かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 年 09 月 30 日

 すこぉし肌寒い。台風が過ぎてから、初秋のリビジョンが0.1ほど上がった感じ。電車の中では秋物を着ている人もちらほら。今週末は衣替えしないと。上着着るには早いけど、そろそろ長袖シャツが欲しいところ。
 秋ファッションの女性も増えつつあるけど、ブーツはちょっと早いんじゃないかなぁ。見ててちと暑苦しい(^^;)

 会社では作り物の作業と整理。その他諸々。「ソフトウェアの管理をきっちりしなさい」って話が来て、結局「ソフトウェア管理者」に指名されることに。まわってきた資料を見ると「ソフトの持ち込み禁止。ソフトの監視やります~」などなど、心躍る文面がキラリ。
 まぁ言っている事は間違ってはいないのだけど、実際「鬱陶しい」ってのが本音。こーゆーのはまじめにやればやるほど損をするということが見えているだけに、考え物だなぁ…と思う。

 会社の生活環境をFreeBSDにしてみようかなぁ。問題あるかなぁ。(ありまくりだって)。






スポンサーサイト

2004 年 09 月 29 日

 大雨。しかし電車は動いており、ズボンをびしょびしょにしながら普通に出勤。

 前回の台風時と同様、総務からのお知らせは「定時までしっかり働いて気をつけて帰れ」。つか、台風も、来るなら朝から来いってば。結局少し居残ってごしょごしょ。

 後から帰ってきた相方の職場でも「とっとと帰れ」指令が出たのだが、無論月末の事、完全シカトで普通に残業していたら、部長が「頼むから帰れ」とわざわざお願いしに来たらしい。
 「そう言うて、部長、先に帰りよったけどな(--#)」
 組織管理職って難しいな(^^;;)。






2004 年 09 月 28 日

 午前中は新規マシンの設定の面倒をみたり、トラブルシューティングをしたりで、あっという間に過ぎてしまった。

 夕方からまたラックの組立。今日のラックは机半分サイズの大物が二つ。今日は空調の利いている時間内での作業なので、汗の量は少ないかと思いきや、開始5分で首周りびしょびしょ。ネクタイ外してドライバーの人となる。
 どうにか組立終わり、空きスペースをつくって仮設。ラック周りの電源工事が来月半ばなので、本設するわけにも機器を収納するわけにもいかず、中途半端だが、空きのままで放置することに。

 「アットホームダッド」スペシャルを追っかけ再生しながら晩飯。先日までの「峰島さんぶり」とはうって変わった「山村さんぶり」に、阿部ちゃんすっかり役者になったなぁ…と。たまに凶悪な表情になった時に、峰島化するのがちょいとおもしろかった。

 深夜TV放送を見ていると、近畿各地、南の方から順番に気象警報が出はじめた。うまくいけば明日は休みになるかも…。(期待薄)






2004 年 09 月 27 日

 さすが台風が近づいているだけあって、朝から大雨。気温も急に下がり、半袖では肌寒い。

 本日は人事異動に伴う大規模な席替えを敢行。思った通り、異動先からサーバが見えなくなる人続出。完全に通常業務の手を止めて、対応に走り回る。
 今一つWindowsNetworkをちゃんとわかっていないので、何が悪いのだかよくわからんまま、いろいろなケースをほぼ総当たりの勢いで試行してみたり。ずーっといらいらしっぱなし。

 ほぼ問題を沈静化して、まとめを関係者にMailしたらもう夕方。やろうと思っていた新規購入PCラックの組立を始めたのが定時後。空調が止まり、汗びとびとになりながらラックの組立をやってると、ちょっとストレス解消できるってのは、日頃脂汗しかかかないからでしょーか。

 夜には雨も止み、六角レンチの回し過ぎでおかしくなった手首をさすりながら帰宅。





2004 年 09 月 26 日

 午後まわってから、「秋の北摂ドライブパート2」を敢行。今回は以前から気になっていた「日本最小の動物園」がある五月山公園に行こうと、「駐車場で車に乗ってから」決定。

 道に迷ったり道中が混雑していたりで、現地到着は夕方。件の動物園(無料)に入った時には、すでに17:00を幾分過ぎており、「小一時間しか無いけれど大丈夫かな」と心配しているうちに、すべて見学し終えてしまった。所要時間15分(^^;)。

 メインはウォンバットなんだけれど、日本のウォンバットも、本場のウォンバットと変わらず、おおきなおしりを揺らしながら、厩舎前の雑草の中を、のたのた気ままに動いていましたよ。

 ちょっと遅い時間だったのだが、明日の出社前に旬のネタは押さえておかねば…ということで、深夜、昨日録画していた原点回帰なK-1を視聴。
 曙…噂以上にすさまじい円形脱毛であったなぁ。やっぱりセフォーはすごいなぁ。近頃になくおもしろい試合の数々であった。曙を除いては(T^T) 。
 
 そろそろやめておけよ>曙。見ていて辛いぞ(TT)。






2004 年 09 月 25 日

神の左手 悪魔の右手:
 惰眠をむさぼっていた相方、窓越しに聞こえる女児の大声で起こされたらしい。
 「ばいばい~ 鶏肉~~~
 …はぁ?鶏肉て…
 何度も女の子は
 「ばいばい 鶏肉~
 と繰り返していたが、明らかに違う子供の声で
 「…おう ばいばい」
 と返事があったらしい。
 「…鶏肉の正体は最後までわからへんかった…」
 との事。
 やだなぁ。首から上がニワトリの子が返事してたら。「血管浮いた手羽似」だともひとつイヤ(TT)。

 一日だらだらと過ごし、TVをぼーっと見続けて深夜に至る。K-1は録画。最近とみにHDDレコーダーの使用率が高いわしら。コマーシャルがとばせるし、格闘技関係なら前振りもカットできるので、いらちなわしらにはぴったり。





2004 年 09 月 24 日

 職場の送別会。

 一次会で帰宅し、途中でたこ焼きを購入し、自宅で相方と飲み直し。そのままずるずると深夜まで宴会なり。
 …どうせなら送別会の二次会に行っときゃよかった(^^;;)





2004 年 09 月 23 日

 今日は祭日:
 「こんな飛び石、このくそ忙しい上期末にゃ必要ないって!」
…実はおいちゃんも同感。9月は特に休みいらんから、10月の後半ぐらいをダイナミックな連休にしていただきたいな。

 で、その折角の休みであるが、天候がイマイチ優れなかったので、一日中自宅で過ごすことに。

 会社で今更ながら、Visioを使った作図を頻繁に行うようになったので、コッソリ練習がてら、「でかい書棚導入検討用」に自室の図面を作ってみた。
 単純な操作の繰り返しのはずが、えらくハマリポイントが多く、ちょっと油断していると、各オブジェクトが変な連結しまくりやがるわ、マウスを「びゅっ」っとさわっただけで、やってない幾つかの操作をやったことになっちゃうわ、「これバグちゃうの?」の嵐(TT)。
 いらいらしながら変なオペレーションをやっているうちに、ビンボー揺すりが止まらなくなり、シャツは脂っこい汗でべしょべしょ。やっぱ俺には向かない。Visio(--#)。

 もっとも使ったバージョンがちょっと古いんで、新しいバージョンでは、きっと相当改善されていると思うのだけれど、出来れば今後、極力お付き合いしたくないソフトだな。

 さて、先日紹介した読売新聞社説。本日は「プロ野球再生に前向きの論議を」…あきらかに前回に比べてトーンダウン。逆にNBPをじわっと攻撃してみたりで、かなり日和見っていうか卑怯者を地でいってる感じ。

 ぶっちゃけ社説とか天声人語(これは朝日か)とか、「新聞というもの」に必要なんかなぁ…と思う。編集者の考えや感想なんて所詮個人のモノだし、それが社説なり紙面に掲載されることにより、「その会社の考え」として、読者に受取られてしまうのって、会社としてはOKなんやろか?まぁ、ただでさえ、各記事についても、記者なり編集者なりの視点や想いで少なからず「膨らんで」「曲がって」「間違って」いることがあるし、そのバイアスが「その会社のカラー」になってしまっているのだけれども。

 新聞は、「事実を出来るだけ正確に伝える」という、本来の業務に注力すべきではないか。歪んだり曲がったり膨らませたり思いのたけを述べたりという、「事実の拡張」は、今の世の中、2chやBrogに「おまかせ」してしまえばよい。Netには、新聞社が抱えている編集者や記者の何倍ものコラムニストが存在するのだから。
 情報発信者過剰な現代における、新聞のあり方について、各新聞社は、もう一度「新聞とは何か?」から考え直すべきではないか。

 …などと、下手な社説風にしめてみました(^^;;)。うーん。こんな感じで「個人の意見」の一般化をしてしまえば、若干の良心の呵責を気にしなければ、楽ちんに文章書けるなぁ。





2004 年 09 月 22 日

 鬱陶しい天気なり。

 午後から外出しての打ち合わせ。帰りに相方と待ち合わせて、晩飯を食いに行った。当初はラーメンの予定だったのだが、どこぞからGetしてきたホットペッパーをめくっていた相方「串カツ食いたい~」という、胃液臭い叫びにより、遅い時間にもかかわらず駅ビルの高級串カツ店へ。こんな時間に油モノを食うと、確実にもたれると思うのだけど…(^^;;)

 腹いっぱい食って、大枚を支払い帰宅の途につく。電車では座れたので、二人並んで軽くイビキをかくほど爆沈。あとは夢うつつで帰宅なり。





2004 年 09 月 21 日

 お、最近まともに日記っぽいぞ>更新頻度。ま、若干ゴマカシもあるけど、それはまぁおいといて…(^^;;)。

 朝っぱらからご機嫌ななめなワシ。休み前に上司に提出しておいた「異動に伴う設備環境構築(ネットワーク線・電源線の敷設と什器類の設置・撤去)案」が、総務にケッチンをくらったのがナナメの原因。我が案は「空きデスクを廃棄して、そこに70cm高のラックを設置」というものだっだのだが、「机を捨てちゃいかーん(理由:次のレイアウト変更のときに買わなければならないから)」だと。限られたスペースに山のようにサーバを置かねばならんつーのに、どないせぇっちゅうねん。
 しょうがないから、「オフィスフロアのど真ん中に、2mのJISラックを建ててもよろしいか?」と上司に問えば、上司にやりと笑って「やってみ、それしかなければしゃぁないやろ」。…止めないし(--;;)

 まぁ、既存のデスク下に収まるラックを探して、あっちこっちに分散配置することにしたのだけれど、総務とウチの仲介に入った総務の爺様の所為で、伝言ゲームがおかしなことになっているのが判明。即、総務若手と交渉して、妥当な策に着地。顧客打ち合わせより或る意味ヘビーかも。

 /.に面白い記事があった。「HDDレコーダーがspamの踏み台にされる」だそうで、HDDレコーダのWeb機能に、外部から直接アクセス出来るような設定にしていた場合、「コメントスパム」に使われるよぉ~という話。スレッド、リンクを追いかけているうちに、なんか妙な感覚に陥った。スパマーに対してではなくって、「外部から直接HDDレコーダーにアクセス出来るようなネットワーク設定をしているユーザ」に…である。変なデジャビュ…。「え~それって問題ある筈なのに、なんで無邪気にそゆこと出来るの??」って感じ…。

 あっ!そうだ。2chで初めてアスキーアートを見たときの感覚だわ!。「半角カナって…え~~?」みたいな。

 ………若いヒト達はこんな感覚わかんないだろうなぁ。おぢさんだからなんかなぁ…。





2004 年 09 月 20 日

 読売の悪口書いたら罰があたったらしい:
 Jornadaどころかプリンターまでおかしくなりましたよ(TT)。紙送りしてくんないし。ここに来て、おいらが小銭で買ったモノがぼろぼろと壊れ始めているなぁ…。とほほ。

 昨日に引き続き夏日。夕方から今話題の北摂方面にドライブに出かけた。話題といっても、最近書店で北摂版のフードスポットなムックを、よく見かけるだけのこと。なんでも北摂には美味しいご飯のお店が結構あるらしい。
 わしらの知っている北摂のスポットと言えば、摂津峡ぐらい。本日は件のガイドブックすら持たず、「まぁ美味しそうな喫茶店でもあれば寄るべさ」と、摂津峡方面目掛け、いつもどおりの行き当たりばったり放浪ドライブ開始。

 摂津峡に来たのはよいが、大枚1000円払って指定駐車場に車をとめて、周辺徒歩散策ってのも、気分的に今ひとつ乗らない。で、摂津峡を越えて関西大学前を抜け、どこまでも行ったらどうなるか…すなわち「ぶらり林道の旅」に趣旨変更なり。
まだ若いイガ坊主
 走り始めて10分ほどは、まだ普通の舗装林道なんだけれど、しばらくたつと、頼りない舗装も途切れてしまい、あとは車一台通れるかどうかの細い砂利道。周囲は鬱蒼と茂った杉林。花粉の季節には地獄スポットに変わること請け合い。
 落ち葉の積もったカーブを、滑りながら回れば、路肩から転落して放置されている車があったりで、気分はエクスプローラー。

 くねくねと細い道を走っていると、車の前を茶色い大きな鹿が二頭、元気に横切っていった。大阪府下で野生の鹿にお目にかかるとは…相当な僻地にきてしまったらしい。残念ながら一瞬の事ゆえ、写真を撮っている暇もなく、相方に至っては、完全に余所見をしていて、野生鹿の華麗なジャンプを見逃してやんの。

 暫く走って少し広い路肩に車を停めて休憩。さすがにクラッチとアクセルの微妙なコントロールで、つま先が吊りそうである。道端には栗の木が数本。イガはまだ緑で、熟するまであと半月ほどかかりそう。「…道、おぼえてる?」って聞かれても、一本道だし…。でも、できれば勘弁願いたいなぁ。>車壊れそうだし(TT)

 なんとか山を抜け、府道にたどり着いた。出口を振り返ると「一般車両立ち入りご遠慮ください」の表札。うーむ。どおりで対向車に一切出会わなかったはずだわ。

 ちょっとした「WRCイン高槻奥地」でありました。オフロード車…バイクがまた欲しくなりましたですよ(^-^)。





2004 年 09 月 19 日

 ちょっとまぁ「9月19日付・読売社説(1)」と「9月18日付・読売社説(1)」を読んでみてやってくだせぇ。

 これが「(自称)世界一の発行部数を誇る大新聞の社説」として紙面に掲載されているなんてー事実に、おとーちゃんは心底たまげましたよ。

 たとえば、一般企業の社内ネットワークで、月一度全員に配信される「会長からのメッセージ」末尾の、「社員の意見や感想を待ってます」といった一文を真に受けた馬鹿親父が、休日に自宅キッチン片隅で、嫁のノートブックをつかってこさえたお追従臭プンプンのWORDドキュメントならまだ解る。ところが、リンク先の文章は、社説なのである。大新聞の。読売新聞の購読者は、この文章コミで新聞代を払っているのである。

 読売新聞の読者層に興味が無いので、購読者がどの程度の社会的ランクの人間かは知らない。無論、今回の球団合併やストライキに対して、経営者的な視点から眉をひそめたり、「高い年俸もろとんのに何抜かしてけつかんねん」と反感を持つ読者も居ると思う。いろんな考え方を持つヒトが居て、そのいろんなヒトが読売新聞を開くわけである。そこでこの社説である。「選手けしからん」である。ファンの声・姿を借りた会長へのお追従である。とてもとてもとても卑怯な書き様である。これが紙面にばばばーんである。書いた奴、載せることを決めた奴、載せた奴、読んで喜んだ奴、みんなひっくるめてオカシイとしか言いようが無い。誰か止める奴おらんかったんかい。

 書き様あるやろと。文章のプロが金を貰って販売している新聞に、会社の看板を背負った社説に、こんな糞文垂れ流しておいて、さらに恥ずかしげもなくThe
Netにまで開陳してしまうこの新聞社の品性を疑うよ。俺は。

 ま、読売新聞なんて、この先一生購読せんし、俺の人生には全く関係ないんだけどね。
# 「何を言う! 一週間に一度しか(略)(byブライトさん)」←今週二度目の登場(TT)





2004 年 09 月 18 日

 集金にやってきた大家さんに起こされたが、「まだ9:30かぁ…もうちょっとだけ…」とベッドに倒れ込んで、16:00近くまで爆沈。

 目覚めてみれば、たばこ臭+酒臭+加齢臭で、部屋の空気は毒ガスもかくや…といったありさま。窓を全開にして、空気を入れ替え、酸欠の金魚のように口をぱくぱく。危うく中毒症状起こして死ぬところであった。

 相方も二日酔いでぐだーっとしており、もう今日は外出しない宣言。おいらは、昨日急にすねてしまったJornadaが、何かのはずみで復活せんものかと、CFはずしてフルリセットしてみたり。ところが状況は一向に改善せず、やっぱりキーボードが無反応。物理的に「切れて」いるか、「外れて」いるか「壊れて」いる様子である。すなわち重症(TT)
 キーボードを外そうにもトルクスレンチをもっていないもので、精密ドライバーの+でなんとか…とがんばってみたが、ネジが堅く、ネジ山を舐めてしまいそうなので、分解は断念。

 そのかわり、外したCFをTELIOSに取り付け、WZ関連アプリの設定をごしゃごしゃいじくり、なんとかメールやメモなど、日頃使いそうな環境だけはTELIOS上に再構築。画面が広くなった分、ある意味使いやすいのだけれど、電車の中で、「たたき」を書くには目立ち過ぎるよなぁ。

 暫くこの環境で我慢するしかないのだけれど、この際もう一台中古でキープしておくべきかも…。でもこないだ鞄買ったから、すさまじくオケラなんだよなぁ…(TT)






2004 年 09 月 17 日

 本日は有給休暇。天気が良すぎて洗濯機を二回もまわす。

 夕方から病院に行き、山のように薬を持って帰宅。医者曰く、「投薬と塗布を継続」確かに生えてきていることは生えてきているのだけど、ぼろぼろとすさまじく抜けているような気がするのですが…(T-T)

 今夜は相方がらみの友人と飲み会があり、梅田方面に出撃しなきゃいけないのだけども、そのまえにメールチェックをしておこうとJornadaを起動したところ、キーボードが無反応。ソフトリセットを何度か試みるも、やっぱり無反応。これではパスワードの入力が出来ないために、何の操作も出来ない。出発時刻が迫ってきたので、いったん放置。

 20:00過ぎに遅れて店に行き、そっから飲み倒し。二次会の焼酎バーを経て、三次会のカラオケに入った時点でもうすでに1:00を回っていた。相方はあえなくダウンでソファにごろっと横になって爆沈。4:00過ぎに解散し、タクシーに乗って帰宅。





2004 年 09 月 16 日

 どーもここ数日眠りが浅いのか、ふらふらとする。この間の地震がキッカケで、精神が常時緊張しているからかもしれない。

 昨夜、帰宅途中に急に足がもつれて「うわ!ひょっとしてでけー地震?」と身構えたら、周囲の人は普通に歩いていたり、今日は会社の喫煙コーナーでタバコを吸っている最中に、急に視界が斜めにスライスされたような感覚(う~表現難しい)に陥ったり。

 それに最近、急に猛烈な眠気に襲われる率が高くなっているような「気がする」。無論、事実上「毎日が睡眠不足」なんだけども、それにしても「急に眠気が加速度的に…」というシチュエーションが多すぎ。
 

 …ひょっとして、秋だから?確かに食欲も以前にも増して旺盛だし…(^^;;)






2004 年 09 月 15 日

 今日も良い天気。青い空の遠くの方を飛行中の飛行機が、やけにくっきりはっきりと見える。
 …などと、毎度毎度天気の話題から入る私でありますが、「日付(曜日)の横に、アイコンで天気入れておきゃええやんか~」と自問したことも無いではない。ところが、人間の習性とは恐ろしいモノで、天気の話から始めないと、どーにもおさまりが悪いっつーか、なんか変な物足りなさを感じてしまうのであります。天気まわりの話を書いているうちに、「あ、そうだ。今日はこんなネタが…」と(たまに)思い出したりもするわけで。「えー…日記…めんどくさいなぁ…」と、折角のbrogが三日坊主になっちまいがちなアナタ!。一度天気から入ってみてはいかがでしょーか(^-^)
 
# 「何を言う! 一週間に一度しか更新しない奴が何を言う!(byブライトさん)」

 で、本日は念願のTUMI購入。前回はコンピューターブリーフを購入したのだけど、あまりの使いにくさに懲りて、今回は普通のブリーフケースタイプである。
 最新のTUMIは以前購入した物に比べて、かなりの工夫と進化が見られる。細かなところだが、肩ベルトの留め具とか、外ポケットの左右比率とか、小さいポケットの内部防水+湿気抜きとか、その他諸々。こういう、「人気に溺れず向上する姿勢を持った高級品」ってのはいいよね。それが、日常生活で使うモノならなおさら。

 ただしやっぱり値段的なインパクトはでかく、今月まだ後半分(連休含む)あるのに、オケラ決定(T-T)。





2004 年 09 月 14 日

 秋晴れとはこんな空のコトを言うのだなぁ…と思わせるええ天気である。

 9月は3月と並んで、毎度おなじみ「組織変更月間」である。なんちゃってシステム管理者は、立場的にまだぺーぺーであるので、間際になるまで異動の詳細を教えてもらえない。今回の異動では、サーバ関係を設置していたスペースに、(来なくても良い)別の課が入るため、既存机環境を整理しつつ、什器の購入やレイアウトまで考えなければならない。それも至急。
 前もって一言相談してくれりゃ、ちょっとづつでもいろんなコトをやっておくのだけども、こんなに急に言われても…とぶつくさ言いながら、メジャー片手にいろんなモノを計測しまくってみたり。

 日頃何かと忙しく、不運と不遇が服を着て歩いているような魚座の同僚が、「今夜は甲子園で阪神VS中日観戦~」といそいそと撤収。残業中にYahooをチェックしてみたところ、「阪神3点中日を0封中」。虎派な彼は、さぞや良い顔をして紙コップのビールをくいくい飲んでいることであろう…なんて思っていたのだが、帰る間際にチェックしてみると、9回3ランで同点に。最寄りの駅まで戻ったところで、携帯サイトをみてみると、安藤が打たれて逆転負け(T-T)。

 うーむ…明日の朝、このネタを振ってもよいものか…(^^;;)





2004 年 09 月 13 日

 朝の電車内のおばちゃんの会話:
 「…でねーあの人ったらいつまでもしゃべるんや。」
 「ほんとにー」
 「もぉーね。ずーっとよ。ずーっと。それでねぇ…」
 ずっとしゃべり続けてるのはアンタですから!(-"-#)


 先週末にて、愛鞄TUMIが完全崩壊してしまった。半年ぐらい前に、ショルダーベルトの取り付け部付近のほつれが目立ちはじめ、そのうち小さな穴が開いてしまった。穴はその後ちまちまと成長を続けていたのだけれど、先週の「8kg豚鞄攻撃」により完全崩壊。件の小穴が指三本ぐらいに裂けてしまった。

 会社近所にあるショップのTUMIが安いので、帰りに立ち寄って二代目を購入予定だったが、あわてて行ったにもかかわらず閉店時間。残念ながら購入はまたの機会に。折角ため込んでいた精算旅費を全額引き下ろしたのに。やばい。i-podに消えそうな予感…(^^;;)
 まぁねぇ。考えようによっちゃ紙袋でもええんやけどね。>会社用鞄なんて。





2004 年 09 月 12 日

 プライド:
 本日の伊太利亜GPにおけるシューマッハ。初回スピンで15位から、終わってみれば2位(実質1位)の激走ぶりに、「俺は元気だ。マシンも壊れちゃいない。何を怖気づく事がある?目の前に何台いようが関係ない。走るんだ。勝つんだ。俺は帝王だ!」という気迫をひしひしと感じた。
 ちょっとぐらい躓いても、心が全く折れた様子が無い。それどころか、逆に何時にも増した迫力満点の走行である。あれが、帝王のプライドなのだろうか。久々にF1を見て、なにかこう、アツくぐ~っと上がってくるものを感じた次第。

 ちょっと涼しくなってきた。さすがに9月も半ばともなれば、秋の風である。
 ウチのマンションは古い間取りなので、全ての窓を網戸にしてドアを開放すれば、家の中を心地よい風が通り過ぎる。丁度風の死角に入って汗だくになりながら、昨日に引き続き、机周りの整理パート2。

 おいらの「パソコンデスク」はエレクターで組んでおり、ディスプレイ段の下部には、空き箱やパーツ箱の類を詰め込んである。そこに、相当前からでかい木箱が存在しているのだが、それを置いた本人、中身に何が入っているのか全くもって忘れてしまっている。
 今日改めて中身を見てみると、これがまたどーでもいいような文房具の類…ノートだとかクリアフォルダとか封筒とか…がどっちゃり入っていた。…使わんやろ。ウチでわ。さらに、10mのEthernetケーブルまで発掘。何故ある?こんなの(^^;;)

 文房具は会社に持っていき、業務に役立てることにして、かわりに昨日発掘した小箱類を詰め込み(だから捨てろって)元のようにセッティング。これであっちこっちに若干の余裕が生まれ、年内はなんとかしのげそうである。

 ちなみに、HDDがぶっこわれた中古マシンを一台入手出来るかもしれないのだが、置き場、どうしよう…。(T-T)






2004 年 09 月 11 日

 うーむ…なんぼ眠っても眠いねぇ…。

 そんなに「困った」情報が入ってこないので、WindowsXPのSP2当てにチャレンジ。
 いつにも増してADSLの調子が悪く、ぶっちんぶっちん切れながら、結構な時間をかけてなんとか完了。メーラやブラウザ関係、東風荘やチャットなど、懸念していた常用アプリ連中は問題なく動作。
 ただ、CEなTeliosからターミナルが一瞬つながんなくなったのだけど、ターミナルサーバ側の設定を一からやり直して、もう一度サーバ側を再起動すると、接続出来るようになり一安心。

 夜中、やおら書棚の整理など始めてみた。なにしろ、デスク背後の書棚に、ここ数ヶ月分の雑誌が縦に入らず、強引に「縦積み」の上の隙間に「横積み」で押し込まれている状態。
 大きな地震が発生したら、後頭部へ書棚ごと崩落&&昇天間違い無し。それはそれで本望ではあるが、見た目がやたら暑苦しいのであっちゃの本をこっちゃへ、こっちゃの本をあっちゃへ…と場当たり的に移動を開始。
 てなことをやっていると、HUBだのパーツだのカードだの、今まで上手い具合に押し込まれていた小箱類が、今度は収まらなくなってしまった。どうやら、抜本的な改革が必要だと思われ、新たな打ち手を検討の上、後日、改めて整理することに。(←ありていに言えば、どうしようもなくって途中で止めちゃったという事)
 
 …ていうか、捨てろよ>小箱(^^;;)






2004 年 09 月 10 日

顧客からの興味深い情報:
 だいたいにおいて、某顧客との電話トークは「仕事の話→雑談→仕事の話→雑談→この電話の仕事部分についての趣旨確認」というシーケンスである。この雑談ちうのが、かなりアレゲな内容であり、興味深い(+1)な話題が多い。先日教えてもらったのは「 Harf Life SpecialなPC」。…いやぁ素敵。俺も「何かエディション」作ってみるかな。初号機(改)のケースなら惜しくないし。

 本日は朝早くに起床。電車を乗り継いで、とてもとても遠い顧客のトコロで調査業務なり。
 どのくらい遠いかっていうと、滝のように海の水が落ちているところから、こわごわ下をのぞき込むと、大地を支えている象の鼻の先ナメで、も一つ下の大亀の後頭部が見えるくらいの最果ての地である。長時間の遠征につき、当然のコトながら道中爆沈。自分のイビキで目が覚めるほど深く眠った。

 あまりよろしくない天候に加えて寝起きの為、重ぉい頭を折り畳み傘に隠しつつ、強烈な雨の中、客先へ。

 そっから丸一日、スーパー拉致監禁状態。昨日の客先のように、四方壁のコンピュータールームではなく、小窓が開いているぶんだけ気分的には若干マシではあるが、やはり待ち時間がやたら多いのが辛い。
 何か内職をすれば良いのだけど、エモノはJorのみ。昨日大活躍していたThinkPad235は、今日は自宅でお留守番。だって、昨日の持ち歩き後、腰痛再燃してるんだもん(T-T)。昨夜帰宅後、スーパー豚状態の鞄を体重計に乗せてみたところ、8kgありましたよ。そら、天下のTUMIバッグも崩壊寸前なわけだわ。こんだけ詰め込んで肩からぶら下げてると(T-T)

 そろそろ本気で鞄を買わないとなぁ。TUMIの新モデルにするか、IBMのバッグにするか。悩むなぁ~。






2004 年 09 月 09 日

 妙にええ天気やがね(何故か名古屋風)。何故に俺が「たまの計画的有給休暇」で休むと台風と地震が来て、相方が有給休暇をとったら、こんな晴天になるのか。何故だ。「坊やだか(略)」

 電車を乗り継いで、某顧客のところへ行き、ネットワークに(ここぞという時に出撃する永遠の名機)Thinkpad235をつっこんで、EtherRealでログ取りまくりな午後。別の都市にあるビルに後輩が行き、回線の両端で接続変更やルータ、モデムの設定を変更しながら、お互いため息をつきながらログをにらみつつ夜半まで過ごす。

 んなコトやってると、相方@自宅からクレームの電話。
 「あんた、昨日お米そのまんまやろ(--#)」

 …そういや昨日、米を炊こうと米櫃の「1合スイッチ」を二回押して、「受けトレー」に米を落としたところで相方から「今日はなんか買って帰るから飯炊かなくてええぇ~」コールがかかってきて………今まで完全に忘れとった!

 「さらにその上に3合落として洗米しながらおかしーなーと思ってん」
 「ありゃま」
 「うちのお釜、5合炊かれへんで。どないすんねやー(`へ'#)」

 顧客コンピュータールームでケーブルにまみれながら、説教くらうわし。なんて悲しい(T-T)…つか、見たらわかるやろ > 3合と5合の違いぐらい(T-T)<ここで愚痴るわし<さらに悲しい(T-T)

 遅くに帰宅したら晩飯は「大盛りキムチチャーハン」。なんでも、「さらに追加でタッパーに入った冷や飯を冷蔵庫から発見(ToT)」したんだと。
 …今夜のウチ、おこめいっぱい。






2004 年 09 月 08 日

 なーんか一日中微震を感じるのは若干ノイローゼ気味なのかしら…と心配な昨今。ちょっと「ぐらっ」と揺れるたびに、江口寿司描くところのキャラクターよろしく、横っ飛びに「びくぅっっ!」っと吹っ飛ぶ私である。Hi-netを見てみると、見事なまでに「例のポイント」で小さな地震おこりたくりである。その都度「びくぅっっ!」である。こんな状態では、円形脱毛によい訳がない。

 会社でも、ふとっちょが歩く度にフリーアクセスが揺れるので、そのたびに妙なストレスを感じてしまい、大した仕事もしていないわりに、極度に消耗。禿も痒くなってきた(←抜け毛の兆候)ことだし、育毛の為に早めの退散。

 相方相方で、会社で大はまりしたらしく、夜「飯は炊かなくてよい~何か買って帰る~」のMailの後、かなり遅くに白いビニール袋をぶら下げて帰宅。ビールやチューハイなど飲みながら、買ってきた唐揚げをつまみ、締めにお茶漬けを喰らう駄目夫婦なり。

 食って呑んでTVを見ているウチにごろ寝をしてしまい、結局就寝は深夜。俺は相方が帰ってくる前にやってた雑務を片づけて…と思っていたら、なかなか終われなくなってしまい、ふと窓の外を見たら明るい状態。うーむ。こらー明日も眠いぞな…(T-T)。






2004 年 09 月 07 日

 風台風(かぜたいふう)が通り過ぎたあとって蒸し暑いよねぇ(TT)。

 本日は計画取得的な有給休暇。とーりあえず遅寝をする予定だったのだが、8:30ごろ地震により乱暴に起こされた。
 さらに18号の低気圧の影響をもろにくらって頭痛がもーヒドイってんで、もっかい眠ることに決定。

 粘っこい汗にまみれて夕方近くに起床。本日やりたい事をメモにリストアップしていたのに、これではただの病欠である。(TT)

 ちょっとぐらいは何か建設的な事をやらねば…と思いつつ、気が付けば先日インストールした自宅BSDにKDEインストールしてたり。違うって、それ、リストに載ってないってばよぉ…(T0T)

 さらに錯乱気味な私、例のBootMenuをgifイメージでアプローチしてみました。


BootMenu

 …どうやってもイマイチ。フォントに難があるなぁ…。

 結局、なんもかんも中途半端に終了。さらに蒸し暑いし…。まったくもって、駄目な一日でありました。

 …とか言いながら安心してると、3:30に地震だし…。急ぎどこよりも情報が早い2chをチェックしているわしがいたり(T^T)
 今夜も眠れんのか?





2004 年 09 月 06 日

 昨夜は地震のせいで気がたかぶってしまった上、「5:00前に本震が起きる」なんてデマが、The Netで流れたりで、朝方5:00過ぎまで眠れず。とぉても寝不足。

 出社したらば出社したで、顧客システムの他メーカー部分に障害が発生しており、弊社担当システムの問題の有無や、他メーカーの調査進捗今後の予定などをリサーチしたりでどたばた。

 んな事をしながら、EtherRealのログを睨んでみたりしていると、時折ぐらぐらとフロアが揺れる。みんな何も気がついていないようで、どうもナーバスになってるのはおいら一人みたい。はぁ…阪神大震災のトラウマだなぁ…なんて思っていると「ぐらっ」「ぐらっ」とフロアの床が揺れた。びくっとしながら顔をあげると、単に急ぎ足の巨漢が、早足で近所を通りすぎていっただけ。走るなっ!!まぎらわしい(T-T)

 ちょっと早めに会社を辞して、そのまま帰宅。今夜は内Pも無いし、早めに眠るとするか。
 …あ、もう4:00前だし(ToT)





2004 年 09 月 05 日

 午後から電車で東急ハンズまで。そう、「ハンズメッセ」の季節なのだ。あまり広くもない売り場はごったがえしており、ワゴンでは、どこかの百均やホームセンターで、安く売っているような代物が、バーゲンの名の下、そこそこの値段で売られている摩訶不思議。 無論、ハンズならではのモノもあるのだけど、そーゆーのはあまり「今必要」ではないのだな。

 ふと、相方を見ると、「油漉し器」が入ったハンズ袋を下げていたり。つか、それこそホームセンターで買えるるやろ。もっと安いのが…(^^;;)

 買い物を終えて最寄りの駅まで戻ると、天地を裂くような雷鳴とともに、当たれば痛そうな大粒の激しい雨。ショッピングセンターの軒下であまやどりをしていると、なんかふらふらする。いかん。ひさびさに人混みに出て、人当たりしたかな…と思ったら、周囲の人々も怪訝な表情。げ、地震だ。結構でかい…(@@;;)
 軒を借りたショップに一人で入っていた相方、歩いて戻ってきながら「どしたん?」と不思議そうな表情。「地震やで」「えー歩いてたから気ぃつかへんかったわ」…かなり揺れたのだが。

 雨は通り雨のようで、買い物をしているうちに止んでしまった。洗濯物が心配なので、小走りで帰宅。
 夕食を食っていると、相方の親父から「地震大丈夫やったけー?」の電話。これで「地震、雷、火事、親父」のうち、3アイテムそろったねーなんて、暢気な事を言っていたら、深夜、また強烈な揺れが!

 取り急ぎ、ベランダのサッシを開けて退路を確保し、火をつかってた相方に「元栓閉めてこっちこい!」と怒鳴って…さて、どうしよう。(^^;;)
 結構長い間揺れていたのだが、揺れが収まってから、相方は懐中電灯とラジオの確保。おいらは貴重品を適当にバッグに放り込み、玄関の鍵をあけて、いつでも脱出出来るように履き易い靴を並べておいた。

 しばらく厳戒態勢でTVを見ていたのだが、これ以上、大きな余震もこなさそうなので、風呂に入って寝ることに。明日会社だし(^^;;)

 寝る前に、脱出袋の中身をあらためてみたら
  (1)財布
  (2)鍵(家・車)
 は、いいとして
  (3)定期
 は、別にいらんのじゃないかと…。さらに、
  (4)時計(それも会社用と遊び用の二つ)
 も、どうかと。

 危機管理…なってない(T-T)






2004 年 09 月 04 日

 起床14:00~。眠い眠い本当に眠い。

 久々に、自宅マシンにFreeBSDをインストールしてみた。基本的なインストールを終えて、取り急ぎcvsupをインストール。/usr/share/examples/etc/make.confを/etcにコピーして書き換え、/usr/srcでmake update一発、後はしばらく放置。
 カメ吉の水を交換したりしているうちに、ソースツリーの更新が終了しているので、やおらbuildworld。2時間ほど放置後、buildkernel 、installkernel …たまーに机に戻ってプロンプトが出ていたら、順次実行。

 いろんなことをやりながら、片手間にやってると駄目ねーって話なんだけど、気がつけばFreeBSD
6.0なカーネルになってるわけで(T-T)。installworldしようと思ったら、変なアカウントは要求されるし、CPUが非力なために、ここまで結構時間がかかったのだけど、もっかいまっさらからやり直しをする事に。


 ついでにブートメニューを(ついに)つくってみたのだけど、どーでしょうか?。「¥」がとてもとてもとても気に入らないので、ブートメニューが別のモノに変わるまで、インストールマニュアルやめとこうかなぁ…と思いましたよ。実際、なんでかわいくもないASCIIのデーモンをここに入れたかなぁ…と。かえって貧相だとか感じなかったか?なんて、作りつつかなり腹がたってきた。

 FreeBSDって、何よりこーゆートコロに関して、センス無さ過ぎだわ。まったく

2004 年 09 月 03 日


天気良し。

 危うく二度寝してしまうところを、二十代中盤の若奥様達が、何故か我が家の玄関先で繰り広げている(どちらかといえば、きっつい方の)関西弁トークで、強引に起こされた。合間合間に子供の叫び声が入って、まぁやっかましい。つか、ちみら何でウチの玄関先で井戸端やりますか?(^^;;)


 本日は、先週に引き続きハゲ医者。一部のクレーターは、遅くとも順調に回復中。たよんない毛や、たよんない上に白髪や、たよんない上に白髪にくわえてチャリ毛など、気ままな連中が、そこかしこでたよんなく増殖中。そのかわり、健康で丈夫そうな太い髪の毛が、ばっさばっさと抜けていっているわけで。
 少なくとも完全につるっつるで餅肌な部分は減少しつつあり、かなり薄毛な親父が完成しつつありますよ(T-T)


 …くそ。地肌が見えているうちに、労災認定うけるべく活動始めないと間に合わんのではなかろうか(<本気か?)



2004 年 09 月 02 日

雨~。あたまいたい。

 先日失敗した現場に再チャレンジ。前回失敗した原因は、工事屋さんの敷設したケーブルに問題があったことが判明。居合わせた工事屋さんに依頼して配線変更してもらい、一歩前進したものの、また違う原因で中止+撤収。それどころか、若干不具合を残して終了なわけで…。結局府内某都市で0:00を迎えてしまい、タクシーで帰宅。

 今回もそうだけど、何か不具合とか失敗とかに遭遇する度に、いろいろな知識が得られ、スキルアップしてゆくのが嬉しいなぁ~

 …と、前向きに考えます。(T^T)


2004 年 09 月 01 日

時差出勤の光景:
 車両内を見渡せば、今朝は珍しく「携帯電話で何やらやっている人々」の数を「何か書籍を読んでいる人々」の数が上回っていましたよ。いよいよ秋なのですなぁ(<秋と言えば「読書」「食欲」がすぐに出てくるステレオタイプの人)。え?私ですか?私は「キーボードで何やらやっている人(1名)」でした(^^;;)


 朝から曇天のうえ、時折ばらばらと小雨が降る。蒸し暑く空気の流れが悪い。

 そんな中、早い時間から開店している某大手電気店にて、ファイル復活ツールを購入して出社。昨日の困ったチャンPCにCDをぶち込んで起動。いくつかのパラメータを調整した後にファイル復活を開始したのだが、妙なところで例外違反で落ちる。メーカーのサイトを見に行ってみたが、購入したCDの中身自体がアップデータ当たり済みのようである。
 かなり悩みながら試行錯誤を繰り返し、パラメータの調整無しだと落ちないことが判明したのが午後をまわってから。んもー何やってんだか(T-T)


 ファイルの復旧自体はものの2時間程度で終了し、改めて専用ソフトのものすごさを体感した。このソフトかなり優秀。今度、ウチの課でマシンのリースアップや廃棄時にやってる、HDDメーカー純正「ローレベルフォーマッタ」の「ゼロ書き」と対決させてみるか。


 その他、上司から「某社内サーバにつながんなくなっちまったよー」なHELPなんかに対応しているウチに夜。昨日に引き続き、ほっとんど仕事出来てねぇ(T-T)


 | HOME | 

Calendar

« | 2004-09 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。