かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 年 10 月 31 日

 出張~。今月は2週間に一度ペースかも。

 寝ぼけマナコで髭を剃っていたら、相方ゲホゲホ咳き込みながら「休む~」と寄って来た。ほら言わんこっちゃ無い。

 余裕を持って家を出たので、特急の乗車駅でかなり待つことになった。ぼおっと待つのも何ナノで、時計を気にしながら、書店に立ち寄ることに。

 店内には来年の手帳が山積み。だいたい9月ごろから新年度の手帳が店頭に並び始め、ここ最近がピーク(と書いて「カキイレドキ」と読む)の様子。あんなにいっぱい並べていても、そんなに売れないんじゃぁないかなぁ…。
 現在おいらはスケジュール帳として、「バーチカルタイプの手帳」を愛用中。まぁ満足ではあるけれど、継続して来年も同じ手帳を使うかどうかは未定である。なにしろ、スケジュール帳のフォーマットって、やってる業務によって「使いやすい/使い難い」が決まってくるもの。来年になったらどんな仕事してるかわからんもんねぇ~(←春の異動で懲りたらし(^^;;))

 ちょっと気になった「選ぶ・使う・極める! みんなの手帳(手帳愛好家委員会 編:大和書房)」を、この先の手帳戦略のために購入。手帳関係の本って、なんだか宗教臭かったり説教っぽかったりで、敬遠していたのだけど、この本(…なんだろ…ムック…?)は、全編「スケジュール帳好き好き~」なノリで、いろいろな使い方を紹介していて、肩が凝らずよい感じ。でもまぁこれで\1,050てのはどうか…なんだけども。

 買った本を読んでいる間に現地到着。また風のように打合せを終えて帰宅なり。

 折角バーチカル手帳使っているのだけど、こーゆー日帰り出張の時って、「電車の連絡メモ」に成り下がってしまうのがアレだなぁ…。





スポンサーサイト

2005 年 10 月 30 日

 日差しおだやか天候回復なれどちと寒い。

 起きたら、病み上がりの相方、自分の汗ぐっしょりの布団を干し、溜まりに溜まった洗濯物をハイスピードで片づけ中なり。
 またこれで熱が上がるというオチだと、まさに4月の再現やなぁ…と思っていたら、今回は喉に来たらしく、げほげほとヘンな咳モード。

 なんかおいらもまただるくって、今日は一日閉じこもりッ子でありましたよ。寒いし。

 深夜、爆笑できない爆笑問題と眞鍋かおりの番組で、岡田斗司夫がゲストに登場。なんだか妙に小奇麗になっちゃってるのが不思議。もっと声がでかくて脂っぽいイメージだったんだけど、なんだか声のでかさもテカリ具合も普通になっちゃってたよ。

 そういえば、先週「トンデモ創世記(唐沢俊一・志水一夫:扶桑社文庫)」読了したっけ。オタク集団というかファンジンというか、それらの「ハシリ」の頃の話を対話形式でまとめたもの。しゃらら~っと読み流して、古書関係以外のところはだいたい話についていけた自分がちょっとヤだった(^^;;)





2005 年 10 月 29 日


 予定では相方外出、おいらは休日出勤にて資料作成予定だったのだが、本日になっても熱が下がらぬ相方は予定キャンセル。なんだかおいらまで体がだるくなってしまい、4月後半の悪夢が蘇ってみたり(TT)
 昼前に一度起床したものの、どうにもしんどくて、「わしもう眠る」宣言とともに、ベッドにGo。そのまま夕方までぐっすり眠ったら、かなり復活した。

 いくら夢の中で働いても、持ち帰ったPowerPoint資料は完成しておらず、Excelの数値データがグラフ化されていることもなく、やっぱりやらなあかんもんはやらなあかんですな…とほほ…。

 22:00ぐらいから重い腰を上げて書類作成開始、なんとか3:00に(いまいち納得いかない出来だけども)終了。

 さぁ…風呂に入って寝ようか…と片付けてたら、相方「腹減ったー」と起き出して来た。どうやら熱が引いて復活したらしく、何故かこんな時間から、玉子ご飯やらおかゆやらを食いだすわしら。病み上がりの胃に悪いんではなかろうかと思っていたら、「…もう食えん…(TT)」と、おかゆをきっちり半分残し、おいらが呑んでるチューハイに、いたく興味をしめされるわけで…(^^;;)。

 とりあえず薬飲んで寝なさいって。





2005 年 10 月 28 日

 眠い上にイタイ頭で早めに出社し、某プロジェクトレビュー開催。2組織の部課長クラスを前に、昼まで「プレゼン」という名の消耗戦。組織間のなんちゃらとか、エライ人が持っていこうとしているストーリーだとかいろいろなモノが垣間見えて、通常のレビューの倍以上、性器いや生気吸い取られまくり。間違ってもあのメンバーに性器は吸われたくないぞ。念のためだが(TT)。

 午後からも場所を変えて2件の打ち合わせ。終了したらもう定時をまわっていたが、月曜日までにまとめなきゃいけない資料があったりで、目をしょぼしょぼさせながら残業したものの、頭がまったく働かないため持ち帰り決定。

 たまたま乗り換え駅で相方と遭遇。熱っぽいらしく、「寒い寒い」を連発。ついには、次の乗換駅で「タ…タクシーで帰ろう(TT)」と言い出す始末。
 帰宅後、ガタガタ震え始め、熱を計ったら39.6度…そら震えも来るわ…(TT)

 取り急ぎ葛根湯を飲ませてアイスノンで頭部周辺をかため、布団にほうりこんどいたが、うーむ…月曜日のアレがここに来て発病したんか…

 年寄りの筋肉痛かぃ…。>時間差(TT)





2005 年 10 月 27 日

わからんでもないが、それ言っちゃ…:
 「フルブラウザには需要がない」-Scope開発者が激白(CNET Japan)
なんかこうね、辛くなっちゃったョ(TT)

 一日資料作成。深夜帰宅。…あうー。





2005 年 10 月 26 日

サンテレビ:
 「…何か、誰かの追悼番組みたいやな…(^^;)」
なーんか、強かった時期がとーっても昔のよう。というわけで、ロッテ優勝でした。

 今日はちょっと遅めの出勤。

 油断していたら、作らなければいけない資料が溜まりに溜まってしまい、納期も近く、プチパニック状態。休日出勤だけは避けたいのだけどなぁ…。
 とにかく、ちょっとでも片付けようともがいてみたが、一つしか片付かず、さらにとても遅い時間になってしまった。

 春先のバーゲン時に買っておいた、秋冬物のジャケットに、初めて袖を通した。綿のジャケットなんだけど、これがなかなかしっかりしていて、いい感じ。
 帰りの電車で、読んでいた文庫本をジャケットのポケットに仕舞おうとしたら、ポケットの穴がやけに小さい。
 あれれ?と思ってよくよく見ると、しつけ糸ついたまんま(^^;;)。吊るしのスーツばっかり買ってると、こーゆートコロでハマルのよねぇ…。





2005 年 10 月 25 日

帰りの特急車内にて:
 「…ココリコ遠藤のコントやがな…(^^;)」
すさまじい負け試合の後、やおら六甲おろしを歌い始めるんだけど、途中でなんだか寂しげに、どんどん声が小さくなってゆくファン達を見てのヒトコト(^^;;)。

 行ってまいりましたよ。甲子園に。

 事の起こりはCEOからの一本の電話。「チケット余ってるんスけど、都合どうですか?」…

 本日納期の書類仕事を抱え、一刻も惜しい日中時間を、急な座談会的ミーティングで無駄に潰されたため、完全に首がまわらん筈であったのだが…すごいねおいら。神がかり的に書類をやっつけ、後も見ずに定時ダッシュ退社。

 チケットは2枚あるとの事で、残業確定で吹き出物だらけの額に脂汗を浮かべながらヒーヒー言っている阪神評論家に連絡をとったところ、コイツもまた、「働きマン」モードにチェィンジ→定時マッハ退出で、電車の中で合流することに成功。

 甲子園に到着したらばもう試合は始まっており、CEOがゲートまでチケット持って出迎えてくれた。確か静岡だか神奈川だか方面のヒトだと思うのだけれど、何故か黄色いはっぴ姿…あれ?あーた虎だっけ?>CEO。

 譲ってもらったシートはかーなりいい席で、周囲にすぐさま同化して、ビール片手にミニバットを叩き、歌いまくるわしら。(^^;;)

 でもまぁ結局、すさまじい負けっぷりで、3戦合計30対2…ってなぁ…オイ。





2005 年 10 月 24 日

 天気よし。青空をバックに絹のような雲が流れる好天。少し寒い。

 なんだかもーちょっと面倒な資料が面倒な状態に陥ってしまい、頼るべき上のお方は風邪引いてお休みという状態の中で、なんとか成果物だけはモノにしようと、足をばたばたさせてみるものの、いかんとも…。

 相方は仕事の打ち上げにつき、酔っ払ってご帰宅。調子よくしゃべってるので、ちょっとムカついて、すっぽんぽんにひん剥いてリビングに放置し、電気を消して自室に退去。
 しばらくして、やけに静かなので様子を見に行くと、そのまま爆沈されておられるので、布団を引いて放り込んどいた(^^;;)。危うく凍死→莫大な遺産相続…という、まことにオイシイ展開一歩手前であった。

 むー…やっぱ放置しとくべきだったか…。





2005 年 10 月 23 日

 結局一日中自宅待機。あっという間に一日が終了なり。

 一昨日、「シャーロック・ホームズの推理博物館(小林司・東山あかね:河出文庫)」読了。ホームズという作品の深堀りに加え、作品を中心とした当時の歴史や周辺環境等、縦横に広がりのあるホームズガイドである。日本におけるホームズ研究の先駆者たるお二人の本なので、凡百の「~の秘密」本とは、一線も二線も画している。

 おいらは幼少の頃からホームズ大好きで、中学生のころだったか、たまたま書店(古本屋かもしれない)で、「シャーロック・ホームズ ガス灯に浮かぶその生涯(当時はでかい本だったけど、現在は河出書房新社にて文庫化)」にめぐりあい、「おぉぉ…こんな楽しみ方もあるんだなぁ…。深いなぁ…」と、深く感銘を受けた。この本の翻訳をされたのが、先のお二人。

 今でこそ、架空の物語を現実と仮定して、なんだかんだと研究する「ヲタな知的遊戯(…他に良い言い方が思いつかない…(^^;;))」が、巷に溢れているが、その元祖とも言える「ホームズの研究」に、秋の夜長、嵌ってみるのもよいのではないだろうか。

 …ブックレビューみたいになってしもた(^^;;)





2005 年 10 月 22 日

日本シリーズ第一戦:
 「ゆーたら、『7回コールド負け』や。」
だな。事実上。

 寒々とした空模様…つーか、事実上寒く、天候悪い。

 相方は衣替え、おいらは自室の片付.。先日実家に帰ったときに引き取ってきた漫画本などのうち、(たぶんもう)読まない(であろう)数冊を整理。これ以上積んだまま放置しておくと、あまりよくないナニかが発生しそうで…。

 晩飯食材買い物のついでに、まとめた本を古本屋に叩き売ってきた。

 古本屋に売るよりヤフオクで売ったほうが、高く売れるのだけど、最近ヤフオクに「出して、チェックして、発送して…」がとても面倒で、二束三文なのを解っていながら、古本屋に売ってしまうわし。

 けど、叩き売って得た小銭で、また本を買ってしまうというのが、なんだかなぁ((c)阿藤快)。





2005 年 10 月 21 日

 通院日なので、早めの撤収。本日も相方遅いということなので、病院から帰った後車に乗って、安いスーパーまでコメ10kgとビール1ケース入手の旅。 最近車にキャリーを搭載しているので、駐車場からの戦利品移動も楽々である。
 夜中に一人、がらごろとキャリーでビール箱とコメを運んでいると、闇市からの帰りのようである(←闇市知らんけど(^^;;))

 先日購入した「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」を視聴。CGはものすごいのだが、今までのFFを知っていないと、楽しみ1/10以下ってところ。
 そもそも、FFファン向けに作られたものだろうけれど、もう少し脚本に工夫があれば、もっと面白くなっていただろうに…。





2005 年 10 月 20 日

 若いフリをしてノー上着で頑張っていたのだけれど、ここに来てもう限界。今日は半年振りの上下スーツでの出勤。青空にいくつかの千切れ雲が流れ、平和この上ない好天である。

 まぁ例によって例の如く、晴れていようが雨ふっていようが、書類作成は進まず、データは集まらず、不具合改善のよいアイディアは浮かばず…で、気が付けば、もうかなり遅い時刻。帰宅したら、23:00をとっくに回っていましたよ。とほほ…(TT)

 そうそう。シャープ「W-ZERO3」発表。いやはややってくれますなぁ…。キーボードがちゃっちーくてアレなんだけど、この際贅沢は言うまい。久々に物欲が沸きましたよ。
 この機能、このサイズで5万を切る価格…買わねばどうするって感じ。液晶の出来が気になるところだけど、思いっきり戸外使用想定なので、そんなに惨くはない筈。
 ちょい昔のザウルスと同じぐらいの大きさかな…スーツポケットには入りそう。カメラは要らないので、青葉が使えればなぁ…。
 どうせなら、もうちょい幅広げてSigmarionIIIぐらいのキーボード…

 …やっぱ言わせて…

 「ちゃんとしたキーボード付きの軽量モバイルぷり~~~ずっ!(T0T)」





2005 年 10 月 19 日

 出張…「あらまぁ『でっぱり』と読めるな…コレ」と、妙に新鮮な喜びを味わいつつ、遠い遠い地方都市へ出張。
 特急に乗るなり、先日楽曲を総入れ替えして、オムニバス系…それも静かな奴…を充実させた、愛機Muvo2を装着。一曲目開始2分後には爆沈。

 尻の割れ目が開ききるほど深眠りの我輩を乗せて、電車は目的地に到着。先乗り部隊と合流し、打合せを賑やかに行い、あっというまに帰りの電車。

 …いやだから、2時間の会議のために、片道2時間半かけて、毎週のように行く必要があるのかって話ですよ(TT)

 最近ボケが進行してきたらしく、得意だったマルチタスクのタスク数が減少し、頭の切り替えが遅い上、記憶力もすさまじく減退している。
 例えば、TVをチラ見しながら、PCで2chチェック中、相方から話しかけられても、完全に生返事である。
 さらに、TVつけっぱなしで、Blogにコメントを書き込んでいる最中に、「なぁ。ゴルゴ松本のコンビ名は?」と聞かれたが最後、30分は思い出せない。
 TVなり、Blogなりに意識がとられちゃってる…すなわち、入ってくる情報を、自由に遮断できなくなっているみたい。「西野と梶原のコンビ名は?」も、咄嗟に出なかったしなぁ…。ふぅぅぅぅ…。

 …まぁ別に、憶えておかなくてもイイことなんだけどね(^^;;)





2005 年 10 月 18 日

 夜が更けてきたら小寒いなぁ…。八丈島は台風接近につき暴風圏。昨年あたりから、地震と台風がセットになっているご様子。

 「本日午後早めに回覧予定」の資料を可及的速やかに作成せねばならぬ局面において、フレーム状態となって飛んでくるMailの処理に忙殺されるというのは、何か前世で悪いことしましたか?>僕ちゃん(TT)

 そもそも、「会議の日程調整」「データのまとめ」「書類の作成」「作業指示」「相談」「見積依頼」「来客応対」その他もろもろを同時並行的にこなす器量なんて、おいらにゃなーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ!(T0T)

 勤務先の最寄り駅にある、夜遅くまで開いている本屋で、電車待ちの時間をつぶすのが、最近の唯一の癒しでやんすよ…とほほ…。





2005 年 10 月 17 日

 なんだかんだとうだうだやっているうちに、帰宅時間がとてつもなく遅くなっちまいましたよ…。

 もーこんな時はアレだ、塩サバと納豆と味噌汁な晩御飯が、しみじみと体に優しいわけで…。

 内Pが無い月曜日は、やっぱ、何かが足りないなぁ…





2005 年 10 月 16 日

 昨日とは変わって、うららかおだやかな良い気候。

 夕方、関東で結構大きな地震があったらしい。最大で震度4程度なので「おおっ」とびっくりする程度だろうけど、また、立て続けに来そうな嫌な感じ。
 大きな台風も接近中だとか。うーん…。来週1週間休めんもんかのぉ(←カメハメハの血縁かぃ)

 昼飯に、豚骨ラーメンを食べたら、途端に胸焼け炸裂。以前もちょろっと書いたかもしれないけれど、ここ2年ぐらいで、食に関する体質(耐質?)が変わったらしい。あまり、刺激の強いものや、脂っこいものを、体が受け付けなくなってしまった。しみじみと、年齢を感じる(TT)

 掃除をしたり、なんだりかんだり。気が付けば、パ・リーグのプレーオフを最後まで視聴。結局本日も外出せず。
 土日のほうが、圧倒的に運動不足だなぁ…。





2005 年 10 月 15 日

 折角の休みなのに天候不良。折角洗濯しても、家の中で干すと、洗濯物にも部屋にもよろしくないが、こればっかりは仕方が無い。でもって、こーゆー時に限って、洗濯物が山盛りなんだなぁ…。

 相方も調子が悪いらしく、今日は一日家で過ごすことに。

 こんな日は、撮り溜めたTV番組を消費するに限る。そういえば、深夜のナニやらを録画したなぁ…と探ってみたら、劇場版の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」が出てきた。確か2週間ほどまえに録画したもの。
 いやぁ…よくぞ録画していたぞ俺!。久々に、目を皿のようにして画面釘付け。実写でやれば、そんなにたいしたことの無いB級ホラー映画に成り下がってしまいそうだけど、動画でやるからこそ…凄いんだろうなぁ。
 余計なのがラスト。押井守っぽいヘンな隠喩というか、「込められたメッセージ」的な、「台無し」部分があって、そこはそれで興ざめ。
 TVで「BLOOD+」が週一アニメで放送されるらしく、CMの度に番宣が流れていたのだけど、あまりに質感の差がありすぎて、なんだかなぁ…。





2005 年 10 月 14 日

 午後遅くから、プロジェクトの内容やスケジュールに関するやたら長いミーティングを終えたら、がっくりと力尽きてしまった。(TT)
 今週は、1日短いのだけど、妙に疲れが抜けないままここまで来ている。

 そうそう、出ましたね~新型iPod。出るぞ出るぞと噂されていた、動画再生機能つきiPodが、なんとあのお値段ッ!。これで一人勝ち加速ではなかろうか。どうするSONY(←って、期待してないけど)。
 実際のところ、この新iPod、歴代のシリーズ中、最も食指が動いている代物。音を聞く分には、今愛用しているMuvo2で、何ら問題無いのだけれど、小さい画面で酔いそうになりつつ動画…(←諦め切れていない)。

 いやしかし、音楽と違って、映像を楽しむなら、あの小さい液晶ではとても見づらいだろうし、電池の持ちも気になるところ。もう暫く待ったほうがいいのかなぁ…。





2005 年 10 月 13 日

珍獣を見るような視線で観察:
 真昼間、移動に使った少し空いてる各駅停車の電車。座席でコンビニスパゲティを一心不乱に食らう若い女が約1名。(TT)
 新幹線、特急ならまだわかるさ。弁当系食うってのも。でもさぁ…普通の横座りの席で、コンビニスパゲティですよ。
 そういや、かなり前、同じ電車で二人連れの高校生っぽい女が、加熱済みのコンビニ弁当を並んで食ってるのを見て、仰天したっけ。
 「何が悪い?個人の自由やん」と問われると、困ってしまう自分に困ってしまうが、その、「困ってしまうこと」自体が、自分ではとても問題だと思っているんですよね。「ね」じゃないか…。
 ひょっとしたら、俺の感覚って、今の世間からすんごいズレテイルのかもしれない…と、改めて思う今日この頃でありましたよ。

 「グイン・サーガ104 湖畔のマリニア(栗本薫:早川文庫)」読了。いや酷いねぇ…。文章。読み出したのは昨日のキング読了直後なんだけど、あまりの文章の酷さに、書いている内容全ッ然頭に入ってこず、始めのほうのページをまとめて2~3回読み直してしまった。こんなこと、最近では、技術系の論文を除けばなかったこと。
 懐かしいキャラクターが登場したり、それなりには楽しめたのだけども、楽しむ以上に、文章が苦痛。最近、文章のクオリティの低下を感じてはいたけれど、なんだかもう、痛々しいというか、推敲してないでしょアンタ(←ほんとにしてないらしい)…本当に作家さんですか?と、正面切って問いかけたいでスよ。





2005 年 10 月 12 日

不達通知が二つ来た:
 …なるほど。ちなみに一緒に仕事をしている方の作。(^^;;)

 数字や契約や計画やらなんやらかんやらで、気が付けば夕方。…ったく、大体の話、自分の財布にいくら金が入っているのかわかってない男に、そんな管理なんぞ出来るはずないでしょうって(TT)。

 定時後いきなりのテクニカルミーティング。どちて坊や状態で、かなり突っ込んだやりとりの後、議題の「某システム改善内容」をなんとか理解。…いや、もとい。「改善されるかどうかはわからんけど、とにかくやってみる変更内容」を…だ。あかんがな。

 「回想のビュイック8(下) (スティーヴン・キング:新潮文庫)読了。上巻に比べ、物語が加速をつけて進むため、読むスピードも大分早かった。
 …が、しかし無駄な文章が多すぎるような感覚は拭えず、また、ラスト近くの「余分なサプライズ」が、キングの長編らしからぬ「くどさ」を感じた。
 実際、この物語をこの分厚さの上下巻でやる必要はないんじゃないか…と思う。初期のキングなら、もっとシェイプしている筈。
 舞台良し、素材良し、謎のビュイック良し、キャラクター(若干数名は書き分け出来ていないような気もするが)まぁ良し。でもでも…イマイチこう「ふぅ~…キング読んだぁ!」という満足感が希薄なんだなぁ…。





2005 年 10 月 11 日

死語:
 「ほんまに口の減らんやっちゃなぁ…。お前は村上か!」
 ああいえば上祐ちゅうてなーうっしゃっしゃっしゃ」
 …今の中学生は多分知らんぞ。(TT)

 小雨振る中、某日本海側の都市に出張。それも何故か電車。会議時間よりも往復移動時間の方が長く、かつ一日の大半を占めるというのはいかがなもんでしょうか。

 でもって、出張帰りは、通勤乗換駅で解散となるため、普段よりも帰宅時刻が早い。今日は帰りに余裕を持ってヨドバシに立ち寄り、懸案のHUBを購入。1000BASE用にしようかどうしようか悩んだが、所詮外部接続はDSL、内部もGIGAのI/Fを持っているマシンは無い。よって安価な10/100SW-HUB購入。

 ついでにCD売り場に行き、山崎まさよし「BLUE PERIOD ~A side集」を探してみたけど、案の定、影も形もありゃしない。実はこのCD、近所のレコードショップで軒並み完売。むちゃくちゃ売れているっぽい。

 代わりと言ったら何だけど、先日から気になっていた、「大阪ソウルバラード2005」を購入。収録曲のほとんどが、浪花スタンダード…一般受けする歌であり、聞き流すにはもってこいの構成かも。前作(前々作だっけ?)から、しつこくトミーズ雅が入っているけれど、巨人師匠の「あんじょうやりや」を代わりに入れてやってほしいなぁ…。





2005 年 10 月 10 日

訪問者:
 ベランダで洗濯物を干していた相方、慌てた様子で走ってきた。
 「なんか、緑色ででかいのがおるねん(T0T)」
なにっ?グリーンイグアナかそれともカメレオンかと、喜び勇んでベランダに駆けつけたところ、ブロック塀のうえでゆらゆらと揺れていたのは、10cmほどのチョウセンカマキリ(TT)。…そんなでかないし。子供やし。
 ひょいとつかまえて、しばらく遊んでから、階下の植え込みにリリースなり。

 三連休最終日、天気はあまりよろしくなかったのだが、昼前に家を出て、駅前でサンドイッチなどを購入、近くの公園で外飯することに。

 少々はげちょろけた芝生に敷物を敷いて、のんびり飯を食ってる最中に、ぽつりぽつりと雨が降り出した、うーんどおりで頭痛が激しいはず…と頭をかかえながら、そそくさと撤収。
 悔しかったので、帰りに有名どころのケーキショップでケーキを購入し、自宅にてお茶会開催。ちょっぴり優雅な午後を過ごしてみたり。

 網戸にしていると、どこからともなく途切れ途切れに虫の音が聞こえてくる。カマキリといい、虫の音といい、秋深まってますなぁ…。





2005 年 10 月 09 日

 酒の力で深く深ぁく眠った所為か、いつもよりほんのちょっと早起き…でもないか(^^;;)。とにかく、妙に体中の筋肉がリラックスした感じで、少し肉体的な疲労がマシになった感じ。
 とはいえ、若干酒が残っている感じ。腹具合もよろしくないし…。

 なんかねぇ…最近酒呑んだらやたら屁が出るんスよ。どーも締りが悪くなったみたいで、昔、親父がどこでもかしこでも放屁するのを「何で屁ばっかりこくんだろーか」と子供心に疑問だったんだけど、何のこたぁない。老化だったんだねぇ…。

 ちゅーわけで、二日酔いにかこつけて、結局一日家でうだうだと過ごす。やってることは、いつもの週末と変わりなし(^^;;)。





2005 年 10 月 08 日

 三連休にATM停止ちゅうのは、もうそれだけで合併反対と言いたいわけですよ。>UFJと東京三菱。ぷんすか。

 夕方から、友人夫婦宅へ。「酒が沢山あるんで消費しに来てちょうだい」というアナウンスにつき、酒のアテ持参でGo。

 奥さんの手料理を食らいつつ、美味しい日本酒を呑みまくってしまい、帰るころには夫婦そろってべろべろ状態。しっかり傘を忘れて帰ってしまった(^^;;)

 いかんなぁ…後半べろんべろんでほっとんど憶えてないや…(T-T)。





2005 年 10 月 07 日

 午前中からとんぼ返り移動。(とてもいらつく)プチミーティングなどを経て、作りモノは作り、任せるものは任せて帰宅。

 丁度よい時間だったらしく、乗り継ぎ駅で相方と合流。飯食って帰ろうヨ…と言ったらば「玉子をそろそろ使い切らねばならぬ」とのコトで、自宅飯に。

 そういえば、ここ数年、二人で外食するコトが少なくなったなぁ…。





2005 年 10 月 06 日

 「日刊たたき」も3日で終了…まぁそんなもんです(TT)

 本日は契約書のからみであっちこっちのオフィスをうろうろ。腰をすえて作らなきゃならない資料など、山盛りあるんだけど、どーも落ち着かず、生産性低下しまくりである。

 そんな中、心が安らぐヒトトキは昼飯。といっても、おいら昼飯に関しては、結構どうでもよかったりする人種で、ほかほか弁当が2週間続こうが、ラーメンが3食続こうが、あんまり問題ない。そんないい加減な私が、最近はまっているのが、駅ホーム周辺の立ち食いうどん。

 昔は、粉っぽい麺にショッぱいダシ、蕎麦と一緒に湯がいているため、体の粘膜が痒くなる(←蕎麦アレルギー)という、かなり危険な食い物だったのだけど、最近の立ち食いうどんはいいねぇ…。冷凍の麺を使っているからか、コシがあり、ダシもなかなか。湯がきも蕎麦と分けてあり、かなり美味しい安全な食い物に認定。まぁ、場所によるけれども…。

 最近は外出時の昼飯は、ほとんど立ち食いうどん。なかでも「ぶっかけ(冷)」がNo.1のお気に入り。Freeの天かす、葱に加え、玉子、肉、とろろ等を気分に応じて麺の入ったドンブリにトッピングし、ゴマと七味をふりかける。若干の山葵をダシに溶かして準備完了。

 まずは玉子を割り、白身を半分ほどに減らして麺の上に落とす。箸で割った黄身に麺をからめて、ざる蕎麦のように、ダシに浸けて二口三口、つるつるといただく。薬味や天カスが少しへばりついていたほうが、食感に変化があり、美味い。
 次に、黄身があまり減らないうちに、ダシをドンブリにあけ、ざっくざっくと掻き混ぜて、わしわしといただく。箸休め(?)におにぎりまたはコロッケなどをいただきつつ、これぞ至福の時なり。

 …あぁ~夜中にこんなコト書いてたら、無性に腹が減ってきたでやんすヨ(TT)。うどん食いてぇ~~~。





2005 年 10 月 05 日

痛烈:
 「あの人何かムカつく。だってキショイんやもん!」
 …某電鉄株を買収し、某球団の株式会社化提案をした、某ファンド代表についての一般市民のコメント。金をなんぼ持っていようが、言っている事が正しかろうが、自分とは全く関係無い世界であろうが、要は「何か…」という感性で判断しているという事がポイント。でもって、そう感じる人がかなり多いであろうという事がポイント。

 関西には「いきってる」という言葉がある。
 ぐいぐい全面に出てくるカッコつけた奴あるいはスカした連中を指して「いきってる」と言うのだけれど、これは決して褒め言葉でも何でもない。たいてい「いきってる」は、「何いきっとんぢゃゴラァ。ワレェムカつくんぢゃ!!」と、罵声とともに使用される。

 特に「ムカつかれる」のは、「アタマよさそうな事を言う」「金持ち」の「キショイ奴」が、「大声で主張する」ってケース。もう論理も権利もへったくれもなく、ただ「ムカつく」というだけで、チョークや椅子が飛び、上履きは隠され、カバンの中には牛乳が流し込まれるわけである。

 「ゼニ儲け」という行為自体については、寛容な関西地方。しかし、「何かムカつく」の法則を発動させないように、充分研究し、細心の注意をはらうべきだったと、後悔する日が早いうちに訪れそうな気がしてならない。

 …などと、どっかの社説風にまとめてみたり(--;;)。
※文中の登場人物は、実在の人物にインスパイヤされたオリジナルのキャラクターで、全くのフィクションです。





2005 年 10 月 04 日

 風呂上り、コーヒーを飲みながら、佐野元春サイトで懐かしい曲を試聴。あぁ…かなり幸せ。

 職場の缶ジュース自販機、コインを入れてボタンを押すと、ジュースがゴンガラギャッゴン!!と落ちてくるんだけど、このゴンガラギャッゴン!!がYESの「ロンリー・ハート」におけるイントロ&間奏のゴンガラギャッゴン!!に聞こえてしょうがない。
 ひょっとしたらYESってば、自販機のゴンガラギャッゴン!!をインスパイヤしたのかもしれんなぁ。

 明日予定していた出張が、明後日に延び、来週に延び…で、一見余裕が出来たように見えつつ、実はその仕事が片付かないと次にとりかかれず、2ヵ月後にはアップアップしている図。

 くったくた状態な電車で、「回想のビュイック8 上 (スティーヴン・キング:新潮文庫)」読了。
 今のところではサイコ系でもスリラー系でもなく、どっちかといえば「アトランティスのこころ」に近いかなぁ…系。例によって油断していると「ヤラレて」しまうので、今回は気をつけて挑み中。(^^;;)
 しかし、なんだか最近のキング作品って、文章に無駄が多いような気がするんだよなぁ…。旧作のような鉈で叩き切るような切れ味が失せて、もたついているような感じを受ける。

 読み手がおっさんになったからかなぁ。





2005 年 10 月 03 日

どうせ…:
 「はじめのほうで、司会が説明してたのに、げひゃげひゃしゃべってて人の話を聞いてなかったんやろ。あのオヤジら。(--#)」
 うん。俺もそう思うな。>史上最強にぐだぐだなドラフト会議。

 元木も引退する爽やかな秋の一日…という書き出しにしたかったんだけど、どーも蒸し暑く睡眠不足で頭が痛い。爽やかとは言い難い。
 朝からミーティング+ミーティング+ミーティング+打ち合わせのスーパーコンボで、あっちゅうまに夕方。もうそのころには呂律まわらん状態。帰りの電車では、一瞬呼吸が困難になるくらい、深く眠ってしまいましたよ。

 噂によると、仮面ライダーが映画になるとか。カッコイイ今風のお兄ちゃんたちが、これまたカッコイイライダースーツに身を固めて、颯爽とスクリーンに登場。子供目当てというよりも、お母さんがターゲットじゃなかろうか。
 キャラクターデザインは出渕裕。ぶっちゃん風のなかなかイカしたライダーである。
 「ぶいっ すりゃぁぁあぁぁ!」な宮内洋が、なんと「おやっさん」だって。時代よのぉ…と、しみじみ。

 「…デビルマンみたいにならなきゃいいな…」(下柳フレーバーで)





2005 年 10 月 02 日


 遠出をしたかったのだが、相方オーダー済みの服を取りに、某大規模店舗へ。ここも阪神優勝便乗セール中だったのだけど、これといって心惹かれるモノもなし。どこか、本屋で便乗セールしてくれんものか。






 | HOME |  »

Calendar

« | 2005-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。