かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 年 04 月 30 日

 トレーナーを着ていると汗ばむ陽気となりましたなぁ。ベランダから見下ろせば、通りを行き交う人々は、もはやTシャツやらノースリーブやら、夏の装いでやんすよ。

 いよいよ連休に突入したので、日頃書き溜めておいた「やりたいこと&やらなきゃいけないことリスト」を消化したいのだけれど、ついついだらだらと過ごしてしまい、ちーとも片付かないのが実情なり。いかんなぁ…。

 掃除をしたり、食材を買いに行ったり、HDDレコーダーに録り溜めた番組を見ながら、MP3のIDタグ打ったり…うーん、折角の良い天気にいったい何をやっとるんだと。(^^;;)

 でもって、明日から天気崩れるらしい。本当になんだかなぁ…である。





スポンサーサイト

2005 年 04 月 29 日

清原500号:
 ちぇっ。普通やん。

 好天だった…ようだけども我輩には関係なし。なぜなら今日一日は思いっきり眠ると心に決めていたから(^^;;)

 午後遅くにちんたらと起きて、こまごまとしたことを片付け、呑みモードに入って気が付けば深夜。いかんがな。これはヘンなローテーションにハマリそうな予感。





2005 年 04 月 28 日

 会社の近くの土手べりに、タンポポが群生中。一面青々とした雑草の絨毯の中、タンポポの黄色が散って、とても綺麗である。

 さてさて、本日一日を過ごせば、いよいよゴールデンウィーク突入…なのだが、先週の風邪ダウンが引鉄となって、仕事スタックがいっこも減らない。とてもじゃないけど、今日一日ではいかんともし難く、さりとて放置するにも気が引ける。

 悩みどころではあるけれど、社内ネットワークが早々にダウンしたのを幸いに、とっとと帰宅する事に。無論、仕掛かり中の色々は鞄に詰め込んでの帰還。たぶん、この休み中に開けて見もしないだろうけどね…。

 帰りに本屋に立ち寄ったら、連休前を意識してか、ハンドメイド系趣味本が平積み。何冊か目を通してみたところ、その中の「水彩画プロの裏技(奥津国道:講談社)」「水彩画プロの裏技2(奥津国道:講談社)」が気にいったので購入。おいちゃんの自慢旅日記と美しい作例に加え、透明水彩の技法が記されてあり、ある程度絵を描ける人にはお勧め。これから風景画を始めてみようという方も、Part2の「ダンボールタウンを使った練習法」が、絶対役に立つと思う。
 ちなみにおいら、中・高と体育会に加えて隠れ美術部だったので、絵心は無いことも無い。(^-^*)
 とはいえ、この休みに水彩画を書くことは、たぶんないので、例によって「積読趣味本」となる予感ではあるが…(^^;;)。

 引退後に楽しむための趣味本は購入済みだし、それぞれの基本的な技術は、ある程度習得済みなので、あとは引退しても困らないように、貯蓄をするだけだなぁ。

 …ならば、無駄遣いすんなって>趣味本とか(^^;;)





2005 年 04 月 27 日

 最近ちょっぴり会社に絡む時間が延びてしまい、自分の時間を確保するのが難しくなりつつある。通勤時間が延びたり、実際会社に居る時間が延びたり…。

 そうなると、「自分の時間」を確保するために、睡眠時間を削ることになるため、慢性的に睡眠不足。睡眠時間を通勤時間に求めようにも、短時間でぐっと眠って疲れが取れるほど若くないので、「ちょっと眠る→中途半端な疲れが残る」の繰り返しによる小さな疲労が、腰とか首とか、バンテリンが効きそうな部位に蓄積してきたのがわかる。

 せめて1日のうち2時間~3時間、誰にも何にも邪魔されない自分だけの時間が欲しいなぁ…と、心の底から思うわけで。でもそれって贅沢だよなぁ…。一番の贅沢。





2005 年 04 月 26 日

 ニュースサイトをチェックするたびに、亡くなった方や怪我をされた方の数がどんどん増えている。いたたまれない気持ち。
 亡くなった方には、心からのご冥福をお祈りいたします。

 聞くところによれば、JRにおいて、電車の運転を評価する場合、減点方式を用いるとの事。「うまくいってあたりまえ。駄目なら減点」で、マイナス評価が「つきやすく」なっているというシステムでは、嘘を言ったり、無茶にマイナスとりかえそうとしたりといった、「やっちゃいけない事」に対しての自制が効き難いのではないだろうか。

 スピード超過…それだけが原因じゃないかもしれない。しかし、一つの要因ではあると私は思う。自分の仕事は決して「電車を運転すること」ではなく、「他人の人生を運ぶこと」である…その事実を忘れてしまっていたのか。もしくは、気付かなかったのか。

 会社として、その仕事に対する評価基準がおかしいのかもしれない。その会社に属する人間は、自分の仕事を、その「おかしな評価基準」を元に、見ることしか出来なくなっているのかもしれない。
 自分の「真の仕事」は何であるか。自分は「何を背負っているのか」は、この会社の「評価基準」では、認識できないのではないだろうか。

 私自身、十数年の会社勤めの中で、会社の評価基準と、私が信じるところの「人としての評価基準」とのギャップに苦しんだり、悩んだりすることが多々あった。無論、JRと同じような「減点方式」の考え方の下で…だ。実のところ、今も悩み続けている。

 たまたま今まで、直接的に人命を背負った仕事をすることが無かったが、もし、この運転士と同じような状況に陥った場合、どうしていただろう。スピードを出さずに運転出来ただろうか…と考えてしまう。





2005 年 04 月 25 日

 昼休みにニュースサイトをチェックして愕然とした。何がなんだか…>JR宝塚線の脱線事故。社内外含め、近しい方は被害に遭っていない模様であるが、何時自分や身内が遭遇してもおかしくない事故である。

 いったい原因は何なのか。徹底的に究明いただきたい。





2005 年 04 月 24 日

小さい:
 「昨日な、百貨店みたいなところから「何でも持って帰ってええ」って夢見た」
 「ほぅ。何持って帰ったん?」
 「キッチン雑貨。調味料入れとかボウルとか。目ぇ覚めて悔しかったわ」
 …そのぐらい買えよ(^^;;)。普通に。

 天気が良く、気持ちのいい一日。掃除機をかけたりをしたりカーペットを入れ替えたり、ここ二週間放置状態の我が家を掃除。先週末は寝込んでいたので、ここぞとばかりに物陰で成長していた綿ボコリを、ずりずり吸い出すこの快感。(^-^)

 古田。2000本安打達成(勝ち試合)。公約どおり、記念ボールにサインして観客席に投げ入れるとはさすが。「インターネットのオークションには出さないでね」というコメントは、思いのほか安く落札されたらショックだからか?(嘘嘘(^^;;))
 とにかく、こつこつと一線で刻み続けた結果の節目が、チームやファン(それも相手チームのファン含めて)に、祝ってもらえるというのは、それを傍から見ている私にとっても、なんだか嬉しいことでありますなぁ。





2005 年 04 月 23 日

 うーむ…と唸りながら、半日ほどかけて資料作成なり。


 どーも最近、清原が気になる。昔はそこそこ好きだったのだけど、ここ数年で一気に「嫌い」評価にシフト中。

 昨年のストライキ時の「言うだけ番長」ぶり、取り巻き連中(元木とか)の存在、でかいくせにだらしない動き、そこにもってきて今年の黒坊主+ダイヤピアス。俺的清原評価は超マイナスである。夢の対戦「清原(番長)vs一茂(一応極真)」があったとしたら、まず間違いなく一茂を応援する。(…だから無いってば)

 さぁ、そして先日の藤川球児に関する「ちん●こついてんのか」発言。…ほんまにこんな事をノタマッタ(言いそうだけど)のならば、そらもぅアレです。俺的に堀内以下の扱いです(←なんだそりゃ)。…実際、中日のピッチャーにストレート投げられて「打てない」わけだしさぁ。

 いくら500本のホームランがすごいことであっても、それをなしえた(未だだけどさ)清原に対して、素直に感動も感心も出来ない。それどころか、できれば6~7連敗の末、大差(13-0とか)がついた負け試合の9回裏2アウトランナー無しの初球、全く大勢に影響が無いソロホームランを、甲子園球場(とかビジターの球場)で打っていただきたい。それも場外ホームランでボール紛失。もっと言えば、(ありえないけど))ランニングホームランのほうが望ましい。東京ドームなら、「認定ホームラン(それも、センタースピーカーにぶち当たったことは当たったけれど、落ちてきて野手にキャッチされて「普通の球場ならアウトやーん」とか、突っ込まれる状況)」がよろしい…とまで思えてくる。「ぐだぐだになるがいいさ。」というやつである。

 別に根っからのアンチGでも無いし、吉伸の必死さが伝わってくるプレーは、ついつい応援してしまうおいらなのだが、どーも今の地蔵を取り巻く連中は「俺が嫌いな野球の暗黒面」を、すごくわかり易く具現化しているように感じるのだ。

 早いところ、堀内の更迭と地蔵一派の一掃、そしてチームの再編と建て直しを望む。
 (↑誰やって(^^;;))





2005 年 04 月 22 日

 おばあさんは街へ仕事しに。お自慰^H^H爺さんは自宅でお仕事。

 えー…本日は「計画的有給休暇」。ちゃんと数週間前に、社内処理済みのお休みである。
 が、今週わずか1日しか出社していない酷いサラリーマンなわし。連休を目前にして、(今月異動したばっかだというのに)作り物書類山積残存である。

 休みを取ったときには「のんびりノートブックにFreeBSDインストールでも…」なんて呑気な事を考えていたのだけれど、なーんのなんの、昨日に引き続き、自宅でWORDの鬼である(TT)。これまた、会社でやる以上に仕事進みまくり。タバコ吸い放題だしさぁ。

 夕方からは禿医者。やっと大禿が一つに収束してきたので、先生もご機嫌である。
 ちょろりと本屋を覘いて簡単な買い物をぶらさげ帰宅。天気は良かったのだけど、風が強い上なんだが小寒い。うーん。咳も出てきたぞ(TT)。





2005 年 04 月 21 日

掛け声:
 病院に行くために、高熱と戦いながら「生れ落ちた子牛」のようにヨロヨロと立ち上がる相方を、枕元で応援してみた。
 「立ったワ!クララが立った!」
 「…か、風邪…あ、あんたの所為やのに…(TT)」
ちゃいます。こじらせたのは自業自得です。(きっぱり)


 病み上がりなのに看病に疲れまいた(T0T)。

 まだまだ若いつもりでいるおばはんの熱、看病の甲斐無くちーとも引かず、午前中休みをとって医者に連れて行く事に。ほら、この治りの遅さ。やっぱりおばはんやん。
 だーいぶん待った末の診断結果は、もともと疲労等で体が弱っているところに、風邪を引いたもんだから、人並み以上にこじれてしまったとの事。

 診察終了し、相方を連れて帰ったら、もう午後からの出社時間に間に合わない(オフィス、遠いんスよ(TT))。止む無く「休みます」とTELを入れ、自宅で書類作成。こんなこともあろうかと、昨日主要なネタを持って帰っておいて正解。

 薬を飲んでコンコンと眠り続けた相方は、夜には復活。「うー…何食べても味がせんなぁ…」と、ぶつぶつ言いながら、コンビニ弁当をばくばく。





2005 年 04 月 20 日

記念すべき誕生日:
 (正確には昨夜だが)聖なるこの日、我が愛しの電網に解き放った初メッセージが
 「姉妹で高速放尿ショーですか?」
 …というのは、ワレながらどうかと思うわけですよ(T-T)。


 久しぶりに出社。溜まったメールの整理なんぞをしていると、寒くなったり暑くなったり、どーも自律神経がまだおかしい。

 昼休み、本日も休んでいる相方に電話をかけてみたら、「さっき計ったら37度台前半まで下がった」と、元気そうであった。

 他人丼を食ったぐらいで胃モタレ気味になり、臭いゲップを連発しながら夜まで仕事。帰る前に、自宅に電話をかけてみたらば相方「熱が急にぶりかえしてきた。38度超えてる…(TT)」と、瀕死の声。

 こりゃーいかんと、速攻で帰宅。駅前の商店で、水枕やら飲みモノ食い物を大量買いして、「急に熱がぶりかえすとは…ひょっとして風邪じゃないんやなかろうか…んー…この時間だと救急しか開いてないなぁ…」と今後の対応など考えつつ、急ぎ足で自宅に向かった。
 角を曲がって自宅が見える住宅路に入ったとたん、全ての謎が解けた。

 ベランダに翻っている、大量の洗濯物…(TT)

 アホかーーーーーーい!!ちょっと熱が下がったぐらいで、いきなり起きて洗濯とかするやつがあるかーーーーーい!

 食うものろくに食わずに丸三日間高熱出して寝込んでおいて、一瞬熱が下がったからといって、いきなり普通のペースで家事とかやったらそら熱も上がるわ。(TT)

 あたりまえだが、相方の熱、39度まで上昇。わし、持って帰った仕事しながら、氷枕とタオル絞り一晩中。

 …お互いとうに30過ぎてるんだから。後腐れなく風邪がすっきり治るほど、若くないんスよ。





2005 年 04 月 19 日

真夜中でもラブメール:
 深夜、ピンポロパラポロピ~ンと相方からCメール。
 "換気扇ついてるか見ておいて"
 「メールで俺を使うなって(TT)」
 …しばらくしたら、キッチンから「ガタン」と物音。そしてピンポロパラポロピ~ン
 "キッチンでなんか落ちたで"
 コラー(TT#)

 あいかわらずの病人夫婦。本日も会社休みである。
 オイラはやっと37度前半だが、早朝小走りでゴミを捨てに行ったら眩暈を起こし、相方は未だ38度の高熱。ここ二日、ずっと家に居るもんだから、近所の奥さん達は、夫婦揃ってリストラにあったと思っているに違いない。

 ずーっと寝ていると腰やわき腹や後頭部など、要所要所が痛くってたまらん。特に腰。ベッドがヘタリつつあるもんだから、ヘンなくぼみが出来てしまい、そこに体が収まって、妙な体勢に固定されてしまう。この体勢が腰にとてもよろしくない。さりとて、デスクの事務椅子も腰に悪いので、ずっと座っているわけにもいかん。体を休めたいのだけども横になれないジレンマよ…。今度のボーナスで、ちゃんとしたベッドを買わんといかんな。

 ともかく、おいらの方は夜には復帰。ほぼ平熱に落ち着き、コマメに関節をぼきぼき鳴らしたり、ちょっと歩き回ったりして、おかしくなっていた筋肉を平常に戻したが、相方の熱がまーったく下がらん。宿主がオイラということで、相当強烈な風邪の菌だったらしい。

 我が家で一番元気なのはカメ吉でありますよ。今んトコロ。腹が立つほど餌食ってるし。(TT)





2005 年 04 月 18 日

力説:
 「「旦那にうつされたんですよー」て、言うたった(`д'#)」
 …いやべつに、そんな鼻息荒く言わんでも(^^;;)。at 診察後の待合室。

 ほれみたことか、シャワーなんぞ浴びるから熱をぶりかえしてしまい、もーふにゃふにゃ。相方は、まさに昨日のワシ状態で、熱にうかされながら真っ赤な顔して布団でダウン。無論、両者とも会社休み。

 夕方、車に相方を積んで、視界30cm状態で医者まで運転。二人揃って医者で薬をもらい、適当に飯など買い込んで帰宅。

 しっかしここまで高熱微熱が続くのは何十年ぶりにつき、体が耐えられないですよ。





2005 年 04 月 17 日

そういえば:
 ええ。情報処理試験だったんですけど、行けるはずもありゃしねぇ(TT)。5,100円パーですわ。(←そんぐらいどーってこと無いやろて)

 若干熱が下がり、今度は38.5度から37.6度あたりをうろうろ。ずーっと気持ちが悪く、節々が痛み、局所的な頭痛激しく「あぁ…わしもここまでか…」と思いましたですよ。

 残念ながら、「ここまで」になることも無く、そのかわり、この風邪が相方にうつってしまい、二人して寝込んでしまう事に。二人暮しで病人二人。これはもうどうしようもないわけで。

 夜になり、37度台前半になってきたので、一安心してシャワーなど浴び、ちょっぴりすっきりとして眠る。





2005 年 04 月 16 日

 朝起きてあまりに気分が悪く、熱を測ったら39度。一日横になっていたが、夜になっても38度過ぎ。熱が引かずに気持ち悪くて飯も食えず、ひたすらスポーツドリンクだけ飲んでダウン。
 一日の記憶朦朧。つか、ほとんど何をやってたのか憶えていない。唯一憶えているのが、体バランス飲料「DAKARA」の500mlペットを、2本呑みきった事ぐらい。





2005 年 04 月 15 日

 飯を食ってごろごろしていると、急に寒気がしてきた。冷え込みのせいかなぁ…と思ったのだけど、本格的に寒く、そして眠くなってきたので、風呂にも入らず布団にGo。





2005 年 04 月 14 日

不思議なウィルス:
 ブラウザのボタン類の表示すらぐしゃぐしゃにしてしまう「サーバに感染するタイプの新型ウィルス」とわ…。いや、ぱっと見IEっぽかったけど、実は総flashか何かで出来た専用クライアントなのかも。それをまた、コンパイル無しでコード修正だけやって修復するってのも、何かこうすさまじく何だかなぁ的なのだけど、最近のサーバとか、サービスプログラムって、そんなんで直るの?。というか、電断再起動って、「サーバに侵入されたんなら、一番やっちゃいかん事だと思うのだけど。
 …ツヨポンのドラマ見ながらぶつくさ言いすぎのわし(TT)

 まぁ、このところポンミスの連続でちょっとアレな私につき、大きなことは言えないんだけども、恥をしのんでご報告。
 某所でqmailのbadmailfromで正規表現が使えるように、qregex patchをあてて運用をしている。最近、あまりのSPAMの多さに頭にきた私、業務に一切関係ないと思われるトップレベルドメインを、まるごと拒否するようにbadmailfromに記述。トップレベルドメインは、以前まで「素の」状態で運用していたbadmailfromをスクリプトで集計した結果から抽出。

 さぁ正規表現使ってbadmailfrom書きました、暫く放置してみたがSPAM来ません、大成功。さて、ドキュメント書き仕事に没頭するか…。

 …夕方連絡が来ました。「クライアントからメールを送ろうとしたら拒否されるんだけど…2時間ほど前から。」

 2時間ほど前っつったら、意気揚々とbadmailfromを書き換え終えた時ですな。何かミスしたかぁ?………

 …ターミナルで件のファイルを開いた瞬間、さーっと血の気が引きましたね。

(略)
@*\.kr
@*\.co
(略)

とか書いてある。それも50行ぐらい、このパターン。ちなみに正解はこれ。

(略)
@*\.kr$
@*\.co$
(略)

 何が起こっていたかというと、正規表現で行の終端を表す「$」が抜けていたため、フィルタに書いたルールが「ほげ@へげへげ.co.jp」にマッチしてしまっており、なんと国内の全ての株式会社からのメール配信完全拒否。無論、自社内クライアントからの送信も拒否。(TT)

 もーなんて謝ったら良いかよくわからんぐらい落ち込みましたです。すんませんでした>各位(_o_)





2005 年 04 月 13 日

 また急激に寒さが戻って来ましたなぁ。

 出張明けのダルい体を引きずって出社。相方は有給とって友人宅に遊びに行くとかで、布団の中。うらやましすぎる。(TT)

 通勤が遠くなったおかげで早い時刻の電車に乗るようになった。これが意外にも座れたりするもんだから、音楽聴きながら座っていると、すぐさま爆沈。

 朝起きる→乗り継ぎ→座れる(すぐ爆沈)…1サイクル目
 駅に到着→仕事→帰りの電車に座れる(すぐ轟沈)…2サイクル目
 乗り継ぎ駅で起きる→帰宅→布団で撃沈…3サイクル目

…かように、私、普通の人の1日=1サイクルの間に3サイクルを過ごしているわけで、このままいくと、他人の3倍の速さで歳をくってしまいそうな気がする。犬並だわなぁ。この歳のとり方って。





2005 年 04 月 12 日

 出張2日目。昨日に引き続き、小寒い上に天候最悪。

 天候ともかく朝から晩までびっちりと業務の引継ぎ申し送り業界の説明製品の説明など。あふれんばかりの新たな知識を耳の穴からえいやっと注ぎ込まれ、目と口から滝のように取りこぼしながら呆然自失で帰阪なり。





2005 年 04 月 11 日

 出張。東京は品川方面。

 あいにく天候がよろしくない。寒いし。おまけに昨日の小旅行の帰りにとった新幹線が、あろうことか品川に止まらない列車であるということに、乗車後のアナウンスで気付く。(TT)

 言い訳すると、昨日駅の予約券売機で購入しようと、糞機械にビジネス回数券を突っ込んだところ、機械の内部で回数券がからまってしまい、対処してくれた駅員が、そのまま手動で取ってくれたチケットなのだ。よくよく考えたら、その際に「品川までね」と言ってなかったわしが悪いんだわな。

 大分早い時間に東京駅に到着したので、山手線外回りで10分少々。集合時間には余裕で間に合い一安心。

 今日の出張は、新職場での業務引継ぎ説明と、新年度のキックオフ。定時後は懇親会で、自己紹介したり注ぎにまわったりで、あっという間に酔っ払い一丁上がり。

 近所のホテルに戻ってバタンQ太郎。明日も朝から引継ぎでやんす。





2005 年 04 月 10 日

桜のトンネル 穏やかで暖かい陽気につられ、滋賀県は草津川のほとりまで足を延ばしてみた。

 草津までは、大阪から新快速で45分。件の川までは、駅から徒歩10分。1府(京都)をまたいでの小旅行である。

 草津川は、小学生の頃習った「天井川」。居住地よりも、高いところを通っている川である。川と言っても、もはや水が涸れてしまっており、草ぼうぼうの大きな溝なのだけれども、その堤防沿いには、延々と桜が植樹されており、小さな薄桃色の花が満開。まるでピンクのアーケードのようであった。

 のーんびり散歩して、春を楽しんだらまた1時間以上かけて帰宅。

 帰宅したら、マンションの裏手の桜が、草津川の桜以上に美しく満開でありましたよ。
 春はこんな近くにあったのだね。





2005 年 04 月 09 日

 とてもよい天気だけど、くしゃみ炸裂中。昨日の通院時に、前回の精密検査の結果を聞いたところ、粉系(スギ花粉とかハウスダストとかダニとか)のアレルギーが発見されたわけで…。知ったら余計に鼻の具合がよろしくない。
 数年前も似たようなテストをして、特に問題なかったはずなのだけど、いろんな要因で、体質がおかしくなってしまったようである。「病は気から」というけれど、「気(=心)」が「病んで」いる場合は、余計に駄目になっちまいやすいんだろうな。

 今日はのんびりと掃除をしたり、相方手作りのケーキを食ったり、野球中継を見たり、本をぱらぱらとめくったりと、例によって例の如くダレダレで過ごした。






2005 年 04 月 08 日

咲き誇る春…  天気よし。

 春のうららの通勤路にはみごとな桜並木。思わず携帯カメラで撮影したのだけど、同じように撮影していた女性ちらほら。自分のBlog用ではないだろうか(←きめつける人)。

 昨日手直しした旧職場のサーバ。どうも動作が怪しい。仕方が無いので、ネットワーク越しにいじっていたのだけど、どんどん状況が悪化していく一方なので、「夜に行くから」と電話連絡。

 実は、本日は禿医者の日。職場が遠くなったので、早引けをして自宅近くの医者に行き、受診後あわてて電車に乗って旧職場に向かう。
 旧職場では、待ち受けていた後輩とぐりぐりとサーバをいじり、なんとか復旧。これであとしばらくはさわらなくてもOKかと。つか、昨日の対応の時に、ちゃんとテストしておけば発見できたはずの不具合なんだけど…ん~悔いが残るわし。

 ついにグイン100巻発売。「グインサーガ100 豹頭王の試練(栗本薫:ハヤカワ文庫)」即購入そして読了。「豹頭王の花嫁」じゃないのがなんとも残念な上に、素人がぱっと読んで解るくらい筆が荒れているのが悲しい。103巻まで出来ているらしいが、このクオリティでは…。これ以上内容が酷くならないうち(110巻あたりが限界かも)に、完結しちゃってほしいなぁ。
 かなり好きな世界だし、こうも長年付き合ってきているので、自分から止める(Net上の用語では「解脱」と言うらしい)勇気が無いのが、われながらなんともだらしがないなぁ(^^;;)。

 まぁこれが中毒の中毒たる所以だけどね。






2005 年 04 月 07 日

 USBメモリ用ThunderBirdとFirefoxを作ってくれるツール「携帯FOX」がとても便利なり。今までは、社内でIP reachableなトコロからのメールチェックに、nPOPQを使っていたのだけど、ブラウザの持ち運びが難であったところに、ナイスなツールである。メールもこっちに乗り換えようかしらん。そういやハギハラシスコムから、既にThunderBirdとFirefoxセット済みのUSBメモリも発売されてたな。

 昨日作業したサーバ周りの設定、遠くの事業所の1部門から「見えないよぉ」のクレーム。何のことは無い、サーバのルーティングのミスが原因。ミスというか、各セクションのローカルネットワークアドレスまで「知らんがな」という話。
 社内の共通原則に則ったネットワークに、ルータつないでローカルなネットワークを切るのは別にいいんだけど、そのルータから出てくるパケットは、ローカルなアドレスを名乗らないでもらいたいんだけどなぁ。NATなりマスカレードなり共通ネットワークアドレスで、アクセスしてくれれば問題少ないのだけど。

 「いぬのえいが―小説・ポチは待っていた(佐藤 信介, 竹内 清人:角川文庫)」購入。先日の東京出張のおり、地下鉄銀座駅のポスターを見て気になっていた映画のノベライズ。またこれが、心がささくれている時にイイのよ(T^T)。しっかし少年と犬の構図って、どうしてこんなにはまるのだろうかね。






2005 年 04 月 06 日

 今日明日と、業務引継ぎと残作業を行いに元の職場で奉公。

 「違和感無いですねぇ~」なんて言われながら(そりゃそうだろ)、転出前にサーバ島に確保しておいたPC等をつかって、しこしこと作業。

 いやはややっぱりいいねぇ…。都会は(T0T)。






2005 年 04 月 05 日

 すごいよ。ついに完成だよ。スコープドック改ブルーティッシュドッグカスタム。ぎっちゃんがっちゃんと動いてほしいのはやまやまだが、こうして等身大で鋼鉄のマシンが立っていることだけでも素晴らしい。

 連休中に展示会があるらしいのだけど、行けそうに無いのが悲しい。是非大阪でも展示してほしいなぁ。






2005 年 04 月 04 日

 通勤時に音楽を聴くようになった歴3日。他の乗客が何を聴いているのかとても気になる。以前は、「読んでいる本」が気になっていたのだけど、今、俺的な流行は「オトモノ」…すなわち「聞くコンテンツ」。
 オトモノのよいところは「自分の周りの空間をそんなに使わず」「両手をふさがず」「目への負担が無い」ところ。それに、オトモノのコンテンツとしては、音楽だけでなく、英会話テープ(…をmp3なんかに落としたもの)や、英文ニュース、ラジオ、その他色々結構あるのだな。今風のメディアではないし、ましてや双方向ではなくて、かなり一方的なストリーミング(機器から耳へのダイレクト・ストリーミング)だが、この身を任せる感が、なんだかとても楽ちんである。

 そこで一発、ご提案なんだけども、昔NHK-FMでやってた「二人の部屋」とか「FM-アドベンチャー」「ふたりの部屋」など、ラジオドラマのDVDを出してほしいなぁ…と。かなり濃い名作がそろっていた記憶があるので、念のためググってみたらステキなサイトを発見。

 放送番組リストを読みながら、懐かしさひとしお。なんかあの時代に感じた深夜時間帯独特の雰囲気、自宅の机まわりの光景、そして匂い(…思い出の中の「匂い」って結構重要なファクターだよね)が、鼻の付け根のほうに蘇る…。

 そういや実家に「グリーン・レクイエム」の録音テープがあったはず。今度帰省したらゲットせねばなぁ。






2005 年 04 月 03 日

アニキのサバ読み:
 今日の大阪ドーム公式戦の模様。昨日の金本の勝利者インタビューコメントを受けて、あちらこちらに「アニキ 27歳おめでとう!」のプレートをかざすファン多数。
 そーゆートコロに乗っかるのは、関西人のファンならでわだなぁ…(^^;;)。

 予報では雨だったのだが、昼までは好天。午後から一瞬ぱらぱらと小雨。夜になってから雨。こんなことならどこかに遊びに行けばよかったのだけど、一日中引きこもり夫婦であった。

 さて、昨日「物欲が無くなった」とか書いてましたが、知らない間にミクロマンのMATERIAL FORCEラインナップに、「女性素体」が出ていたのね。5色の女性素体があって、「全てのカラーで3種類のバストサイズがそれぞれ発売」だとか(^^;;)。S、M、Lサイズがあるそうな…。…うーん…。

 …とりあえず、「黒のL」かな…←何故?←つぅか買う気?(^^;;)





2005 年 04 月 02 日

昨夜の出来事:
 相方から聞くに、おいちゃんどーも酔っ払ってたらしく
(1) 相方「職場で喫煙コーナーが無くなったねん」という話に対し、「そんなん、銀紙丸めて入れておいたらええねん」と、邪魔臭そうにアドバイスしたらしい。
(2) 「そうしたら、煙が出ないのか?」という相方の問に対して「当たり前や。●●さんもそう言うてる」と、周知の事実のように語ったらしい。
(3) さらに「ほんまか」と問い詰められて、逆切れしたらしい。
…ちゅうか、感傷に浸っている酔っ払いに対して、不用意に話を振るなって(^^;;)

 本日は車でちょっとした買い物のみ。買い物に行っても、もはやスーツやシャツやネクタイなんかにちっとも興味が沸かず、さらに困ったことにディジタル系のモノや書籍にまで興味ナッシング状態。なんかこう、物欲アンテナがばっつり折れた感じ。

 ポリアンナじゃないけども、どうにか「よかった探し」をしないことには、腐って行くのが明らかなのだが、こればっかりは暫く放置して、自然に治癒するに任せねばしょうがないのだろうな。

 …たぶん、今月はこんな調子で、読んでる方が陰々滅々とした気分になる事必至の愚痴日記になりそうな予感。

 春なのに申し訳ない(_o_)





2005 年 04 月 01 日

 昨日に引き続き、仕事の説明を受けたりミーティングに出たり…。ぶっちゃけ訳わからん状態。興味も沸かないわ、まだぼーっとしているわ、何だかもーねぇ…どうでも…って感じ。

 新年度一発目から書く事では無いけれど、新職場の全てについて、知れば知るほど見れば見るほど会えば会うほど不信感や不安感が増大してくるのは何でだろう。
 もともと俺自身が、かなりマイナス思考だ…という事もあるのだけれど、「え~」と思う事に出会うたびに、マイナス加点(正しくは「減点」だな)してしまうわけで…。>新職場

 定時後はあわてて梅田に移動。前職場のプロジェクト打ち上げに参加である。挨拶回りで会えなかった方々に挨拶(グラスにビールを注ぐ事)したり、励ましてもらった(グラスにビールを注がれる事)り、数時間ずっとあっちこっちで呑みっぱなししゃべりっぱなし。

 やっぱり最後の挨拶時にはぐでぐで一歩手前(^^;;)。さらに、あまりにも馴染み深い連中に囲まれていたのと、ここ数日の色んな先行き不透明(というか、もう既に真っ暗闇確定)の状況とあいまって、不用意にメートルが上がりそうになってしまいましたよ。

 今度は二次会まで参加して、ちゃっかり終電に乗り遅れ、タクシーで帰還なり。

 今週、呑みすぎ(TT)。







 | HOME | 

Calendar

« | 2005-04 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。