放され、帰りの電車で、このぐだぐだな状態に非常に似あわぬ「グインサーガ 外伝19 初恋(栗本薫:早川文庫)」を、なんだか妙にせつない気持ちになりながら読了。悔しいけれども上手いこと書きますなぁ。
 そういや、外伝はあと1巻の予定だったかと。最後の外伝のテーマは何だろう。





2004 年 05 月 13 日

To:予告通り書きました>某マカーな先輩:

 施工図面を囲んで数名で打ち合わせ中、いつのまにか仕事の話からヨレてしまい、主題は「図面端っこの作成・照査・認可印の印章が何に見えるか」について…って、19:00過ぎにこんな事言ってるわしらって、ほぼ終わっていると思うが(^^;;)

 山田さんだかのハンコが、「まるで仮面ライダーの腹のようだなぁ」なんて言い始めたこの先輩、次に何を言うかと思えば
 
「野球のほら…バンパイヤのマスクみた…」
アンパイアやっ!」(←総突っ込み)

 キャッチャーの背後から血を吸うてどうするんですかッ!(T0T)
 …無論、「たたき」の枕ネタとして、即採用。


 本日は雨。それも降ったり止んだりいきなり強くなったり腰振ってみたり裏返ってみたりよじれてみたりという、気まぐれな天気でかなり鬱陶しい。

 なのに午後からちょっとした外出で、これまた路上を歩いたわずかな時間に、集中豪雨のタイミングがどんぴしゃりで、傘も役に立たず、下半身がびしょ濡れ。さらに電車及び定時後の社内の蒸し暑さが追い打ちをかけて、かなり調子を崩してしまったところへトドメの吸血鬼騒動。ガクッ。

 明日休んだら、先輩の心ないヒトコトのせいにしておこぅ。

# 本人がたまに読むので、いぢめてみたり(^-^)





2004 年 05 月 12 日

いやそんなこと言わずこのネタをくれよぉ:
  [Q] 日本人の三大義務は?:
  [A] 「納税 教育 ……せっくす?」
…上手い。「夜のおツトメ」とも言うな…たしかに。

 大学時代のツレがBlogを始めたので、早速覗いてみた。
  ↓
 で、読んでるうちに、むかっときたので、書き込んでみる。
  ↓
 書いているうちに「物書き的ハイテンション」状態に陥る。
  ↓
 深夜、かなり遅い時間になってしまう。
  ↓
 たとえバレないとわかっていても、「よそに書いたネタとかぶるが厭」なので、本日の「たたき」更新断念。

 だって、溜めていた2週間分ぐらいの「語り」ネタを消費しちゃったのだもの(T-T)。





2004 年 05 月 11 日

一服の清涼剤:
 朝の電車。座ってうとうとしていたら爺さんの怒声で飛び起きた。
 「降りるモンが先やろがっ!。…。…ええ加減にせいっ!!(-"-#)」
 どうやら降りようとしていた杖をついたお爺さんを押しのけるように、車両に乗り込んで来ようとした馬鹿者を、件の爺さんが一喝したらしい。なんて素敵な爺さん。ジジイかくあるべし。

 で、爺さんが降車した後、どんな馬鹿者が乗り込んでくるかと思えば、悪びれもせずに登場したのは、恰幅の良い一目で役職の高さが伺いしれるスーツをぱりっと着こなした50過ぎぐらいのおっさん。ここぞとばかり汚物を見るような視線で眺め回すわし(←やな奴)。何気に社内を見回すと、他の乗客たちもあからさまに冷たい視線浴びせまくり。

 いやね、最近、我先に乗り込んでくるおっさん連中に、辟易…つーか本格的に殺意を抱いているのですよ。おいら。
 おいらが待ち行列先頭の場合は、乗客が降りるまで、背中を押されようがじっと待っているし、降り行列先頭であれば、脇から乗り込んでくるおっさんや若者を肩で「確実に」吹っ飛ばしている。ポイントは鞄を乗り込んでくる奴の側の手に持って、そちらの肩を下げて突っ込む事。
 女性はわりと降車客をちゃんと待つ人が多く、サラリーマンのおっさんに「失礼な輩(…と書いて「人間の屑」と読む)」が多いのは何故だろう。仕事が出来たらそんでええって時代の中で、人間的な何かを失ってしまった、哀れな高度成長期の犠牲者なのか?(←ちょっと綺麗に言ってみた)。

 そんなこんなで朝から遠くへ電車旅行(T-T)。昨夜は眠れず、今朝はいつもより早く起きたため、乗換駅まで爆沈予定が、駅の売店で週アスを購入してしまい、PC新モデルをチェックしているうちに乗換駅到着。う~眠い…。

 一日中打ち合わせを行い、さらに発生した「準クレーム的問い合わせ対応」にて充分な朦朧感を味わった後帰宅なり。

 そういやそろそろ「たたき」更新しないとなぁ…。ちょっと溜めすぎ。






2004 年 05 月 10 日

本日の主な出来事:
  ・民主党管代表辞任
  ・ドリカム吉田美和結婚
  ・Winny作者逮捕
 …まぁはじめの二つはどうでもええっちゃどうでもよくて、最後が問題。午前中にもかかわらず、あっちゅう間にSlashdotのスレッドが延びる延びる。
 ウチの職場でも昼休みはこの話題で持ちきり。とはいえ3名ほどで盛り上がったにすぎないが(^^;;)

 蛮行・愚行…うまい表現が思いつかないが、「誰も止めるだけの理性や判断力を持ち合わせていなかったのか?」と思う。
 かつての雪印の牛肉偽装事件や期限切れ牛乳再リリース事件の際に、TVでしたり顔のコメンテーターや腐れ久米某が、「どうしていけないことだと止める、理性をもった社員がいなかったのか」なんて、ちょー眠たい事を言っていたが、そのままそっくり本件に「再リリース」するのが適当かと。

 あ、もう一つぴったりな表現思いついた。「腹いせに血祭り」

 …書きたいことが山ほどあるんだけど、あまり書くと歯止めが効かなくなりそうなので、ちょっとセーブ。そうでなくても、最近、毒吐きまくりなので、ちょっと落ち着いて、改めて書き直したい>本件。

 昨夜から降り続いたしとしとと降る雨が、朝になっても止まず傘をさして出勤。
 なんだか頭痛がひどく、本日は早く帰宅するつもりだったのだが、クレーム発生につき、現場に飛んだソフト隊長と連絡をとりながら、ちょっぴり残業モード。

 帰りに遅くまでやっている書店に立ち寄り、文庫二冊とUNIX USER購入。書店に並んでいるWinny関連ムックが少し悲しかったり。買っておいたほうがいいかも。絶版の前に。

 晩飯後、内Pを見てから少~しウトウト、自室に退去した後、結局朝方まで起きていたり。





2004 年 05 月 09 日

 相方は法事のため、朝早くから実家に帰省。遅くに目覚めたおいらは、一日中のんたりぼんたり過ごす。

 昨日の話の補足。

 別に、金を払いたくないと駄々をこねているわけじゃない。国経由(ピンハネあり)で我が親に金が渡る…という、いくぶん変則的なルートで実親に金を渡しているのと同じコトだからね。
 親の世代ってば、今までの日本の発展(?)に貢献した世代だし、金払って悠々自適な隠居生活送ってもらって当然でしょ。ご苦労様っつーコトで。
 …もっともサラリーマンなわしなので、逃げられやしないっつーあきらめの境地でもあるけどね。それは否定しないし。

 で、何が言いたいかといえば、「俺達が年金をもらう世代になったら、若い人たち払わないでいいよ。もう。」って事。その金、自分で貯金しときなさいよって事。俺達、「年金給付されなくても生きて行けるように金貯めとくから、お前らもういいよっ。」って。

 若いウチから、「年金生産」を期待されて「社会に」育てられちゃぁかなわんだろーな。と思った次第。





2004 年 05 月 08 日

プロ野球クイズ:
 「なんやー。この解説者。酔ぅてんちゃうか?(W)」
…さて、この解説者は誰?
 (1)川藤幸三
 (2)ムッシュ吉田
 (3)福本豊

 晩飯は久々に回転寿司。腹一杯食って、エビのしっぽを土産に帰宅。

 さてさて最近大騒ぎの年金未払い問題なんだが、ちょっと待ってくれ。年金って何だ?
 恥ずかしながら、未だに訳がわかっておらんというちょっとした困った浦島チャンなわしなのだが、年金というのは

 「国に金をあずけて、幾ばくかの利子とともに、何年かに分割して返してくれるモノ」

じゃないの?(真顔)

 で、預かった国が、運用に失敗しちゃって、「預金者」に対する支払いが出来ないからってんで、

 「おまえら絶対「国」に金を預けろョゴルァ!」

って言ってるっちゅう話ではないの?

 そんで、何が問題かっていうと、

「貯金運用の失敗を棚に上げて、とにかく新規顧客から金を集めないと払えんという日本政府の大失態」

が、いわゆる「年金問題」っつー奴じゃないの?

 …え、違うって?。ソフト○ンクか何かと勘違いしているって?






2004 年 05 月 07 日

私は心が狭い人:
 正直言います。すごく言いにくい事ですが。
 「おじーさん。おばーさん。電車に乗るときは、優先座席のある入り口から乗ってきてください。おねがいです。」
 …だってさぁ。片頭痛でふらふらの時に目の前に年寄りが来たら、普通、無理してでも席を譲るよね。で、見回して、遠くの優先座席によっぱらったリーマンの小デブな親父が夕刊フジ読みながら座っているのを発見した時の脱力感たら。
 折角「優先座席」っていうシステムがあるんですから、それに極力のっかってくださいまし。ユーザーの皆様も是非ともご協力を(T-T)。

 本日は二週に一度の医者の日。やはり金曜日の夕方は人気がある時間帯らしく、前回診察時に予約をとることが出来たのは、ちょっと早めの時間。明るいウチに退社出来るっていいよねぇ。

 ハゲの状態は「いいよねぇ」どころの話ではなく、まぁ順調に第三のハゲが巨大化しつつあり、初号、弐号も回復の兆しなし。若干弐号が領土拡大中。なんだかそろそろとんでもない状態に突入しそうな雰囲気。

 休職するか。(無理無理)





2004 年 05 月 06 日

 久々の出社。

 あいもかわらず、机の上に積んだ書類は片づいておらず、作りかけの書類も出来上がってはいない。(そらそうか)
 もー「帰りた~い」光線を、四方八方にまき散らしつつ、怠惰に仕事を進める。

 定時後はいきなり歓送迎会。先日の記憶喪失事件のこともあり、ビールだけ呑んでカラオケに行って帰宅。
 
 帰宅後、心配してくれた後輩から無事に帰り着いたかどうか電話をもらったり。
 「…普通、心配すんの逆やろ(^^;;)」
 ごもっとも。たよんない先輩でおます(T-T)。





2004 年 05 月 05 日

同世代:
 「な、小林旭に似てるやろ?」
 「あ、ほんまやなぁ」
 今の中学生はアキラを知らんな。たぶん。

 ゴールデンウィークも残すところ本日のみ。結局、旅行もせずに、わしらにしては「引きこもり」に近い状態で、無駄に休みを消費しちまったなぁ…と後悔しつつ、好天に乗じて、かねてからの懸案事項であった、ホットカーペットの撤去など実施。5月にやっと撤去というのもアレなのではあるが(^^;;)

 TVで野球を観戦しながら掃除。一息ついてお茶しつつ、何故か今更ではあるが、相方が後輩から借りてきた「男達の挽歌」を視聴。世間では「ヨン様ヨン様」だっつーのに、我が家では「ユン様」だし。

 このシリーズ、初めて見たのだけれど、主人公ってチョウ・ユンファじゃないのね。ちょっとびっくり。見始めてしばらくは、ティ・ロンって単なる禿げたおっさんだなぁ…と思っていたのに、時間が経つにつれ、とてつもなく格好良く見えてくるから摩訶不思議。ヤバイ。嵌った。(^^;;)

 さらに続けて「男達の挽歌2」を晩飯食いながら視聴。パート2になると、何故か「ハングマンの偽物」っぽくなっちまい、面白さも今一つ。
 結局連休最終日のうららかな一日を、ほぼテレビっ子状態(それも結構バイオレンス)で過ごしちまった(^^;;)

 …結局、ハゲ治らんかったなぁ…。まぁ、治るとも思ってなかったけどさ。






2004 年 05 月 04 日

 強くなったり弱くなったり、一定しない雨足。あーもー鬱陶しい(TT)。

 本日は朝から電車に乗って、学生時代の友人宅に嫁子供交えて総勢12名で集結。昼過ぎから肉を焼き始め、呑んで食っての宴会開始。

 男って奴ぁ、どーして歳をくったら政治を語りたくなるのだろうねぇ。政治と宗教にゃ興味がない…というか、どーでもええっつーリベラルな(ぷぷ)わしとしては、その手の話は本日の雨以上に鬱陶しいため、ちょっくら避けて通りたいネタなんだが、ツレの一人がそーゆーのが好きで、一人気炎を上げる連休の午後。子連れのツレなんか話聞いてない聞いてない(^^;;)。

 そんなこんなをだらだらとしゃべりながら昼飯宴会が晩飯宴会に突入し、そこそこよろしい時間に帰宅。






2004 年 05 月 03 日

「すぽると」を見てコンマ5秒でツッこんだコト:
 「内田前ガミ切りすぎ(T-T)」

 夕方から、相方は散髪に出かけ、おいらは一人でごろごろ。一人の休日を十分に満喫なり。






2004 年 05 月 02 日

京都北山のおしゃれなカフェでお茶しているおばはんに対して:
 「ケッ。セレブ気取り野郎がよぉ~」
 …間違ってます。おばはんだから「野郎」ぢゃないです。(^^;;)

 午後から京都北山方面へ散歩に。京都駅から地下鉄に乗って北大路で下車し、一休さんや千利休でおなじみの大徳寺へぷらぷらと歩く。

 「坊主の商魂」という、まさに見事なまでに確立されたビジネスモデルを体験(拝観料払って寺を見学し、説明を受けたって事)し、そのまま北山通まで出て北山駅方面に向かって散歩続行。

 道中、バブル崩壊の名残…何件かの廃墟、廃テナントを見るにつけ、「盛者必衰」だの「諸行無常」だの「切腹」だのっつー単語が浮かんでくるのは、やはり京都だからか?(^^;;)。

 お茶したり、雑貨店を覗いたり、ペットホテルの軒先につながれた人様のペットをかまったりしているうちに、日ぐれが近づいたため、鴨川べりを南下して、一周終了。ここ暫くあまり歩いていなかったため、軽くバテ気味。さらに空腹なり~。

 帰りは京都駅で下車し、某ラーメンの本店でやたら汁の色が濃いラーメンを食って帰宅。若干胃もたれ気味で帰宅。いやぁよく歩いた。






 | HOME |  »

Calendar

« | 2004-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。