かつをぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 年 10 月 23 日

 結局一日中自宅待機。あっという間に一日が終了なり。

 一昨日、「シャーロック・ホームズの推理博物館(小林司・東山あかね:河出文庫)」読了。ホームズという作品の深堀りに加え、作品を中心とした当時の歴史や周辺環境等、縦横に広がりのあるホームズガイドである。日本におけるホームズ研究の先駆者たるお二人の本なので、凡百の「~の秘密」本とは、一線も二線も画している。

 おいらは幼少の頃からホームズ大好きで、中学生のころだったか、たまたま書店(古本屋かもしれない)で、「シャーロック・ホームズ ガス灯に浮かぶその生涯(当時はでかい本だったけど、現在は河出書房新社にて文庫化)」にめぐりあい、「おぉぉ…こんな楽しみ方もあるんだなぁ…。深いなぁ…」と、深く感銘を受けた。この本の翻訳をされたのが、先のお二人。

 今でこそ、架空の物語を現実と仮定して、なんだかんだと研究する「ヲタな知的遊戯(…他に良い言い方が思いつかない…(^^;;))」が、巷に溢れているが、その元祖とも言える「ホームズの研究」に、秋の夜長、嵌ってみるのもよいのではないだろうか。

 …ブックレビューみたいになってしもた(^^;;)





 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

かつを@大阪

かつを@大阪

こちらに放浪してきました

FC2Ad

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。