かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 年 11 月 30 日

 朝から外での会議やミーティングや来客などでどたばた。

 忙中閑あり。喫煙コーナーで同僚と眉根に皺寄せて密談。議題は「悩ましいクリスマスプレゼント」。彼は一応新婚さんなのだけど、先日の入籍記念日に奮発してケーキを買って帰ったところ、家は無人だったとか。嫁の携帯に連絡してみると、そいつの実家で親と飯を食っている最中で「あ?入籍記念?。あぁ別にええかなぁと思って」なんて言われて「どーよ(--#)」といたく憤慨したそうな。

 でもまぁさすがにクリスマスちゅうのは別格で、「何やるねん?」「どうしましょう」と、頭抱えるおっさん二名。とりあえず周囲にリサーチしてみたところ、既婚歴長いほど、特に嫁にはプレゼントはせんそうだ。

 俺もよく考えたら、相方の方が貯金持ってるわけで…。うーん。今更プレゼント渡してなんぞメリットあるかっつーたら…ねぇ(^^;;)。

 この予算でプリンタ買い換えようかな。揺れるおっさん心なり。





スポンサーサイト

2004 年 11 月 29 日

ついに出た:
 戦艦大和の食玩…見ましたか?>各位。1/700スケールの戦艦大和(武蔵)が、カットモデル風(散髪屋のアレではない)に7分割され、一つ400円弱のパッケージとして販売中。全て揃えたら2,800円。すげー。あ、ちなみに分割はだよ。縦じゃないよ。ま、それも魅力的ではあるが(^^;;)。

 相方は本日も出張。今回は中部地方とか。うらやましぃのぉ。

 おいらは一日サーバさんと格闘。
 「もうええかげんリースアップのサーバを返してよねっ!」と、リース会社に怒られたんだけど、結局のところ仕込み中サーバが間に合ってない。仕方がないので某社内FTPサーバの機能を、泣く泣くWindowsなマシンに移行(無論IISなんぞ使わない)し、空いたサーバに現行メールサーバのHDDを換装することに。

 時間をかけて下準備を整え、システムダウンは1時間弱で作業完了。何でこんなに時間がかかったかっつーと、元Mailサーバ用にSMP対応でリコンパイルしたカーネルだったっつーのを忘れていて、起動直後吹っ飛びマシンを前に、あたふたしていたため。

 バックアップしておいたノーマルカーネルに置き換えた後も、プライマリのIDEしか認識しないヘタレマシンなところへ、PMマスタとSDマスタで繋がってたHDDを接続したせいで、起動時のマウントが出来なかったりと、お茶目な失敗しまくり(^^;;)。

 課員の無言のプレッシャーを背中にうけつつ、作業終了してぐったり。疲労困憊なり~。





2004 年 11 月 28 日

 午前中に起床し、高速に乗って宝塚まで。目的はファミリーランド跡地に出来ている「宝塚ガーデンフィールズ」である。

 前々から、「天気のいい日に行くぞ」と決めていたのだが、結局言い出してからもう2月近く経ってしまった。今日は気合いを入れて(ほんのちょっとだけ)早起きし、アクセル全開…あっちゅう間に到着。高速に乗ったら早いねぇ…>宝塚って。
 高速を降りて暫く走り、気を抜いていたら見過ごしそうな駐車場入り口に滑り込んだのは昼過ぎ。あまり客はいない模様。

 ここは、基本的に飼い犬を遊ばせるために「連れてくる」人が多いらしく、そのへんで小ぎれいな飼い犬がうろうろ。大きいのから小さいの、長いのから短いのまで、多種多様な犬達がはふはふいーまくり。車を降りた瞬間から、相方ってばやる気満開。「さぁ~~っかわいがるぞ~~」ってな感じ(^^;;)

 ペットパークの広場では、日頃の鬱憤を晴らすがごとく、走りたくる御犬様達を見学。見ているだけでは何なので、わしらも「ふれあいコーナー」で、「いぢられ過ぎてちょっとお疲れの御犬様達」を、だめ押しの如くなでさすりたおした。

 わんこ達って、ほんと、見てて飽きないよなぁ。すり寄って来られなんぞしたら、もーこれはよぉしよぉしと撫でるしかない!っつーか。なんてーんでしょ。全然別種の生き物同士なのに、ここまで安心してくっついて来るてのは、なんなんでしょうねぇ。
 彼らはモノを喋れないけれど、見つめ合えば「なんとなく意志の疎通が出来そう」ってのと、「能動的な意志表示がある」ってのも、ポイント高いよなぁ。

 …はぁ…犬飼いたい~(T-T)

 そういや「琵琶湖わんわん王国」って、1月で閉園だって。犬達は関東の方に引き取られて行くらしいのだけど、こーゆーところって、需要少ないのかなぁ。
 くたびれきったサラリーマンのセラピーにいと思うのだけど←かなり癒された人達。(^^;;)





2004 年 11 月 27 日

 朝、半身(後ろ半分)冷えきった状態で目覚めた。
 とりあえず自室に戻り、「まぁ休日の早起きもよしとするかぁ」と、昨夜からつけっぱなしのマシンでごそごそ活動開始。2時間ほどがんばってみたが、寒いし寝不足。やっぱもう一眠り…と、ベッドに入ったら、宅急便に起こされましたよ。今週も。

 …毎週毎週何の恨みがあって…(T0T)

 それにしても寒い。昨夜に引き続き、夕方から「Rythm And Police」TV版 DVD-BOXを視聴している間に夜になってしまった。結局一日外出せず。






2004 年 11 月 26 日

 遅くまで開いている書店その2に閉店間際に飛び込んで、チェック入れてた本と、1冊だけ残っていた雑誌をGet。これまた不思議と目立たぬトコロにひっそり佇んでおられた雑誌を、「蛍の光」で追い立てられながらも見つけることが出来るなんざ、「本屋の神様」のおかげに違いない。いやほんまに。

 まぁ本を買わない人には分からないと思うけど、本好きの人なら「本屋の神様」に遭遇したことが、今まで必ずあるはず。ふらっと本屋に入って、ぼーっと本棚前を歩いていたら、妙に気になって引き返した本棚の片隅に、探していた本があった…なーんてことが、今まで一度や二度はあったはず。
 また、「別に今買わなくても…」という局面において、「まぁ近所で買うさ」と見切った本が、後日近所の書店や、購入した書店で探しても、見つからない~ってコトとか。

 後者の場合は「折角神様がチャンスをくれたんだし、これはお布施だと思って…」と買っておけば、絶対後悔しないわけで、おいらはそんなコトをつぶやきながら、ピピッと来た本を(金さえあれば)購入しちゃうんですな。

 …今週、とってもとっても「お布施」している気がするのは、きっと気のせいだと(T-T)
 クリスマスも近いとゆーのに…。






2004 年 11 月 25 日

 午前中は健康診断。昨夜は(いつもの如く)遅くまで起きていたので、視力検査に影響がないかと心配していたのだが、あんまり関係無いみたい。そらそうと、身長が前回と比べて若干低くなってるのは、頭髪が減ったからですか?






2004 年 11 月 24 日

バナナマン・日村風に:
 なんだかねー。最近ねー。(ここまで)←これだけかょ
 ディジタルガジェットへの熱意が下がって来てるようなんですよ。私。二号機再生計画もそんなに前向きじゃなし、プリンタの更新もうーんて感じ。気になるのはHDDプレーヤーだけど、そんなに狂ったように欲しい訳でもない。
 そろそろこの手のアレから卒業して、普通のおっさんになる潮時かもしんない。

ヒルトン前 会社の帰りにちょっと遠回りをして、ヒルトンウエスト周辺を歩いてみた。なーんか大阪らしからぬ、妙にこじゃれた一角とあいなっている。
 ちなみに先日オープンしたHERBIS ENTのテナントは、20:00閉店らしい。そんな時間に帰れるかっての(T-T)

 さらにぐるっと大回りとして本屋に寄って帰宅。探していた2冊の本のうち、片方はなんと一冊だけ残っていた。なーんかありそうな気がしたんよねぇ。本屋の神様はおいらの味方だな。
 でかい本2冊も鞄につめてたら、ちょい腰痛。寒くなりつつあるので、気をつけねば。






2004 年 11 月 23 日

 祭日祭日へいへいへいへへっへ~い。

 例によって夕方からごそごそと外出。相方と時間差で家を出て、電車にゆられ江坂のハンズをうろつきに。捜し物があったので、買うモノリストを作って行ったのだが、これがもー腹が立つほど無いのよ。リスト化意味無し。おまけに当初予定とは違うモノ買っちゃうしさぁ。(←ハンズのせいか?)

 それに携帯の電波が通らず、用事を済ませて駅から連絡をくれた相方は、とっとと先に帰ってしまい、おいらは仕方なく、一人での帰還。

 地元駅近くの書店で、購入しようかどうしようか悩んでいたムックを「ヤケ買い」してしまったわ。

 もーしばらくハンズにゃ行かねぇ。(T”T)






2004 年 11 月 22 日

 午前中は、あるプロジェクトに関する指示、相談などのMailを書き倒し送りまくり受け取っては返事を書き…と、Mail書きマシーン状態。このプロジェクトは隙間業務(おいおい)のため、参加メンバーが油断しがち。なので、週のあたまから猛烈な進行をしてみたのだが、音頭をとってるおいらのほうが、早くばててしまった(^^;;)
 
 定時後、先日移動してきた方々の歓迎会。ビル地下の居酒屋で開催なのだが、携帯電話の電波が届かない。たまたま着座した席の周辺メンバーは全てauな人。わしらだけかぃ…と思っていたら、ちょっと離れた席のボーダフォンのメンバーも、「電波だめだねぇ」とのコト。「ほんじゃDocomoはどうなのよ」ってな話になったのだが、この時点での着席者ったら、誰もDocomoじゃないってゆー…

 「この貧乏人どもっ!」←おいら含む(T-T)

 結局遅刻して来たメンバーの「会社から借りている携帯」で、Docomoも駄目って確認できたのだけども。やっぱ、普通の人にとって、Docomoは贅沢品だよなぁ。





2004 年 11 月 21 日

 昨日のロングドライブの疲れでぐっすり眠っていると
 (1) 自治会費と水道代の集金
 (2) 宅配
 (3) 新聞の勧誘
 で起きては寝てまた起こされて…の繰り返し。わかったよ。起きますよっ(←キレ気味)。

 小寒い上に、飯を食ったら中途半端な時刻。「さぁ。どっか行こうかねぇ」「どうしようねぇ」と、コーヒーを啜っているうちに、もう夕方。

 いつまでもぐだぐだやってても仕方がないので、とりあえず近所まで食材を買いに出た。野菜全般が急に値下がりしていて、キャベツ半玉150円程度で落ち着いているみたい。この冬は、便秘覚悟だっただけに、生野菜の値下げが非常に嬉しいなり。

 飯を食った後、また旧白い巨塔を見始めてしまい、気がつけば0:00を大幅に回ってしまった。やっぱり旧巨塔のほうが、ちゃんと人間関係と財前及び周囲のキャラクターの人間性を、微細に表現しているので、見応えがある。
 危うく勢いで、最終話まで見てしまうところであった(^^;)。






2004 年 11 月 20 日

 昼前に宅急便で起こされた。クール便だったので、急ぎ荷物を開けて冷蔵庫に移動。さぁもうちょっとだけ~とベッドに戻ったところが、なんだか我が家の前で、同じフロアの奥さん3名が、きっつい大阪弁で立ち話開始。それも子連れ(TT)。つか、おまえら、5m歩けば誰かの家に入れるやろうに(T0T)。

 午後から「南下セヨ」という相方指令によりドライブ。高速道路を乗り継いで、りんくうアウトレットへGo。
 俺的には用事が無いのだけどなぁ…と、気乗り薄の出撃だったのだが、某ショップでぴぴっと来るダウンジャケットに巡り会ってしまった。
 この手のアイテムは、買わなかったら二度と巡り会えず、後悔するのが目に見えているので、えいやっ…と購入することに。

 適当に買い物をすませた相方の次なる指令は、「サラニ南下セヨ」…先週に引き続き、イオングループ大阪南部方面の巨大マーケット、イオンシティである。
 先日の川西だかのモールと同様の作りで、とにかくでかい。ショップ類はこれといって、ときめくよーな代物は… ぎゃ。VILLAGE VANGUARDがあるぢゃん!(^0^)v
漢の飲料なり!
 このショップ。ミナミはアメリカ村の裏手にもあるんだけど、本、CD,小物など、誰かの趣味で集めたような、「横断的な商品ぞろえ」が魅力。
 おいちゃんなんか、「一度入ったら2時間は脱出出来ないこと確定」である。結局わしはそこで放置され、相方はショップ巡りに旅立って行った。おいらはここでも本数冊に投資。今日、金使いすぎ。

 帰りに岸和田方面の風呂屋に立ち寄った。入り口からだんじりが出迎え、待合所には提灯。ショップでは、気合の入った飲み物(写真参照)を売っているという、なんとも男前な風呂屋であった。この飲料。スポーツドリンクモドキだったのだけども、あとは、水、お茶(二種類)があって、それぞれパンチの効いた存在感でありました(^^;;)。

 風呂に入った後は、眠気と戦いながら帰宅。深夜を大きくまわり、くたくたになって帰還しましたですよ~。






2004 年 11 月 19 日

 不調~。
 さらにJornadaのATOK POCKETも不調~。なんかパッチ忘れたかなぁ…わし(TT)

 医者の日なので早めに帰宅。今日は採血なり。わりと順調に数が減っている(増えたりもしているけども)ので、このままいけば、構成物質の投与を減らしていけるかもしれんとのこと。もう1年近く飲んでいるからなぁ…。

 夜中はまた旧巨塔の上映会。いやぁ。見れば見るほど面白いなぁ。






2004 年 11 月 18 日

 某顧客システムのビル間ネットワークシステムったら、時代の流れ、技術の変遷がよくわかる困ったチャン。こいつを広域Etherを使って再構築する計画。もともとあるシステム機器はそのままで、通信手段が変わるだけで、まぁ大したことは…と思っていたら、これが大間違い。

 もともとがリングとバスのアーキテクチャ混在で、G/Wになっているサーバ多数。つぎはぎだらけのシステムにつき、あっちのサーバ、こっちのルータで不思議なStatic
Routing多数あり。
 とりあえず現状をまとめようと、手持ち資料と「ついで」に採取してもらったデータから、流れ図を作成することにしたのが、途中で挫折。

 …もうVLANで既存のルータのフリさせる…でいいでスか?(T-T)

 地元駅に到着したところ、相方から「もうじき到着する~」とのMailあり。深夜まで開店しているスーパーに立ち寄ったが食材がほとんど無く、この界隈で俺的にNo,1のラーメン屋で空腹を満たして帰宅。





2004 年 11 月 17 日

 本日は計画的有給休暇。で、やっぱ体調不良気味(TT)。

 起床の時点で計画とはほど遠い時刻。いくつか計画していたイベントのうち、せめて本棚の整理ぐらいはしておこうと、掃除機片手に気合を入れる遅い午後。

 はちきれんばかりにナイスバディの我が本棚から、98年モノのUNIXUSERなど、雑誌類をまとめにかかる。整理中にもかかわらず、ページをめくり始め、気が付いたらマシンの電源を立ち上げたり…という、若干の寄り道もあったが、なんとか小山を3つほど作り、今年度内ぐらいは持ちそうな空間を確保完了。これでやっと積んでいたAbsolute
BSDを縦に仕舞うことができるわさ(^^;;)。

 文房具BOXをひっくり返していたら、モンブランの万年筆を発掘。型番など一切不明で、ボールペンとセットになってるペン先585の黒いヤツ。ここ数年使っていなかったので、無論インクは出やしない。中をあけてカートリッジを抜き、小さな容器にお湯を溜めて、晩飯の間中浸けて置いた。
 引き上げて乾かし、ティッシュで拭ってから、軸の中に空気を吹き込んで水分を先に飛ばしては、ティッシュで拭いを繰り返し、適当に乾かした後で新品カートリッジを装着。うむっ!復活(^-^)v。

 早速RHODIAのNo08にToDoなど書き付けてみたところ、書き具合抜群。

 今までRHODIAにメモを書くときには、シャーペンやボールペンを使っていたのだけど、「なんかイマイチ書き辛いなぁ…紙が「てらっ」としてて分厚いからかもなぁ」なんて思っていたのだが、どうやらこの紙は、「万年筆で書く」と生きるらしい。 実は、万年筆のほうも、普通のノートやコピー紙(模造紙)相手に使用してたので、「なんか書き難いなぁ」と感じて、使わなくなっていたのだ。ここに来て、「書くほう・書かれるほう」が、ようやく噛み合った(^^;;)。

 「割れ鍋に綴じ蓋」じゃないけれど、違和感を感じたときには、方法自体が間違っているのではなくて、「使うほう(手段)」と「使われるほう(環境または対象)」が、噛み合っていない可能性があるんだなぁ…と、まざまざと思い知りましたよ。

 いやはや、万年筆とメモ帳を使って、一つ大事な事に気が付いたような気がするよ。





2004 年 11 月 16 日

 またしても大急ぎで身支度を整えるハメに陥り(←自業自得)、あわてて駅に走る。起きて急に活動したら、「ドロドロ血」が血栓をつくる可能性があるらしいのだが、「血栓できたらヤなんで遅刻しました~テヘッ★」ってな小生意気な言い訳を、課長のデスク横でするわけにもいかん。

 会社最寄の駅に到着後、ふと気が付けば、携帯電話が無い(TT)。サブ目覚ましとして使っているので、朝のわちゃわちゃで忘れてきたらしい。

 てなわけで、珍しく一日携帯無しで過ごしたんだが、たまたま携帯に連絡くれそうなメンバーは、会社にいたり、メールでやり取りしてたりで、全く使わなくて済んだ。相方には出社後すぐに「携帯忘れた」メールを送っておいたので、問題はなし。

 帰って自室を探してみると、My携帯電話ったら、枕を下に、ぐっすりお休み中であった。どうやらおいらを起こし疲れて、お休みになられていたらしい(^^;;)。

 そら、俺も「俺の携帯」だったら、不貞寝の一つでもしたくなるやなぁ>なんぼアラーム鳴らしても起きないんだもん>持ち主>わし(^^;;)。





2004 年 11 月 15 日

 週明けの朝からしとしとと雨が降り、二度寝三度寝のあげく、傘をさして駅まで猛ダッシュ(今思いついたのだけど、猛ダッシュって「猛-」ってことだよな)する私は、もういいかげんやる気無いですかそうですか(TT)


 Jornadaのタイプも、指先がコツを思い出しはじめ、すこおし負担が少なくなっていた。やっぱ電車の中で使うのならば、これぐらいのサイズが丁度よろしい。
 しかしDELの位置が曲者。自宅で相変わらず愛用しているAMITYキーボードは、小さいながらも、あるべき所(BackSpaceの上あたり)にDELがあるのだが、会社のHHKと復活Jornadaは一寸変態的。こいつらのWパンチで、変な矯正されちゃいそうな気配だす。

 帰宅途中、遅くまで営業している某書店に入ると、必ずと言っていいくらい、相方から電話が入る。本日も新刊のビジネス本コーナーを眺めていると、案の定「どこやねん」TEL。

 よくよく考えてみれば、呑みでもなく、女でもなく、帰宅道中の楽しみがSofmapと書店ちゅうのも、ええ歳した中年男性としてはいかがなもんかと。

 下手にスナック通いするより遙かに沢山、身銭を落としているっつーのが、さらに駄目かもなぁ(^^;)。>書店とSofmapに。





2004 年 11 月 14 日

 金くれ:
 一生懸命働く夢から目覚めた朝って、なんだかとても損した気分であるなぁ(T.T)。

 朝から寒い寒い。自宅では靴下を履かずに過ごしていたのだが、ここにきてやっと装着。家事をしている(相方をぼーっと観察している)うちに夕方になったのだけど、寒空とマンション前を行き交う人々が、冬物の上着にを着て、肩をすくめている姿に、外出する気力も無くなった(^^;;)。

 だらだらと過ごし、「白い巨塔」上映会第2回開催。今日は財前教授が羽田空港からドイツに旅立っていったわけで。いやぁ…やっぱ教授連中OB連は、この面子のほうがしっくりくるなぁ。





2004 年 11 月 13 日

 急に寒くなったねぇ。近頃、11月だというのに日中はまだまだ暖かく、時として蒸し暑いぐらいだったのに、急激な冬の到来を感じるよ。

 ただでさえ寒いのに、井川並にのびまくった頭髪(穴あきだが)について、「男は髪の毛を耳にかけてはいけない」との信念を持つ鬼教官から、「さっぱりしてこんかい」命令がでたので、やむなく駅前の散髪屋に行き、チーフの超絶カッティングの餌食となった。なじみの彼も、登場する度に状態がことなるおいらの頭に、やりがいを見いだしてくれているのだろーか。謎。

 夜半、録画しておいた旧版「白い巨塔」を視聴。先月だか、平日にダイジェスト版を放送しており、相方が逐一チェックして録画しておいたもの。

 おぼろに記憶していたのだが、今、改めて「旧巨塔」を見ると、よく出来ている。出演者の大阪弁も無理が無いし、田宮二郎の演技も、人間らしい財前で、非常にいい。
 本日は4話(再編集版だから4部か?)まで。明日以降も少しずつ消化予定。






2004 年 11 月 12 日

おされなかふぇー:
 糞生意気に東京日帰り出張中の相方から、昼休みにMailが来た。
 「こじゃれた薄暗いカウンターで1200円のランチ。ちょいと緊張ぎみ。」
 三十路のキャリアのわりには、一人で飯を食えない相方なので、帰ってきてから状況を聞いたところによると、オープンカフェスタイルのオーガニック系レストランで、どこから入っていいものか、何を注文していいものか、支払いはどこでどうするもんか、よくわからんかったらしい。曰く
 「東京のしきたりがわからん。(T-T)」
…まぁ東京に限ったことでは無いと思うがなぁ(^^;)。

 というわけで、Jornada復活である。久しぶりに通勤電車で使ってみたが、こんなにキーボードが小さかったとは…。ここふた月ほど、Mobaile環境としてTELIOSを使っていたために、もうすっかりJorキーの感覚を忘れてしまっている。人間、楽を覚えると堕落するという好例である。

 やっぱりJorndaでは、「さぁ」と気合いを入れないと、なかなか長文のタイプを一気にやる気分にはならんわけで。と、なってくると、TELIOSかMobileGareあたりのキーサイズがよろしい。ただし、TELIOSのキーは、かなりべこべこなので、やっぱモバギかな。

 はぁ~。出ないかなぁ。キーボード付きCE機。






2004 年 11 月 11 日

 我が愛しのJornada720。修理が終わってから放置期間が長かったが、昨日やっと大容量CFを購入。遅い時間にモバイルなアカウントの設定や、TELIOSからデータの移行、アプリの導入などを行った。100円ショップで購入したベルクロを本体に張り付け、エクストリームリミットのジャケットを着せて、出撃準備完了。明日から鞄の中につっこむ予定。

 「ロシア幽霊軍艦事件(島田荘司:角川文庫)」読了。読み進めると、序盤でほとんどの謎が解けてしまい、「うーん…ここからどうするつもりだ?」と心配していたのだが、御手洗モノ後期にありがちな、ドラマをくっつける手法。これはこれで面白いのだけれども、やっぱり本格ミステリを標榜するからには、最後まで謎解きに終始してほしいな。






2004 年 11 月 10 日

 珍しく早起きして、相方と一緒に家を出た。
 朝一番からの「初めての場所で、初めて合う人と、初めてやる仕事」であったが、若干のトラブルはあったものの、それを除いてスムーズに進行し、予定時刻より早く終了。

 昼飯に松屋に入ったのだけど、そこで、オーダーミスを連発されたワイシャツ姿のおやぢがブチ切れて「もーえー。金返せ」と怒りだし、返金後も気が済まなかったのか、入り口出るなり「ここの店は、詐欺や。牛丼ゆーて豚丼だしよるでー」と大声で呼ばわりはじめた。昼の日中のビジネス街で、こんなアグレッシブな親父がいるとは。(^^;)
 最後のはやりすぎだろーと思ったので、入り口近くに座っていた私は、おっさんに「やかましいんじゃ!」と怒鳴り返したんだけど、おっさん無視して立ち去りやがんの。自分が攻撃されたら無視して立ち去るつーのは、相当卑怯者であるな。アグレッシブ撤回。権利ごり押しの屑野郎決定。
 別に、いかんことにクレームつけんのは勝手だけど、「俺の後ろで怒鳴るなや」と。俺かて、「おちついて飯を食う権利」があるんやで…と。

 そんな具合に一日、社外をうろつきまくり、帰りに相方と待ち合わせて、独身時代によく行っていた隠れ家的定食屋で晩飯を食って帰宅なり。






2004 年 11 月 09 日

 まとまった仕事を片づけようと思っていたんだけど、午後から課会があったりして、結局ざくざくと時間が削られ、ちーとも成果あがらず。
 うーむ…。指示仕事と作り仕事と考え仕事の時間配分が、小物を抱えれば抱えるほどぐちゃぐちゃになってしまうのは、どうにかならんもんかなぁ>わし。

 謎の「VISAからのお知らせメール」…いわゆるフィッシング詐欺メールが来ちゃいましたよ。それも日本語。VISAのサイトとしてリンクされているのが、胡散臭いルーマニアのサーバ。ライトユーザだとHTMLソース見てもわかんないだろうなぁ。ロゴなんかは、本物のサイトから引っ張って来ているし、ちょっと見、よくできている。
 この手のMailだと、ヘッダをちゃんと見たら、「ある程度は」判別出来るし、被害に遭う確率も、ぐんと下がるだろうけども、ヘッダを見たところで、普通のおっちゃんおばちゃんに理解出来るか?といえば、それもまた怪しいもんである。

 最近は、サービスはInetnet経由で…という風潮だけど、それは、今まで各企業窓口や郵便局が受け持っていた「責任」の所在を「ユーザの自己責任」に転嫁してるだけやないのか?
 一見便利に見えるけど、それはユーザの肉体的負担が単に減っているだけで、知的負担は逆に増えてしまっているのではないかと。そのわりに、ちゃんと教育が出来ていない…っていうか、やっぱそのへんはユーザの自助努力に期待している風だしさ。別に「無くてもやっていける」ものなのに、そっちに方法を切り替えることが「時代に乗っている」「デファクト」だと勘違いしてる風。

 インフラとしてはあまりも脆弱・貧弱なのに、「使わせる側」がやみくもにどんどんのかっていってるってのは、どこかで破綻しちゃうんやなかろかなぁ。





2004 年 11 月 08 日

 忘れずにキーボード、HDD、NIC二つを鞄につめて出社。軽いようで腰にくるなぁ…。この詰め合わせってば(TT)。

 午前中は、通常業務をわちゃわちゃ。午後から部屋の片隅で、育成マシンの解体作業。持っていったHDDには、すでに自宅環境であるところの5.2.1-Releaseがインストール済みなので、とりあえずNICを刺して起動。このNICもvrとdcという、まー今二つの代物であるが、只で供出するんだから、仕方がないっちゃ仕方がない。

 一応、5.3-Releaseを焼き込んだCDも持っていったのだが、いまいち不安なので、会社に置きっぱなしにしてある4.10-Releaseを再度インストールしなおす事に。

 無事にインストールも終わり、必要なネットワーク関係の設定を終えて、あとは実験に使ってもらうのを待つばかりなり。実験といっても、テスト環境の切れっ端というか、単なるNAS代わりなんだけれども、実は本体になるマシンが、まだ到着していないという(^^;)。

 なーんか、会社置きの私物が増殖中につき、そろそろリストでも作らんといかんなぁ。





2004 年 11 月 07 日

 昨夜はビールから焼酎に切り替えて2~3杯飲み、ごろっと横になってからの記憶があいまい。

 昼過ぎにたたき起こされて、30分ほど前に目覚めた相方に、「いつまで寝てるんや!」と説教を食らう。…なんかおかしい。目くそ鼻くそという奴ですか?。

 夕方から駅前まで出かけ、おいらはその足で電車に乗ってLOFT方面に向かった。目的は「すてきな手帳カバーとの出会い」である。
 大人しくSLIP-ONのカバーを通販で買えばよいのだが、久々に文具熱急上昇の昨今、ちょいとナイスな文具にまみれてみたかった次第。
 2時間近く文具売場を徘徊し、結局VIASAZABYの旧モデル(現品限り)をGET。あとはRHODIAのメモ帳(No.16)。これ欲しかったのよ(^^)。ついでにrotringのトリオペンを購入。いきなりの文具散財(おもちゃびんぼー)である。

 戦利品を抱えて意気揚々と帰還し、いろいろと差し替え付け替えした結果、元からついているスケジュールノートは結局使わずに、超整理手帳+A5ノート+RHODIAメモ帳で布陣確定。ただし、かなりかさばってしまうのが難点なり(^^;;)。

 FreeBSD 5.3-Release降臨。一部のドライバで不思議な現象が確認されているらしく、これがどの程度本質的なものか判らないため、下手すれば速攻で5.3.1がリリースされそうな予感。
 もっとも、FreeBSD用マシンが崩御されてしまった今、何らかの手だてを考えねば、自宅環境では、簡単に検証出来ない。当初、職場で気ままにFreeBSDをインストール出来る環境が無かったために構築した自宅環境だったのだが、職場の検証環境が充実してきたため、投資・構築関して「各方面」に対する言い訳が弱くなってしまった。まぁ職場の検証環境といっても、既存のリプレース用マシンが(ほぼ未着手のまま)ころがってるだけなんだけど(<早くやれって(^^;))。

 夜半、ミラーサイトからISOイメージをダウンロードし、CD-ROMに焼いておいた。明日、時間があれば、会社の(育て中)マシンに投入予定。そういや件のマシン、開発メンバーに貸与するかもしれんので、大きいサイズのHDDとNIC、キーボードを持って行かねばな。





2004 年 11 月 06 日

なんかのエミュレータかwなんぢゃこりゃ:
 食器売り場で発見したので、こっそり撮影してみました。現品は、蓋の裏側にゴムパッキンがついた密閉容器で、いろいろな大きさがあり、カメラやレンズの保管にぴったりの代物。
 気になるのが製品名w。なんだか胡散臭いエミュレータっていうか…なんかこー「背中の中央部が痒い~~」ようなネーミングでありますよ。
 今度、このパッキンケースを使って、一台マシン作ったろかいな。無論、VMwareでPC-Unixを走らせちゃう作戦が妥当かと(^^;;)。

 午後からぶらりと某SATYへ。おいらは靴、相方は服が目当てだったのだが、これといってときめくモノに巡り会えず、予定ではこのあと「勝ち組」Juscoで食料品を仕入れて帰宅予定だったのだが、相方に鞭打たれ、大阪の西のはずれのダイヤモンドシティまでドライブ。

 ダイヤモンドほげほげ…大層な名前だが、Jusco+専門点街なのよね。当初予定とニアミス。

 結局、相方はときめくアイテムに出会えず、おいらは格安でなかなかイケる革靴をゲット。「ず~る~い~」などと言われましても…。日頃の行いですよ。それは(^v^)

 食料品売場で、とてもうまいシューマイの試食をしたのが運の尽き、あまりの旨さに我を忘れ、8個入り1200円だかの巨大なシューマイを勢いで購入。
 シューマイと言えばビールでしょー…そういやシシャモもあったよなぁ…などと、夜は宴会モードに突入。

 あぁ…土曜日って…幸せ…。





2004 年 11 月 05 日

学習してない:
 テリー伊藤と中村史郎が昔の車についてアツく語っていた。中村曰く
 「いやぁ60年台の車はカッコいいですよ」
…今の日産の車(特にスカイライン)がカッコイイとは思わないのだが。全く。

 ところで皆さんは手帳って使ってますか?。スケジュールや電話帳、メモなんかは全て携帯電話という方も多いと思う。またはPDA。まれにノートパソコンを持ち歩いている腰の丈夫な方も居るみたい。
 何でこーゆー入りかっていうと、最近、ガジェットとして手帳を取り上げたムックや、手帳の使い方を特集した冊子(もっともこの本は「日本能率協会」が発行しているものだけど)、手帳をフォーカスしたビジネス雑誌なんかが、書店でやたら目につくからだ。

 ひょっとしたら、知らない間に世間一般で「手帳再考」が静かなブームになっているのかもしれないが、私が未だに「手帳の使い方」について、悩み中であるが故、書棚のそれらに対して無意識にピントが合ってしまっている可能性のほうが高い(^^;;)。

 私の場合、ウィークデーは携帯とPDAを持ち歩いているが、鞄の中には手帳も入れている。
 手帳は昨年から使い始めた超整理手帳。どこかで書いたと思うけど、この手帳の特徴的な使用法である「必要なだけ持ち歩く」という癖がつかず、結局半年分のシートが刺さってブタ手帳になっているのが悲しい。ここにメインの予定を記入し、会社と自宅のPCにインストールしたMySyncSuiteに転記して、携帯とシンクロさせている。
 また、会社においてある巨大なA4ノートにToDoを控えており、仕事の進捗やメモはすべてこのノートに記入し、処理の度に赤いボールペンで消し込み、次のステップがあれば、シャーペンで追記している。なかなか清書しないため無くし易い電話のメモと、社内ミーティングの議事録も、このノートに統合する事にした。
 在社の時は、手帳とA4ノートで予定・ToDoの管理、外出時はToDoはあきらめて予定だけ手帳で管理、プライベートでは携帯で予定の確認。会社のデスクメインの布陣である。

 さて、こんな状況では、「PDAって何のため持ち歩いているの?」って話になるが、PDAの主用途はメール読み書きに加えて雑文書き。携帯でメールや文章は、よっぽどの事がないと書かない。従ってキーボード付きのPDAを愛用しているのである。

 一応それぞれが、微妙に棲み分けを行っているのだけれど、いまいちしっくりこない。まとめてしまいたいなぁ…と思うこともあるが、PDAに集約すると、電池切れの時に悲惨だし、携帯は入力がしんどい。さりとて、以前使っていたシステム手帳に戻るっつーのも、どーもだし、普通のノートってのも、見た目美しくないなぁ…と、心乱れまくりなのである。

 あと10年ほどサラリーマン生活を続けていたら、自分に合致した何かスペシャルな「技」が編み出せるかもしれないが、それまでは、試行錯誤の毎日でありますよ。





2004 年 11 月 04 日

賭け:
 昨日の深夜、相方ってば「明日(すなわち今日)、早起きして早く出なあかんねん。ちゅうかはよ起きるねん!(鼻息荒=3)」と大胆発言。そうは言っても二度寝の女王様であるからして、いつものごとく二つの目覚ましを5分毎に40分間止めながら、二度寝三度寝を繰り返し、挙句の果ては5分で身支度整えて、飯も食わずに飛び出して行くに違いない…てな見解を控えめに申し述べたところ、さらに「起きるゆーたらおきるねん!」と決意の固さを表明。
 そこでとりあえず言うてみた。
 「ほほー。もし俺が起きて、まだおったらパソコンのパーツ買うてくれるか?」
 「ええで。こーたるで。」
 「ほんまやな~ほんまやな~」
 「くどいねん。こーたるちゅーねんッ!!(--#)」

 今朝起きたら、既に人の気配皆無なり。飯を食った痕跡が無いところを見ると、やっぱりぎりぎりでマッハ出撃したらしい。
 帰宅後、「おらへんかったなぁ。昨日の晩遅くまで、買うてもらうパーツを選んどったんやけど残念や」と遺憾の意を表明したところ、
 「あんたにゃぁ優しさとか遠慮っちゅーもんは無いんかっ」
 …もし寝坊していても、この手で踏み倒すつもりだった気配濃厚。端から買う気無かったらしい(TT)。ちぇっ…Pentium4買わそうと思ってたのに…。

 汗ばむほどの好天であるが、午前会議午後客先という一日には、何ら関係が無し。
 会社に帰ってしばらくしたら、空調が停止して、蒸し暑いの何の。やたら密閉性の高いオフィスなのか、定時後の蒸し暑さたるや、雨季のアマゾン並(予想)である。特にウチの島と隣の(おいらの背中側の)島は、はまりにはまっている残業者がやたら多いため、人の熱気と使用マシンの熱気で、異様に蒸し暑いのだ。暫くのあいだいろいろと片づけていたが、気持ちが悪くなって2時間ばかりで撤収。

 アメリカ大統領選挙。ブッシュ再選だそうな。世界はどんどん混迷の度を深めて行くのだろうな…。





2004 年 11 月 03 日

 大安祝日なのだが天気は今一つ、薄手の布団から冬用の布団へ交換を目論み、布団を干してはみたものの、晴れたり曇ったりでいまひとつ乾きがよろしくない。

 午後、リビングでくつろいでいたところ、窓を開け放しておいた「俺部屋」の方から「ポン」と乾いた音がした、「あれ?何だろ。外の音?」なんて思っていたら、また「ボン」と同じような音が。
 相方と顔を見合わせつつ、リビングを開くと「ハンダの融けた臭いが混じった燃焼臭」が漂っていた。初めは窓の外で何か燃えてるのかとも思ったのだが、俺部屋に入ると尋常ならざる臭さ。間~違いない。俺の部屋で「何か」が吹っ飛んだっぽい。それもコンデンサっぽい感じ(TT)。

 とりあえず窓を閉めて、相方と二人でくんかくんかとそのあたりを臭い倒す。しかし、臭いが散ってしまっているので、なかなか臭いの正体が特定できない。仕方がないので、「俺部屋にあるすべての電化製品」のスイッチを順に入れていくことに。
 まずは、メインマシンとディスプレイ二つ。こいつらは無事に起動したので、コンセントから外して次へ。
 お次はFreeBSDマシン(弐号機)。一応電源コードはタップに刺さっているのだが、最近メインスイッチ入れてないんで関係無いかな…(電源ON)…たちあがりましぇーん(TT)

      犯人は君だッ!

爆発融解パーツ 電源コードを抜いてケースの外装を剥がすと、そこはかとない「焦げハンダ」の香りが漂った。なんか、電源部分の空気抜き口が、焦げているような汚れ方である。
 「うぁ~電源かょ」と思いながら、ケーブル類を抜き、ボード関係を取り外し、マザーを外そうとしてやっと気がついた。なんか、パーツが一つ、完全に爆発融解してるんスけど(T0T)。

 しいくしく。これで暫くFreeBSDで遊べない上に、もう一台新調せねば。いやその前にプリンタを購入しないと。まったく、先日のJornadaからはじまって、プリンタ、弐号機と、手持ちの電化製品が、ちょっとずつ駄目になってきてるのは、いったいどーゆーわけだろーね。何かと物いりだっつーのに…>年末へ向けて。

 教訓:パソコンを使わないときは、コンセントを抜きましょう。





2004 年 11 月 02 日

イーグルス:
 誰も言わないようなので、あえて言うけど「だっさい名前」。
 なんだか野球漫画(それも三流どころの)に出てきそうな感じ。もちょっとなんかなかったのかいな。個人的には「パイレーツ」にしてほしかったのだけどな。千葉をホームにしてさぁ。

 会社での行動はさておき、「何がしたいかわからん会議」はやるべきではないと思うわけです。会議や打ち合わせを召集する際には、「これこれこーゆーことについて、これを決めませんか?」とアナウンスすべきなんです。やることと、何をアウトプットにするかが解っていれば、歩きながら、飯を食いながらでも、話すことを考えられるわけで、いきあたりばったりで集まって、話題を決めよう的な会議は、しちゃいかんです。あらかじめ、メールでしっかりやりとり、議論を行って、その後、どうしても顔を合わせて「文章の下手な部分を補う」トークなりプレゼンなりをすればいいと思うのです。
 「とりあえず集合」っていうのは、他人に人生の無駄時間を強要しているのと同じ事です。

 …なんかねぇ…ま、いいけど。

 晩飯を食いながら、唐突に映画大会。だーいぶん前にジャンカー先輩から借りた、「ラスト侍(…と書いたら何故かコントっぽい)」を見た。妙に「ちゃんと」作っているため、あちらの映画っぽくない。ふむふむ…真田広之かっこよいぞ…なんて思いながら見ていたら、途中で相方、眠気に負けてダウン。あと半分は、明日に残して本日は就寝なり。





2004 年 11 月 01 日

 月の頭が月曜日というのは気分的によろしいね。なんだかこう「さぁ! 新しい気分で始めるかっ」てな具合で、何かこう根拠のないヤル気が出てくるような気がしないでもない。…通常は。

 なーんか大型の地震がやってきそうな嫌~な雰囲気の関東方面へ、月の頭から出張っつーのもいかがなもんか(TT)。行きの新幹線で、本日の打ち合わせ主幹から「遅れるのでよろしくお願いします」なんて、電話が会った日には、さらにやる気減退。付け加えれば、金曜日に会社を休んだせいで、持っていくはずの資料を持っておらず、すなわち丸腰。

 打ち合わせはかなり長引き、毎度おなじみ秋葉原に降り立ったのは、ちょっと遅い時間。昼飯を抜いたために、若干のふらつきをおぼえつつ、まわるべきところはまわり、買うべきモノは買い(おいおい)、久々の「じゃんがら」でラーメン食ってちょっと生き返った。

 先般の出張時に、HHK Lite2を購入したのだけども、今一つ満足していない私。相変わらずキーボードを求めて放浪中なり。やはり、こればっかりはある程度使い込んでみないとわからんわけで、ちょろりと触ったIBM
Travel KeyBoardを勢いで買っちまいそうになりつつ、ぐっとこらえてみたり。

 ちなみに本日の戦利品は「格安ディスプレイ切替機」「USB-PS2変換コネクタ」「携帯イヤホンマイク」と、まぁ見る人がこのラインナップを見れば、どこのショップで購入したモノか一発で解る罠(^^;)。

 帰りの電車は幸いにも隣に客はおらず、一つ前の席でタバコをふかしつつ、レディコミを呼んでいるケバ目お姉ちゃんの、完璧なまでに脱毛しつくされた二の腕を、シートの隙間から観察しながら、ゆったりと眠りにおちましたよ。

 …起きたら頭痛くって(TT)。風邪引き戻したか?






 | HOME | 

Calendar

« | 2004-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。