かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 年 10 月 31 日

 今日も天気は今一つ。体調もほぼ戻り、休日だというのに小寒い曇天つーのはいだたけなさすぎ。

 今週から本格的にカメ吉は室内飼育。また一段とでっかくなっちまいやがったカメ吉が、ガラス水槽の中で悠々と泳いでいる様は、水族館のワンコーナーのようでもあり、ちょっと絵になる。…ただし、豆スナックそっくりの巨大なウンコを垂れて無ければ…の話(TT)。

 そういえば、昨年の室内飼育シーズン最終週ぐらいに、バスキングライトが玉切れしちまってるので、買ってこなければ…。

 すっかり夜になってから、買い物に出たのはよいが、ペットショップに寄るのを忘れ、バスキングライトはまた今度(^^;)。すまんなぁ>カメ吉





スポンサーサイト

2004 年 10 月 30 日

脳内大活劇:
 昨日から、「大地震」、「大洪水(セカンドインパクト並み)」、「ガンダムに乗って敵陣深く突入し、スパイ行為を行っているのを見つかって逃走」、「ロープ状の昇降機に乗って、遙か天上の駅でうまいモノレポートの実施」など、高熱時特有のおかしな夢を連発で見た。下手なTVを見るよりおもしろかった(と思う)のだが、どっかに録画出来んもんだろーか。これだけ科学が進歩してるんだから、そろそろそーいった製品が出てもおかしゅうあるまい。
 どこかで聞いた話だけれど、「夢を見る」という事は、「記憶の整理」「再構築」を脳が行っているのだとか。デフラグとインデックス張り替えその他最適化をやっている最中に、こんな面白い物語が飛び出てくるのだから、もっともっといろんな事について見識を深めれば、さらに面白い夢を見ることが出来るのではなかろーか。
 …まぁでも、若い頃あんだけアダルティなモノを沢山見聞したわりには、色っぽい夢が皆無っつーのは、上記の説に反してるよなぁ…。

 ちゅーわけで昼過ぎまで寝てなんとか復活。

 肌寒いし体もつらかったので、一日家で養生。ここ3回分ぐらいのガンダムの録画をひっそりと見てみた。うち1回は地震のため途中で終了しており、今日が4回目の放送で第3話。
 前シリーズ同様キャラクターの区別がつかず、誰が誰だがよくわからん。みーんなお目目ぱっちりだし。やっぱファーストだよねぇ…ファースト。
 でも最近、若い女の子の区別が付き辛くなりつつあるんで、キャラクターの判別不可ってのも、歳のせいかな。やっぱ。






2004 年 10 月 29 日

 体調不調につき休み。いかん。不安定な気候にやられて風邪をひいたようである。昨日から調子が悪かったのだが、今日はもーだめ。

 朝、会社に電話をかけて、そのままベッドに倒れ込み、夕方まで悪夢に魘されながら(これで「うなされながら」と読むらしい)眠った。

 廃熱後特有のふにゃふにゃとした感覚を伴って目覚め、身支度を整え、ふらふらしながらハゲ医者へ。風邪なのに皮膚科の待合室に座っている不思議な状態。栄養のありそうなスープが売りのラーメンを食って帰宅しそのまま爆沈。

 23:00頃目覚め、遅くまで飲んでいたせいで、途中の駅までしか帰ってこれなかった相方(と書いて「馬鹿たれ」と読む)を、雨の中、車で迎えに行った。途中、ほぼゼロ視力な局面があったりして、あぶねーったら(TT)。

 で、戻ってちょっとしてまた爆沈。も、駄目ぽ。





2004 年 10 月 28 日

 寒いねぇ。綺麗な青空が広がり、ガラス越しの陽光は暖かなんだけど、気温はしっかり11月並。

 本来なら晩秋早朝の、叙情あふれる身辺風景などを、つれつれと書き述べたかったのであるが、向かいマンション前で稼働中の、サンダーだかカッターだかが、絶え間なく発する「ぢゅうぅぅぅぅぅいきぃぃぃぃぃぃん」という騒音に、使わなくても良いアドレナリンを放出してしまい、心のゆとり全くなし。

 朝っぱらから電車で大股広げて電気シェーバーで髭剃り中の、社章付きスーツを着た、細身浅黒な若いサラリーマンの向かいに座ったもんだから、テンション下がりまくり。ひげ剃り終了後は、ゆびのさかむけをちまちまといじくったり、爪の間のゴミをはじいたりと、アクションの一つ一つがきしょくわるいったら。かなりの確率で、「ウホッ」な人。またはマザコンに違いない。いらん観察をしていたら余計にいらいら感がつのるばかり。
 
 そういや最近いらいらする事の筆頭が、会社の個室側トイレ。洋式で、便座に座ると、正面に扉とトイレットペーパーホルダーがある。で、扉あけて座り、扉しめると、扉の裏にすりつけられた鼻くそがあるわけです。鼻くそですよ。鼻くそ
 なんかねー。もーねー。哀しくって。雑居ビルとはいえ、そこのトイレを使うのは、弊社社員であるからして、こんだけ継続的に鼻くそがなすりつけてあるっつーのは、弊社社員に脳が膿みまくった糞馬鹿野郎(←確実に男)が存在しているに違いないわけで。まったくもってなんつーか…。
 何が悲しくて、他人のなすりつけた鼻くそみながら糞をたれなければならんのだ…と。万が一、犯人が犯行に及んでいる現場に居合わせたら、本気で蹴りを入れるだろうな。わし。

 なんか書きながら、すんごい寒気がしてきたのは、現場の状況を思い出したからではなく、ちょっと調子がよろしくないみたい。もぅ寝ます(TT)。






2004 年 10 月 27 日

今朝のおばちゃんの会話:
 朝の電車で3人組のおばちゃん(…たぶん俺より年下)が、身振り手振りを交えてアツく語っていたテーマ。
 「…どこそこの誰それがノートルダムでノートルダムノートルダム」
 「園長先生がどーのこーのどーのこーのどーのこーの」
 電車内で己の声のデカさもセーブできんよーな遺伝子を持ったガキなんざぁ、どんな学校に行こうが大した人間には育たんて。

 とまぁ、朝っぱらからささくれだった心で駅に降り立てば、「イラクで日本人人質」の号外が駅前で配布中。その後のニュースでは、彼ったらかなりの不思議チャンだったみたいで、なんか今回、新潟の地震があったせいか、全体的に「放置モード」っぽい感じ。…俺主観だけど。無論。

 定時後、譲ってもらい、会社に発送してもらった「HDD無しPC」をいじくってみた。NECのValueStar数年前モデル。HDDを換装するために電源ユニットを外さねばならないっつーのがやっかいだけど、小一時間でジャンクHDDを装着し、ついでに手持ちのメモリを増設。CD-Driveの動作が怪しかったのだけど、コネクタを刺しなおしたらばっちり認識したので、その勢いでFreeBSD 5.2.1-Release を、さくさくっとインストールしてみた。システム起動時の「NECロゴ」がちょっと嫌だけど、あとはインストールや起動とも、問題なく完了。
 後付の)NICを交換したら、Proxyか何かに使えそうだな。






2004 年 10 月 26 日

地震被災地の援助活動も確かに大切だけど:
 台風被災地の援助も忘れないで欲しい…(TT)。大して効果的な何かをやっているわけでもない私が言うのもなんなのですが…。

 野菜、卵など農家の生産物が急騰中である。先日の台風連荘(と書いてジェットストリームアタックと呼ぶ)で、青モノ野菜がえげつない値上がりぶり。先日なんか、大阪市内でキャベツ1個600円ですよ。私の目撃したのは、白菜1/4が300円。白菜1個がほかほか弁当の値段を上回ってるんですよぉ。

 新潟の地震で米や酒(久保田とか)も相当のダメージを食らっているらしいし、今年の冬は、「鍋を囲んで美味しい日本酒、最後は雑炊でシメる」ってのが、最高の贅沢になりそう。

 今夜はおでん。練り物は比較的安価な部類につき、家計的にダメージ少。安いがあったかくてうまいおでんを発泡酒でいただく。これは今年のトレンドだね。

 TVのチャンネルを変えると「29歳のクリスマス」の再放送をやっていた。何年前だっけ?mこうかれこれ12~3年前?。山口智子が若いこと。松下由紀の細いこと。でも登場人物のメイクが一様に、「なーんかやぐら茶屋のCMっぽい」ところに、とても時代を感じるなぁ。

 先週はどーしちまったんだろぅってぐらい、読めば読むほど文章が酷い。とはいえ、毎日大した文章を書いているわけでもないし、もともと精神的にリズムの激しいオイラなので、仕方がないといえば仕方がないけれど。
 今週も、のっけからいらいらする事炸裂だったので、先週以上に文章が荒れそうな予感。





2004 年 10 月 25 日

ラストクリスマス:
 うーん。脚本・演出・監督・役者がかなり上手く噛み合っているなぁ…。どう思う?>ひよこ嬢
 「バブルのトレンディドラマかょ(三村風)」と突っ込まれ倒されていた「プライド」よりも、軽くて薄いノリなのに、プライドよりも「ちゃんと見れる」風に仕上がっているのが不思議。

 さて、本日は有給休暇である。どう計算しても大量に余っちゃいそうなので、そろそろ余りを効率的に消化しておこう強化作戦なのだ。

 例に漏れず、「いろいろやりたいことあるんだけど一向に片づかない症候群」なオイラ。あわあわしているうちにもう夕方である(T.T)

 書棚の整理を行い、古本屋に売りに行くべき数冊の漫画本をまとめたところまではよいが、気がつけば、「オデッセイ」の中盤をコーヒー片手に読んでいるわしが居たり。恐るべし。池上遼一マジック(違う)。

 とりあえず、車で近所のBOOKOFFに。唖然とするほどの安値で売った小銭を握りしめ、今度は立ち読み&&「ぶら探し」モード突入。見事おいらのレーダーに引っかかったのは、「彼女の想いで…(大友克洋:講談社1990年初版本)」。大友関係の未所持本につき即購入。結局売却して得た小銭よりも出費のほうが多かったっていうオチ(^^;)。

 日本シリーズは西武優勝。近くに西友も西武百貨店も無いので、あまりありがたくはないのであるが。良く行くジャスコは中日を推してたしなぁ。わざわざ高槻に電車賃払って行く気も無いし、本当にどうでもいい結果である。

 「月9(の録画)」→「あいのり」→ニュース→「サルヂエ」→風呂→「内P」という、「月曜コンボ」を決めて本日も終了。






2004 年 10 月 24 日

地震:
 一夜明けて被害状況が明らかになるにつれ、いかにすさまじいものだったかがよく解ってきた新潟地震。今週は半ばから天候が悪化しそうなので、政府の迅速な対応を願う。ましてじいちゃんばぁちゃん多そうだし、気候も温暖とは言えない土地柄。「安く供給」とかふざけたことを抜かす暇があったら、その半分でいいから只でもってったれよ>イオン。

 それにしても台風の連発と大地震の発生…日本はいったいどうなるんだ?

 先日、後輩から拝借したGAMEBOY ADVANCE SPにはまり中。一緒に借りた「パワプロ」「スーパーマリオ2」「ツインビー」の3カセットのうち、お気に入りは「パワプロ」。相方のこだわりとしては「1番今岡。5番関本。そして先発、下柳で完投。」…(^^;)。それで連勝するんだもの。
 おいらにも相方にも使ってもらえないキンケード。ゲーム中でも契約解除なり(^^;)。






2004 年 10 月 23 日

 本日は、相方がらみの知人宅でバーベキュー大会。平日と同じ時間に起床し、折り畳みテーブル持参で車を走らせる。知人宅は車で20分ぐらいの住宅地のど真ん中。到達するまで迷う迷う。
 電話で所在地を問い合わせながら、オイラのナビゲートをしていた相方、ジムカーナの如く、あまりにぐりんぐりんと走り回るもんだから「…気分悪くなってきた…(TT)」…戦力外。
 電話のこっちと向こうで「今、バス停の前やねんけど。右?。まっすぐいって右?。上上がるの?。とりあえず、右行って上やて」…わかるか。そんなもん(--#)。
 
 まぁどーにかこーにかたどりつき、肉とビールにありつくことが出来た。ホストも含めて4家族が集まったのだが、ウチ以外はそれぞれ幼児2人連れにつき、騒がしいったらありゃしない。ほっといてもテンション上がりまくりの子供らを見るにつけ、この元気をちょっと分けてほしいなぁ…と。
 
 コーヒータイム後、酒が抜けるまで一眠りさせてもらうことに。相方「新潟でえらい大きな地震があったらしいで」と起こされたのは20:00をまわった頃。
 とぎれとぎれのニュースによれば、震度6が3回だか4回だか連続で襲来とか。ひぃぃぃぃ。
 
 深夜に帰宅し、早速TVをチェックしてみたが、すごいことになってる(TT)。被災地の方々状況に加えて、近隣の原発は大丈夫なのか?






2004 年 10 月 22 日

 少し眠り、朝シャワーを浴びて出社。本日も腹が立つほどの好天であるよ(--#)。

 早めに帰宅する予定であったのが、結局すこーし早めに引けることしか出来なかった。
 帰りに関西オープンソース2004に寄ってみた。*BSD的には明日が本番(なんたってBSD CONがあるのだもの)なのだが、明日は用事があるので老体にむち打っての出撃。

 行った時間が微妙な時間で、カンファレンスにも間に合わず、セッションも始まっており、各ブースをぐるぐると周り、ステージを見て帰宅。戦利品はOpenOffice関係とPostgreSQL関係なり。
 ちなみにPostgreSQLは12月初頭に大阪でセミナーがあるとの話をスタッフの方からお聞きした。関西圏のフリークは要チェックですな。

 帰りの電車では、気を失ったように眠った。やっぱ歳です。






2004 年 10 月 21 日

 本日は、久しぶりの深夜現場につき、午後からの出社である。

 ここしばらくの天候不順で、溜まりつつある洗濯物を、午前中に処理する予定だったのに、目覚めたのは昼過ぎ。
 カーテンを開けると、太陽が燦々と照り輝き、ちぎれ雲の背後には、きっぱりと青い空が広がっていた。まさに洗濯日よりである。しかし、今から始めては、出社予定時刻に間に合わない。
 玄関のたたきに、水槽ごと待避させておいたカメ吉が、「日光浴~。飯~。」と激しく訴えかけるので、ベランダに運び餌をやる。とても長閑な平日の昼間。あ~幸せ。なんだかもう会社に行く気分じゃないなぁ…。おまえ、代わりに行ってくれんかの?>カメ吉

 日差しを浴びながらぼぉっとしていたら、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。本格的な出社拒否モードになる前に、重い腰を上げて、外出の準備にかかることに。
 ベランダではそんなに感じなかったのだが、外に出れば台風の残り風(?)が強い。ともすれば自己主張しがちなハゲを隠すため、しっかりと頭を押さえて駅までの長い道を歩いた。

 久々の現場は出だしから蹴躓く。この躓きが厄払いとなって、当初予定以上にさくさく進み…と思っていたら自爆したにも関わらず、なんとか復活。結局当初予定+αの作業時間で収束。なんじゃそりゃ。

 早朝も早朝、新聞配達の活動時間帯に終了したのでタクシーで帰宅なり。






2004 年 10 月 20 日

大阪の経済発展に寄与:
 台風直撃。関空から大阪上陸ってのは、「大阪の企業、府民全体で関空を積極的に活用して、関空を盛り上げていこう」運動と、何か関係がありますか?(ないない)。…てか、逆効果だし(TT)。

 窓を四方八方からたたきまくる雨粒に怯えた総務の担当者フィーリングにより、さすがにウチの会社も午後から休みに。
 
 こんな時間に帰るのは珍しいので、これ幸いと会社近辺を徘徊。中古CDショップに立ち寄ったところ、「スネークマンショー アンソロジー!!!」を発見、即Get。

 自宅では偏頭痛を抱えながら、持ち帰った宿題(図面作成)。夕食を挟んで結局深夜までかかった。






2004 年 10 月 19 日

 午後から打ち合わせのために、電車に乗って小旅行。行きの電車帰りの電車ともぐだーっと爆沈。

 相方は有給をとって、地元友人の双子の観察に行って来たらしい。未熟児で生まれたのに、いまや標準以上の発育状態で、すくすくまるまる育っているとの事。よかったよかった。





2004 年 10 月 18 日

バブル?:
 そんな金があったら、個人情報漏洩に関する見舞い金の金額を上げたれよ…と誰もが思ったであろう「ソフトバンクによるダイエー球団の買収申し込み」。ライブドア、楽天ときてソフトバンク…次はいよいよ御大マイクロソフトの登場か?ならば任天堂とSONYも行かざるを得まい。そう来ると音楽ソフトコンテンツの雄エイベックスも参入だな。(←かなりリアルに妄想中)
 結構おもろいと思うんだけど。球団旗としてはためくウィンドウズマークとか、あゆの歌う球団歌って。

 つーことで、本日は急遽東京出張。行きののぞみからして眠け炸裂。昨夜も相方布団でぐだぐだしゃべっているうちに落ちてしまい、朝方たたき起こされ自室に撤収というパターン。で、そのまま眠ればよいモノを、PCつけっぱなしだったんで、昨日の午前試験の答え合わせなどやってみたり。
 どうして眠いときに限って、やらなくて良いことをやってしまうんだろうねぇ。で答え合わせの結果、かなりぐだぐだ。「え?何で俺はこれを選択したんよ?」と唖然とするような回答のオンパレードで、ここしばらく(春はブッチしたが)無いぐらいに酷い結果であった。くぅ~来年(気が向いたら)見てなさいよぉ~~キーーーーッ。

 …などと、行きの新幹線で書いていたら、あまりの揺れのために気分が悪くなってきた。

 現地に到着、簡単なデータ更新のはずが、データ更新に使用しているオンボロマシンのCDドライブがいくら待ってもトレーを開帳してくれねぇ。かちゃかちゃと思わせぶりな音を立てるのみ。無論USBなどという気の利いたI/Fは無く、よしんばあったとしてもOSがWindowsNT。
 マシンルームの片隅に、同型マシンが3台ほど、埃をかぶって冬眠中であることを思いだした。このうちの一台…「冬眠1号」からCDドライブを抜き取って、問題のマシンの側面を開いたところ、まっくろクロ助の死骸かくやるやと思わせるほど、湿った黒い埃がぼたぼたと落下。この時点でいやーな予感。
 案の定、ドライブを交換しても状況は同じ。あまりに過酷な環境で、マザーが埃にやられたか、埃にやられたドライブに、ラインがやられたか…どちらにしても、本体が駄目っぽい。
 仕方がないので、「冬眠2号」にHDDを乗せ替える事に。「死亡1号(なんぢゃそりゃ)」からHDDを抜き出そうと、上面、側面、側面の内蓋などを外しに外したが、なかなかHDDに到達しない。変なフレームが邪魔で、どうやってもHDDが抜けそうにないのだ。おまけに電源線とデータ線が、本体正面側に回り込んでいるし…あ!。
 ここでやっと、こいつが一昔前の、サーバタイプの作りであることに気がついた。何のことはない。正面カバーを一つはずせば、HDDが一本のネジでレールに止めてあるだけ。大汗かいて、ほぼ完全解体したのに(T-T)。そういえば、車のフロントライトの交換時にも、同じような事をしたなぁ…>わし
 2時間以上のロスで、やっとデータの更新開始。そこから先は、某サーバープログラムをアップデートしたり、ログをごしょごしょしたり…非常に順調なり。

 帰りの秋葉原では、やっとIBMのキーボードの実機を触る事が出来た。しかし、ちょっとばかりイメージと違っていたため、購入を断念。代わりに何故かHHK
Lte2(USB/日本語刻印無し)を購入。

 あとは、職場で使うSolaris-PCディスプレイ変換コネクタや、小物を探してみたのだが、時間切れで帰宅なり。
 
 なんかどーっと疲れたよ。






2004 年 10 月 17 日

失礼な評価:
 「あのさぁ…。この百貨店の店員さんてさぁ」
 「ん?」
 「なんか目を見張るほどの美人やおネエちゃんていないよね。」
 「(わが意を得たりとばかりに)そやねん。めっちゃフツーの子ばっかりやねん」
 「なんか、フツーにきっちり寿退社してゆく子が多そうやなぁ」
 「阪急と比べてなぁ」
…と、阪神百貨店のエスカレータベンチ前で会話するわしら。ホントのところ、どうなんでしょう?>どなたか関係者の方。あ、勘違いしないでもらいたいのだけど、決してぶさいくという訳でなく、ちょっとかわいい「つき合ってもいいなぁ」と思える、普通の子が多いってことですよ。おいちゃん的にはどちらかといえば、そーゆー子をこう…(何を言い出すんだか(--;))

 さて、毎度おなじみの秋季情報処理技術者試験であります。
 何故か毎年この秋の試験は好天。なぜにこんなに良い天気の週末に、哀しい目をしたおっさんどもと一つ部屋の中で脂汗を流さねばいけないのか…と、自問したくなる午前試験退出直後の駅前のマクド。
 たかが午前の試験ごときに手間取ってしまい、急な便意に耐えながら、あとまわしにした計算問題に取り組む私…いやぁぁぁっう○こ出ちゃうっ!(←AV風に←そんな趣味かいっ!←ちゃうて。ものの弾みや←自作自演←壊(T0T))。
 幸いにもうん○を漏らすこともなく、午後の試験に突入するも、今度は荒れた胃にフィレオフィッシュの油が刺激を与えたらしく、吐き気をもよおしつつ升目を埋める羽目に。(んなもん食うなよ)

 どうにかこうにかすべての試験を完了し、梅田で相方と待ち合わせてショッピング。あっちゃこっちゃ引きずられた後に、餃子ランドに行ってみた。
 さすがに日曜の夜ともなれば、人いっぱいで各店舗M/M/1な待ち行列が延伸中。今日のところはあきらめることにしたが、もはや中華の口になってるわしら、丸ビル地下の皿うどん店に突入。

 帰宅してから録画しておいたTRICKを視聴。相方は喜んでおったが、どーもあの間は苦手だなぁ。>全体的に。






2004 年 10 月 16 日

 明日は久々の情報処理試験につき、「晴天マーク」が燦々と照り輝く天気予報を見なかったことにして、さぁ朝から直前勉強だぁ~論文の下書き作成だぁ~…と、昨夜は勢い込んでいたんですよ。
 で、起きたら頭がんがん。時計見たら16:00。あかんやん(T-T)

 とりあえず、日本シリーズ開始とともに勉強開始。とはいえ、午後Iの昨年度問題を解いて答え合わせをしたぐらいで終了。肝心の論文は、共通的な400字程度のパートをこりこりと書いてみただけ。

 しかし日本シリーズ。思いの外荒れましたなぁ。そろそろ本格的に誤審に対するビデオジャッジが必要だと思いますよ。あーゆー「見てる人でどうともなるジャッジと、「先に言った者勝ち」な世界」ってのが、プロ野球が下火になってる一つの要因ではないかな。あーゆー「公平性の無い、誤りを認めない、押しの強さ勝負」ってところが、糞鬱陶しい団塊世代の価値観とオーバーラップしてるんやなかろか。
 どう見ても、球審が間違っているのに、「見えなかったから仕方ない。ゴネずに早くやれ」的なコメントをしている解説田淵(昔ファンだったのだが…)の鬱陶しさ。結局球審が、「塁審が間違ってまして」なアナウンスをするという、自己防御と責任回避ぶりったら…。見てる方が恥ずかしい。
 そーゆーあからさまな「なぁなぁ」を具現化したような「スポーツ」は、「青少年の健全な育成(笑)」を語るに値する「プロスポーツ」では無いと、俺は思う。
 いっそ、野球賭博を公営化しちまえば、中途半端な審判や誤審に対する風当たりが今以上になるんで、電子機器をフル活用した判定への移行がスムーズになると思うのだが。審判もなり手がなくなるだろう。下手すりゃ埋められるものなぁ。

 言うても、オリンピックの男子レスリング(ビデオ再生しても、見る審判員の主観によっちゃう)みたいな展開もあるわけだし、結局のところ何をやってもぐだぐだのまんまかもな。
 そもそも日本人て、はっきりした裁定が出来ない優柔不断で調和を大切にする文化の民族「らしい」し。(←ききかじりのため、断定してない)






2004 年 10 月 15 日

エミネム寄り:
 永遠のスーパーサイボーグ「MJ」をコケにしたPVが、本人の怒りを買ったエミネムについて、小倉がとても寛容なコメント。わかってんだかわかってないんだか知らないけど「エミネムっていい曲つくるんだけどねー」とか言ってるし。
 どうやら解禁らしいので、撮影禁止の観客席でばしばし写真を撮って白い目で見られたり、その写真をおおはしゃぎで公共の電波に乗せたり、コメント中にヅラが吹っ飛んだり(これはコラだが)してるPVを誰か作ってくれまいか。曲がよけりゃいいらしいから、桑田圭祐あたりどうですかね?

 朝食をとらない人なのだけど、ここ2日ほど「朝パン」を食している。すると困ったことに、通勤途中で激しい便意をもよおしてしまう。どーもよろしくないので、明日からやっぱり朝飯は抜こうかと。
 もっと早起きして飯を食い、トイレを済ませてから出勤をすれば良いだけなのだが、それが出来れば苦労はせんわね。(←やる気の無い高校生か。俺は)

 今更ながら「新月9」なる「ラストクリスマス」の初回を見る。今クールにおいては、惹かれるドラマが皆無の私に、相方曰く「いやとりあえず月9は押さえておかんとな」。そうかもな。会社の女性と喋るネタとしては重要かも。

 織田裕二っすよ。今更。歳なんぼやねん。うわー。キャストが豪華やなぁ。「私をスキーに連れてって」か?。漫画やがな。だから織田、歳なんぼやって。おまけに青島とかぶる~。Wham!やで。今時。それも「ウキウキ・ウェイクミーアップ」やで。つか、なんちゅー邦題やねん。Megumiどうせなら騎乗位でぐいんぐいんやってるところを放送してえな。わーまたウキウキだ~。ひぃ~リョウの劣化が激しいなぁ。もーめっきりおばはんやん~。だからさー織田、歳考えろって。織田~~~っ。
 「…うっさいわ!!(-"-#)」

 …などと、俺的に大盛り上がりで視聴終了。いやぁツッコミどころありまくり…というか、織田っていったい歳いくつなのよ。どーしてもひっかかって、ついついそこ重点で見てしまった。
 まぁ、馴れたキャストのせいもあってか、初回にしては目立つほどぎくしゃくもしておらず、ドラマとしてはかなり良くできているほうだと思ったなり。

 まぁ安いワインをぐいぐい飲みながら、へべれけ状態で視聴してたんで、評価大甘なんスけどね(^^;;)。






2004 年 10 月 14 日

 朝一番で、ソフトウェア資産管理の打ち合わせ。派遣や業務委託、出向などの実状にあわせて管理をしていく必要があると思うのだが、法務に詳しいスタッフや社内システムの統括管理部門の話って、ほんとに教科書どおり。何の訳にもたたない。通り一辺倒の話をするだけだったら、別に会議する必要もなく、Mailでいいじゃんか。

 13日に矢野徹氏が逝去されたと、SlashDotJapanのタレコミで知った。
 星新一氏逝去の時にも、「俺の人生の「ある期間」は、もう取り戻せない過去なのだなぁ」という、喪失感を感じたのだが、矢野氏についても同様。無理矢理「それは過去。取り戻せない過去」という現実を、目の前につきつけられたように感じる。上手く言えないが、「梯子をはずされた」感じである。解ってもらえるだろうか?

 以下、SlashDotに書き込んだ、私の想いを転載しておく。


 矢野氏のお名前を知ったのは、文庫版の海外SFにハマりはじめた中学
生の頃。「大人の読み物を読んでいるんだ」という、誇らしさと嬉しさ

と、そして未知なる世界との邂逅に胸をときめかせながら、古本屋で購

入したハヤカワ文庫のページをめくった思い出とともに、氏のお名前が

思い浮かびます。

 「矢野徹 訳」…何度お名前を目にしたことでしょう。氏の訳にいざ

なわれ、何度見知らぬ宇宙を旅したことでしょう。氏の訳された本は、

私にとって、未知の世界に向かって開く、不思議な扉でありました。


 「そのころ」が、完全に「とりかえしのつかない過去のことがら」と

なってしまった…氏の訃報を目にして、まるで、恩師を亡くしたような

喪失感に、ただ呆然としています。


 ありがとうございました。ご冥福をお祈りしております。








2004 年 10 月 13 日

 やっとUNIX USERを入手。最近手荷物が多かったので、買って帰るタイミングを逸していたのだが、今日の昼休みにようやく入手。書店袋を手に提げて、エレベーターに乗りこんだところ、たまたま上司と同箱(同席でいいのか?それとも同室?)に。
 「…何買うて来たんや?」
 「ノーカット写真集です(やけにきっぱり)」
 だって説明するの面倒くさかったんだもん。まぁ上司もニヤリと笑い、「UNIXて透けて見えてるで」と返して来たんでアレだったんだけど、これが営業の上司だったら本気にしてたかもな。

 昨日購入したNICをサーバに取り付けることにした。
 サーバとはいえ、普通にDOS/V互換な古いタイプ(セレロン300A)のマシン。おなじみFreeBSDのWebDAVサーバである。よいしょっと外殻を開けると、PCIスロットには先客として、小さな100Base-Tの  NICが刺さっておるではないか。あれれ…そのわりには認識してないんだけど。

 何で認識してなかったんかなぁ~と、取り外して見てみたら、チップ抵抗が一つきれいに焦げている(TT)。よくまぁこれで済んだこっちゃ。一応ボードに異常は無さそう。思い返せばどこかでひろってきたNICを刺して、「認識せんなぁ…」とやっているうちにドタバタモードに突入し、放置しちゃったようなかすかな記憶も…。

 さて新NICですよ。刺してマシンを立ち上げたら、Boot時に「メモリにマップできましぇーん」というエラーを吐いて、認識してくれない。いかんがな…スロットまでいっちゃったんかぃ…とあわてつつ、接点を確認しようと揺さぶれば、先ほどより深く「じょりつ」と刺さる新NIC。半刺さりじゃぁ駄目だわな。
 気を取り直して再起動。このサーバは、カーネルカスタマイズをしていないので、首尾良く認識。パフォーマンスもそう悪くない。280円でこれだけいい感じになるんだったら、儲けモンだね。
 
 これだからJunk漁りはやめられん。(←かなり満足気(^^;;))






2004 年 10 月 12 日

 この休みに、オフィスの電気工事による停電があったのだが、どうやらサーバ達は上手く回避できたらしく、特に問題もなく稼働中につき一安心。本当は、早めに出社して動作確認をするべきであったのだが、目覚ましをいつもの時刻に設定していたために、どきどきしながら普通に出社なり。

 ちょっと早めに引けて、Sofmapに立ち寄り、ジャンクコーナーを漁っていたところ、使えそうなSiSのチップ搭載100/10Base-Tのボードを発見しGet。ちょうど、職場のファイル交換サーバのNICが10Baseで評判イマイチなので、寄付して交換することに。

 実際問題、どうなんだろーとは思うのだが、職場の要所においらの私物が活躍しているっつー現実。退社の折りには、すべて引き上げたろかいな…なんて画策中。
 でも、自宅に置くには強烈なものもあるので、やっぱし寄付かなぁ…。





2004 年 10 月 11 日

 朝から昼過ぎまで曇ったり晴れたりの微妙な天気。夕方になって、やっと雲ひとつ無い好天に。気候もよし、若干暖かく、部屋の中では先週のような厚着は必要なし。

 午後から、ちょっと遠くまで買い物がてらドライブ。この連休はほぼこのパターンで、やろうと思っていたことにとりかかれず、結局消化不良ままで終了。気が付けば、飯を食いながら、TVの野球中継を見ている始末。「あれ?連休って今日までだよな…」と、11回裏にふと我にかえってももう遅い(TT)。

 それにしても、プレーオフの導入は成功だったなぁ>パリーグ。シーズン後半の盛り上がりが、セリーグ以上だな。これで日ハムが2ndStageに登場してたら、(個人的に)もっと盛り上がったに違いない。それに比べてセリーグの試合って、言っちゃなんだが「え?まだやってたの?」って感じ。スポーツ番組での扱いも小さい小さい。

 「グインサーガ97 ノスフェラスへの道(栗本薫:ハヤカワ文庫)」読了。内容的には一旦休み…っぽいのだが、ここから先、急展開はあるのか?でもって、果たして100巻で完結するのか?。次号発売予定の12月が待ち遠しいぞっ。





2004 年 10 月 10 日

 台風一過。おだやかな良い天気。

 天気の良い時は掃除と洗濯。何故か換気扇フィルタの交換が、換気扇まわりの掃除に拡大し、その勢いでシンクまわりまで掃除。調子に乗りすぎて、一部を綺麗にしたら、他とのギャップが目立ってしまい、引くに引けなくなったという好例(TT)。

 午後から大阪府下ドライブっちゅー事で、お日様を浴びながら、某公園を散策。公園の近所の釣堀で、釣りにチャレンジしたいという相方であったが、思ったよりも「閉堀時間(…あってんのか?(^^;;))」が早く、今回は断念。

 散歩を続けていると、公園内で小学生とおぼしき若者達が、スルメのついたタコ糸を手に、ザリガニ釣りに興じているのに遭遇。トリビアでアマゾンやバミューダ・トライアングルまで行って、やってたアレである。
 いまいち要領をわかっていない相方に、ザリガニ釣りの極意を説明していると、むらむらと少年心が頭をもたげ、次回は我々も、スルメ(もしくはチクワ)持参で、参加する事を決意。
 ただし、ビールとコンロも持参予定につき、スルメの大半は、我々のアテとなる事が確定しておるのだが。下手すりゃ釣り上げたザリガニも、背ワタをとって焼きかねんな。<食いしん坊なわしら(^^;;)。

 その後、一旦地元に帰って食料品などを購入して帰宅。

 最近キーボードを探し中である。そこで、自分に合いそうなものを、キーボード通販のサイトなどで探しているのだが、どうもイマイチ「これだ!」というものに巡り会わない。いや、別にAmityキーボードが嫌になったわけではないが、ちょっとここらで「雰囲気」を変えてみたいのだ。ほら、スランプのゴルファーがパターを変えるイメージ(←情報元「プロゴルファー猿」)。
 (1)10キーは不要。ファンクションキーは欲しい。
 (2)サイズがコンパクトであること。
 (3)ちゃんとした右ShiftがEnterの下にあること。
 (4)キーのストロークが短いこと(キーが高くないこと)
 (5)打鍵音が大きくないこと。
といった、非常に庶民的な要件を満たしてくれるキーボードがなーかなか見つからない。I/F
はPS/2でもUSBでもいいし、色もこだわらないのだけども、どれも帯に短し…って感じで…。

 来週はKeyBoard探し強化週間に決定だな。





2004 年 10 月 09 日

 台風であ~る。つーか、大阪はそんなに風雨が激しくなく、普通に天気の悪い一日であったが、関東方面はえらいことになっているようで、ニュースではぞっとする映像のオンパレード。

 連休の初日からしてこの天候。台風によるダメージとしては、頭痛が酷いってことぐらいなり。といっても、昨日よりすこーしマシだったけれど、何をやるにも非常に億劫。

 本当なら、TELIOS→Jornadaに、いろいろなデータを移行して、日常モバイルマシンとして、とっとと復活させてやりたかったのだけど、それもやらんままちんたらと過ごした。

 GUNDAMの新シリーズが始まりましたなぁ。どーもあのお目目くりくりなキャラクターに馴染めないのであるが、傍で見ていた相方がヒトコト
 「…これって、対象年齢30前後とちゃうか?」
 うーむ。たぶんそうだね。ワシらの世代狙い撃ちだと思うよ>ガンダム商法。





2004 年 10 月 08 日

 空目(そらめ):
 たたきの下書きを読んで、「プロジェクトリーダ」を「トップブリーダ」と空目。或る意味似ている部分もあるような気はするが(^^;;)。

 朝は雨の中、早めの時間に顧客のところに行って、昨夜変更したシステム状況のチェック。無事稼動中であることを確認後、顧客報告。どーも、おいらと回線が絡むと、あまり「サクッ」と終わったためしがなく、お客さんも「…どーしたもんやろねぇ」。お、お参りにでも行ったほうがいいスか?>わし(T-T)。

 しーかし、三連休前なのに台風来襲ってどうよ?(TT)。のんびりと温泉にでも行きたかったのだけれど、この分じゃぁ無理だろうな。明日は運動会を予定していたところ(保育園とか学校とか自治体とか)が多かったようで、会社では「ウチの幼稚園は中止らしい」「ウチはまだ連絡が来ていない」などと、運動会中止トークで盛り上がる。

 午後から会議の後、三週間ぶりにハゲ医者へ。生えてきたところもあれば抜け落ちたところもあり、腕の「まだら脱毛」は回復の兆しはなく、頭部の円形は、でかいのがまだ二箇所残っている。

 …ほんまにお参りにでも行こうかなぁ…。正月ぐらいに(←それは初詣)





2004 年 10 月 07 日

 昨夜の話になるのだけれど、Jornada復旧作業を深夜まで行い、その勢いで「椅子ウト」をしていると、けたたましく電話が鳴った。

 初めは「マシンから異音が?スピーカー?」と思ったのだが、やっと自宅の電話が鳴っていることに気が付いて、あわててとった。時は3:00をまわっている。

 電話の相手は我等がプロジェクトリーダーどの。なんと昨日作業した「回線経由ネットワーク」がダウンしてしまっているらしい。対応のため、朝一番で現地に飛んでくれとの事。ひぃぃぃ~(T0T)。昨日のたたき(ちうても、さっき更新したとこだが…)で、「さくさく」とか「出来るヤツ」っぽく書いたところなのに~。

 寝不足でぼーっとしながら現地に直行すれば、ネットワークは自然復旧後なり。「回線が不安定やからとちゃうかー」という見解のもと、接続機器の設定を「切れにくく」変更した後帰社。万が一、同様の障害が発生した場合の対応と手順を、保守要員用にドキュメントとしてまとめて配布。

 でもって定時後、「今度は回復しそうにないです~(TT)」と、保守要員から泣きの電話が入ったため、近いほうの端末があるビルに急行。確認してみたところ、朝とは様子があきらかに違い、どーにもこーにも復旧しなさそうな気配。駄目だ。コレは…。

 プロジェクトリーダと相談。結局この場所は昨日の後輩に任せて、俺は対向端末があるビルへと飛ぶことに。リーダーの「緊急なのでタクシー使って良し」という太っ腹な指令に、財布を握り締めてタクシーに飛び乗った。

 とーころが「急いでね!」と申し渡した運ちゃんたら、張り切り過ぎたのか変な近道に挑戦してしまい、細い住宅街をすんげぇスピードで突っ走る突っ走る。ふと気が付けば、どー考えても微妙に逆方向。
 …と、なんか変なところでタクシー急停車。運ちゃんたら汗を拭きながら地図を握り締め

 「そこに交番あるんで、道聞いてきます…」

 …こら~~~~~っ迷とるやないか~~~~~(T0T)

 下手なコントのような一幕を経て、小一時間で現地ビルに到着し、どわわわーっと処置を完了。対向機器に張り付いている後輩に、電話で「おまえが昨日、まつたけなんて珍しいもの食うからや~~」と因縁つけたところ、彼曰く

 「…中国産でした。微妙~~~~ッ(TT)」

 …すまん。まつたけのせいじゃないかもしれん(^^;;)





2004 年 10 月 06 日

ミステリー:
 出勤前に気が付いたのだが、腕時計、壁掛け時計といったアナログ時計の時刻が、全て5分遅れていた。ディジタル時計(目覚まし・携帯)は、きれいにばっちり合っていたのに…。妖怪「分針ずらし」の仕業かもしれない。

 昨夜は相方部屋でうだうだとしゃべっているうちに気が遠くなり、目覚めれば、布団もかぶらず、短パンとパジャマ代わりのポロシャツで地べたに横になっていたワシ。体中が冷え切っている上、腰や背中が痺れて身を起こすのが辛い。
 ふと相方を見やれば、布団を体にぐるぐる巻いて温もり独占中で、すやすやとお休み。
 …わしが目覚めた原因は、ちみの目覚ましが炸裂中だからです~~~。起きれ~~~(T0T)

 出勤時も寒い寒い。出がけにスーツ上を探してみたが、履いてしまったズボン(夏用ウォッシャブルな奴)に、色目があうものがなく断念。

 午後からは某遠くの顧客と近くの顧客の回線経由ネットワークの接続作業。そう、以前はまりにはまったアレである。パートナーはおなじみ後輩。「今日こそは早く帰すし」と言うと、後輩、きっぱりと
 「今日は早く帰りたいんでス」
 「どないしたんや?」
 「…家でまつたけごはんなんでス」
 …気がかわった。君は帰さん(-.-)。

 とかいいながら、現場はさくさくと終了。振り返ってみれば、企画段階から材料集めまで、(はまることはあったにせよ)要所要所で運がよかったシリーズであった。





2004 年 10 月 05 日

いつもここから風に:
 「そろそろ年末が近いんだねぇ」と感じるとき~(感じるとき~)
 週間アスキーがプリンターの特集だったとき~(略)

…てな話を相方にしたら、速攻ツッコまれた。
 「プリンターの買い換えもええけど、今年は図柄を早ぅ描いてや(^^;)」
…がんばります(T-T)

 四年前から干支にちなんだ「オリジナルデザイン年賀状」を作成している。一部の女性顧客(?)にすこぶる評判がよいため、ちょっぴり調子にのっているのだが、暮れも押し迫ってからやおら取り掛かるため、毎度毎度年末ぎりぎりに泣きながら印刷するはめに陥っている。
 まきぞえをくっているのは、遅筆の相方で、両面印刷し終わった年賀状に手書きコメントを入れ終わる頃には、「果たして今から集荷してくれるんやろか?」な時期となっている。
 昨年末にも調べたが、ここで復習のために表をつくってみた。

年度
投函日(時間帯)
2003年
12月28日夜
2002年
12月30日午後
2001年
12月31日早朝
2000年
12月29日深夜

…あかんやん(TT)

 「妥協を許さんからついつい遅くなってしまうんやな>俺。まぁ、芸術家っつーのはそんなもんやで」てなことを言うと、白目を剥いた鬼嫁に本気で説教食らうので、ここにごにょごにょ書いておくだけにしておくが(^^;)、ともかく今年こそは早めに図柄を決めねばな。

 来年は…酉か。そういや相方が、某スーパーでいたく感銘を受けた「鳥がらみのデザイン」があったなぁ…。

 卵を持ったニワトリが、ウィンクしながら一言。「おいしいよ!!

 「…」
 「哀しいって、それ(T0T)」
 …やめとこう。人としてそれは…。






2004 年 10 月 04 日

 地元駅から相方にMailをしたところ、「もうじき着くからちょいまて」と返事。駅前のベンチでたばこを吸いながら待っていると、颯爽と登場したのは「中学校ソフトボール部員」(^^;)。
 あまりにも伸び放題の髪の毛に我慢ならず、会社を早めに引けて、散髪に行ったそうな。昨日までの「氷川きよし」よりもさらに男前(^^;)。えらい短くなってしまい、男顔とあいまって、ぱっと見では性別不明。事件起こして逃走したら「犯人は性別不明の中学生」とか報道されそうな勢い。
 「もうちょっとがんばったら、俺の方が長くなりそうやなぁ」
 つか、俺も散髪行きてぇ(TT)←未だにハゲ塞がらず

 飯を食って内Pを見た後、やっとJornada復旧計画を開始。バックアップをさぼっていたため、CF上に展開していたアプリやデータ以外は無い。一度フルリセット後、母艦と接続してMSのパッチをあてるところから始める。
 母艦(XP-SP2)との接続にモタついてしまい、何度かクレードルに刺しなおしてやっと繋がったと思ったら、今度は無線LANカードドライバで蹴躓く。
 わざわざ母艦のフォルダに「これを使用」と名付けて隔離しておいたドライバを入れたのだが、ぴくりとも反応してくれない。そういや何かコツがあったよーな…とおぼろげな記憶を探ってはみたものの、「これだ」というものも思い出せないまま本日は作業終了。

 自宅リビングで使用している上では、TELIOSに不満は無いのだけれど、電車の中で「たたき」を書くときに、こうでかいと目立ってしょうがない。早いところ復旧させたいんだけどなぁ…。





2004 年 10 月 03 日

あるある:
 相性悪いベスト5カップルのうち4番目にランクイン(男AB B)。というか、どれ見てもAB型って駄目すぎ。やっぱ孤独に生きていくのが似合うのねぇ>AB。

 まぁ血液型による性格判断や相性判断なんて、根拠希薄につき見せ方によってどーとでもなるのだけども、毎度毎度この手のTV番組で思うことは
「せめて、A、B、AB、Oの4種じゃなくって、AA、AO、BB、BO、AB、Oの6タイプに分けてくれ」って事。BBとBOでは、ちょっとちゃうような気がするぞ(←少し信じているらしい(^^;;))

 昼に衣替えを済ませて、夕方から買い物に出かけた。いつものコーナン→UNIQLO→SATYという黄金コース。パンツ(ズボンのほう)を買ったり、その他細かな生活用品を仕入れ、クレープ食って帰宅。

 メモ代わりに某所に書いたのだけど、Bluetoothな折りたたみキーボードに強く惹かれている私。東芝の新型Genio e830wと組み合わせれば幸せになれるかも…。でもなぁ…PDA(とキーボード)に10万投資ってのもなぁ…。
 早いことキーボードのついたWindowsMobile2003マシンをどっかから出してくれれば丸くおさまるんだけどって何が?(^^;;)





2004 年 10 月 02 日

だから小倉さぁ:
 イチロー年間安打記録更新。ここしばらく「特ダネ」で小倉が「まだかまだか」とさわいでいたようだが、案の定、土曜日に記録更新。小倉が騒ぐと駄目ってのはサッカーのワールドカップで実証済みなのだけども、本人はまだわかっていないらしい(^^;)
 「あぁ~。月曜日、特ダネ見んとこかなぁ…」
 そうだな。鬱陶しそうだし。

 午前中は雨だったらしいが、例によって起きたのは昼過ぎ。昨夜はマシンにもさわらず、梅酒を飲んだ勢いで爆沈してしまった。ストレートでコップなみなみ2杯も飲むもんじゃないな(^^;)。

 結局一日中ぐだぐだと自宅で過ごす。本当ならJornadaの復旧とか、昨日買ってきた本を読むとか、情報処理試験の予習とか、某マニュアルの作成とか、会社サーバのテスト環境構築とか、いろいろやる事あるんだけど、どれもどーも辛い。

 で、だらだらと過ごしているうちに2:00まわってるのだものなぁ…。はぁ…。





 | HOME |  »

Calendar

« | 2004-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。